バイナリーオプション専門用語集!【アイウエオABC順に紹介!】

 

どうもインベスターS.Tです。

 

このページは、バイナリーオプションで使われる専門用語をまとめたページになります。

 

わからない単語、難しい専門用語が出てきた際には、ここから検索して調べてみてください。

 

ア行

 

用語意味詳しい詳細
アノマリーアノマリーとは、法則や一般理論で説明が出来ないような出来事のこと。
アルーンオシレーターアルーンオシレータは、トレンドの発生や強弱、転換点などを確認できるインジケーターとなっています。
見方は1本のラインから構成されており+100から-100の間で振動、0ラインより上にあれば上昇トレンドでさらに数値が高くなれば強い上昇トレンド、下にあれば下降トレンドでさらに数値が低くなれば強い下降トレンドと判断できます。
アービトラージアービトラージを日本語に訳すと、「裁定取引」と呼ぶ。2つの市場、または商品の間に発生した価格差を利用して、「ローエントリー」と「ハイエントリー」を同時に行うというもの。
アキュムレーション/ディストリビューション(A/D)アキュムレーション/ディストリビューションとは、投資家が買い続けるエネルギーと売り続けるエネルギーを、表してくれるインジケーターなのです。
頭打ち頭打ちとは、上昇を続けてきた価格がの上昇が段々と鈍くなっていき、上昇しなくなる状態のことを呼んでいます。
一目均衡表一目均衡表というのは、5本の指標を使うことで、相場の値動きを予測するためのテクニカル手法であります。
移動平均線移動平均線とは、為替レートの終値の平均を算出したものを点にして、それを線で繋げたものです。例えば、直近5日の終値の平均値を算出したものは5日平均線と呼び、直近25日の平均値を算出したものは25日平均線といいます。
インジケーターバイナリーオプションやFXトレードで利用されるトレードツール「メタトレーダー(MT4/MT5)」で使用される機能で、チャート上にテクニカル分析指標などを表示させて、トレードタイミングを把握するのに用いられます。
ヴァンクールヴァンクールとは、平成30年7月2日より、発売業者「VAINQUEUR」が販売したツール。朝の8時~翌日6時まで自動でエントリーを行い、パソコンの前にいる必要がなくなるツール。
ウィナーズ投資法
ウィリアムズ%Rウィリアムズ%Rは、買われ過ぎや売られ過ぎを判断できるオシレーター系のインジケーターで、50年以上前の1966年に考案されたにもかかわらず、現在でも利用されている指標となっています。
上放れ
上値抵抗線
8option8optionは、バイナリーオプションの海外業者の1つであり、英国に本社を置き、世界各地に事業所を展開する個人所有のグローバル企業である。入金の仲介役として、「合同会社レイズレック」という会社が関わっている。
エリオット波動エリオット波動とは、「ラルフ・ネルソン・エリオット氏」が価格変動には一定の秩序が存在すると話された「テクニカル理論」になります。
相場には5つの上昇波と3つの下降波という、合計8つの波を1つの周期として形成しているという理論です。
エンベロープエンベロープは、移動平均線を平行に幾つも並べたラインのことです。
エントリー
エクスパンションエクスパンションには、拡大するや拡張するという意味があり、ボリンジャーバンドが拡大した状態を言います。
オージー
オシレーター系指標
オプションビット2014年にTOKYOMXで放送されていた「武井壮しらべ誰もやらなきゃオレがやる!!」で、バイナリーオプションに武井壮が挑戦した際に使用されていたバイナリーオプション業者です。
オートチャーティスト「オートチャーティスト」とは、トレンドが転換される時期や取引のポイントなどを自動で検出してくれるツールのことをいいます。
終値最も低い価格
押し目買い押し目買いとは、移動平均線と接する部分を「底値」と考えその底値と近づいた状態、もしくはその底値を少し下回った状態で購入する方法。

 

カ行

 

用語意味詳しい詳細
カラカサカラカサとは、トンカチとは逆の形をしているものですね。特徴としては、下ヒゲが上ヒゲよりも長く、実体が上よりにあるところです。
買い戻し
外貨準備高外貨準備高とは、通貨当局が管理する対外資産のこと
仮想通貨バイナリーオプション仮想通貨を利用してバイナリーオプション取引ができること。
為替介入為替介入とは、急激な変動に対応するために円かドルを購入し、為替市場を操作するということ
逆張り名人逆張り名人とは、逆張り手法に特化したインジケーターで、矢印が的確に表示される。「RSI」や「CCI」、「ADX」などといったインジケーターと組み合わせて使うことも可能。
キャッシュバック口座開設を行った際に、業者から幾らかの金額をキャッシュバックとして受け取れる機会のこと。
ギャンラインギャンラインは、45度の角度で描画された線です。
ギャンファンギャンファンは、チャート上に異なるサポートとレジスタンスレベルを表示するように設計された(無制限に延長される)9つの対角線で構成されています。
ギャングリッドギャングリッドは 45度の角度で構築されたトレンドです。
逆張りトレンド相場中において、トレンドに逆らってエントリーすること。
逆張りチェッカー逆張りチェッカーは自動売買ではなく、自分のパソコンのMT4に導入することにより、音と画面でエントリーポイントを知らせてくれる機能のこと。
基準線一目均衡表における、過去26日間の高値と安値との間の値を表した線のこと。
金融緩和金融緩和とは、日本銀行が現金を発行し、市場のお金を増やすことで、物価を上昇させ、景気を良くするというもの。
金融緩和政策金融緩和政策とは、不況が悪化する状況を止めるために、お金を借りやすくし、倒産を防ぐことによって、経済の活性化につながるということ。
グランビルの法則アメリカの「ジョセフ・E・グランビル氏」というアナリストが考案した、移動平均線とローソク足から分析するもの。
グッドマン法グッドマン法とは、買ったら2倍、3倍と賭けていき、最大5倍の賭け金までという上限を基本として、エントリーする方法です。
一目均衡表には、「雲」と呼ばれる先行スパン1と2に囲まれたものが存在する。
口先介入口先介入とは、政府の中でも偉い人などが為替に関する発言をして市場に影響を与えること。
ケルトナーチャネルケルトナーチャネルは、トレンドの発生と終了を見極めることができるトレンドフォロー系のテクニカル指標です。
ゲーターオシレーターゲーターオシレーターは、同じくビル・ウィリアムズ氏が考案したアリゲーターに基づき、バランスライン(平滑移動平均)の収束や拡散の度合いを示してくれるインジケーターです。
経済指標各国の政策金利や雇用、生産、物価等の経済活動の状況を示したもの。
原油安原油安とは、原油の価格か安くなること。原油安になる第一要因は、「その物を欲しいと思う人の数(需要)」と「物を売る量(供給)」の関係にある。
ゴールデンクロスゴールデンクロスとは、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ突き抜けることをいい、そのあとは上昇傾向にあります。
ゴールドコントラクトゴールドコントラクトとは、シグナルでエントリーするポイントやタイミングを教えてくれるツールのこと。
コールオプション
ゴトー日ゴトー日とは毎月の5日、10日、15日、20日、25日、月末の事を指しています。
ココモ法ココモ法は、マーチンゲール法の変形として数学的にも証明されている手法であり、3倍配当の勝負において最も力を発揮する手法である。

 

サ行

 

用語意味詳しい詳細
サイコロジカルラインサイコロジカルラインとは、計算期間(一般的に過去12営業日で計算)の中で上昇した日数が何%になっているかを計算したテクニカル指標です。
サポートラインサポートラインとは、日本語で下値支持線といい、相場がその水準を維持し、それ以上は下落しないのではと思われる水準のこと。
サインツールエントリーポイントになると、自動でサインを出してくれるツールのこと。
ザ・バイナリーザ・バイナリーは、「high &low」、「ショート」、「レンジ」という3つの取引方法ができる取引業者です。
サムライシステムサムライシステムは、「リーベルコンサルティング合同会社」という会社が提供しているバイナリーツールです。
酒田五法酒田五法とは、江戸時代の相場師「本間宗久」によって開発された、ローソク足の並びを基本としたテクニカル分析のひとつです。
債券債権とは、国や地方自治体、事業会社などが資金を借りるために発行する有価証券のこと。
債券利回り債券利回りとは、国債利回りのことで、国債の10年債がマーケットで注目されている。
シグナル
シグナル名人シグナル名人は、MT4に設定することができ、立ち上げた時、過去の勝率を表示してくれ、エントリーポイントも知らせてくれるサインツールのこと。
シグナルソフトどこでエントリーすればいいかシグナル(合図)を出してくれるツールです。
ジブリの呪いジブリの呪いとは、主に金融業界や投資家などの間で語られているアノマリー、ジンクスおよび都市伝説の一つである。 ジブリの法則という呼ばれ方をすることもある。
ショートレンジ
ジェットオプションジェットオプション(J.E.T OPTION)とはFXや株式投資と同じ金融商品のひとつ「バイナリーオプション」ができる海外の業者です。
十字線十字線とは文字通り、ローソク足が十字線のように表されている状態のこと。上ヒゲと下ヒゲの長さが同じになっていて、実体の長さは極小でヒゲの真ん中に位置するところが特徴。
出金バイナリーオプション取引で得た利益を、銀行口座に移すこと。
順張りトレンド相場中において、トレンドの波に乗りながらエントリーポイントを狙うこと。
資金管理
自動売買ソフト(ツール)自動売買ソフトとは、自動売買ソフトの開発者が編み出した独自の分析方法を元にして、売買する最適なタイミングを計算し、自動で取引をしてくれるソフトのこと。
忍-shinobi-システムバイナリーオプションジャパンが開発した、バイナリーオプションで取引する人に向けたシグナルツールの1つです。「まったくの初心者でもバイナリーで稼ぐことができるようになる」ために作られた。
スプレッド「売りレートと買いレートの間にある価格差」のことを指している。
スプレッドハイロー
ストキャスティクスストキャスティクスは、ローソク足を表示させたチャートの下に表示されるもので、いわゆる為替の売られ過ぎと買われ過ぎの状態を数値として表しているインジケーターです。
スクイーズスクイーズとは、ボリンジャーバンド使用時に見られる現象のひとつで、ボリンジャーバンドの移動平均線が幅が狭まっている状態のこと。
スキャルピングトレードスキャルピングトレードとは、約30秒~5分の間で取引を行うこと。
スクリーニング機能スクリーニング機能は、株式投資で銘柄を検索するために重宝される機能である。
スサノオシステムスサノオシステムは、ワタルTVというYouTubeで販売されているツール。エントリーポイントが1時間に5回から10回くらい訪れるのが特徴です。
先行スパン1先行スパン1は、一目均衡表において、基準線と転換線の中間値を26日分先に表示させたものです。
先行スパン2先行スパン2は、一目均衡表において、52日間の高値と安値の中間値を26日分先に表示させたものです。
前日高値安値ライン高値安値ラインは、決めた範囲の中で、最も高値と安値に引かれたラインのことです。
ソニックオプションバイナリーオプションの海外取引業者の1つ。30秒取引でも最低取引額が500円という金額で取引ができるのが特徴。
損益分岐点損益分岐点とは、損失にも利益にもならないポイントのことを指す。ペイアウト倍率が関係してくる。
底打ち底打ちとは、下降を続けてきた価格が最も安値になることを指す。

 

タ行

 

用語意味詳しい詳細
高値高音は、1本のローソク足において、最も高い価格を示す。
短期取引短期取引は、「30秒、1分、3分、5分」など、短い時間で取引すること。
タカ派タカ派とは、強硬的な政治信条を持つ人(集団)のことを指します。インフレ懸念があることを特徴とし、利上げなどに積極的な集団です。
ダマしダマシというのは、買いや売りシグナルが出た後に、逆へいってしまうこと
ダウ理論ダウ理論とは、チャールズ・ダウが提唱した、市場での値動きを評価するための理論である。
ダイバージェンスダイバージェンスとは、ローソク足とオシレーター系のインジケーターが逆に表わている状況のこと
ダランベール法ダランベール法は、ピラミッド法とも呼ばれており、「ジャン・ル・ロン・ダランベール」が考案した。投資ルールは、勝った時は投資金額を1増やし、負けた時は減らすという手法です。
ダボス会議ダボス会議とは、スイスのジュネーブに本拠地を置く非営利財団「世界経済フォーラム」が、毎年1月に開催する年次総会のこと。
ターボ取引ターボ取引とは、短期取引の選択(時間の選択)ができること。ハイローオーストラリアなどの取引業者で行える。
チャート(為替・FX)チャート・FXチャートとは、過去の為替レートを、価格や時間を軸としてグラフに書き表したもの。
チャネルラインチャネルラインとは、トレンドラインに並行してして引いたラインのことで、上下に平行に引かれたラインのこと。
チャンピオンゲーム法チャンピオンゲーム法とは、数列と計算を用いた手法。段階を分けて徐々に負け額を取り戻していく方法となり、「予選」と「決戦」の2つのステージを一段階とし合計2段階のゲームを行う。
地政学的リスク地政学的リスクは、特定に地域が抱えている政治的・軍事的・社会的な要因により緊張が高まることで、世界経済全体の先行きを不透明にしてしまうこと。
遅行スパン一目均衡表において、26日分の終値を過去にさかのぼって表示させたもの。
長期取引長期取引は、「15分、1時間、1日」といった、長時間に渡って取引を行うこと。
通貨ペア通貨ペアとは、売買する2つの国の通貨の組み合わせのこと。「米ドル(USD)/日本円(JPY)」というようにスラッシュで区切られる。
包み線包み線とは、2本の連続するローソク足が示すシグナルであり、「抱き線」と呼ぶ方もします。
デイトレード
ティックチャートティックチャートというのは、取引がある度にその時の取引価格を示したもの。ティックは、取引時間の最小単位のこと。
ディナポリ(Dinapoli)ディナポリが作成したバイナリーオプションにおける定型チャートのひとつです。
デモ取引でも取引とは、仮の口座を開設することができ、自分のお金を一切使わずに、実際のチャートから取引を行うことができること。
テクニカル分析テクニカル分析とは、MT4のチャートから相場の流れや、投資家心理を感じ取り、将来の値動きを予想する分析方法です。
転換線転換線は、一目均衡表において、過去9日間の高値と安値との間の値を線で示したもの。
転売転売機能は、エントリーしてから判定時刻を迎える前に、損益を確定させて、判定時刻を過ぎる前に取引を終わらせることができる機能です。
ドルインデックスドルインデックス(またはドル指数)は、米ドルそのものの価値を示すもの。例えば、「USD/JPY」や「EUD/USD」など、2つの通貨を比べた時の価値を示しています。
トレンド(相場)トレンド相場とは一定の割合で上昇または下落している相場です。 FXでは、このトレンド相場が最も勝ちやすいと言われている。
トレンド系指標
トレード為替変動における価格差を利用して取引を行うこと。(FXやバイナリーオプション)
トレード200海外に拠点を置くバイナリーオプションサービスを提供している会社です。
トンカチトンカチとは、陽線で上ヒゲが長く、下ヒゲがないローソク足のこと。トンカチのようなローソク足の形をしているのが特徴。
トンボトンボとは、上ヒゲがなく、下ヒゲが長くて実体のこと。横線になっているトンボのような姿からそう呼ばれている。
トウバトウバとは、上ヒゲが長く下ヒゲのない実体のこと。横線になっているローソク足のことから呼ばれている。
取引通貨通貨取引は、「外国為替取引」とも呼ばれ、為替レートを基に異なる2つの通貨を交換する取引のことをいう。
途中決済
取引業者バイナリーオプション取引が行える業者のこと(ex.ハイローオーストラリアなど)

 

ナ行

 

用語意味詳しい詳細
仲値トレード仲値とは、銀行が外貨に両替するときの外貨レートのこと。この特性を利用し、バイナリーオプションでエントリーをしていく手法のこと。
夏枯れ相場夏枯れ相場とは、株式や為替の取引高が低調となる状況のこと。夏は日本ではお盆、海外ではサマーバケーションにあたるので、市場への参加者が減少することから、この名前が付いた。
日経平均株価日経平均株価は、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つ。
入金入金とは、バイナリーオプション取引を行う前に、取引口座に入金をして取引を開始すること。
ネクストバイナリーアカデミーネクストバイナリーアカデミーとは、絶対空間零(村上公一)が作り上げた、バイナリーオプションで勝ち続けるためのロジック教材です。

 

ハ行

 

用語意味詳しい詳細
バイナリーオプションバイナリーオプションは、為替取引の投資方法の一つ。バイナリーオプションとは、数秒後、数分後の為替相場を予想して、当たれば投資額が1.6倍~2.4倍、外れれば0円というシンプルな投資のこと。
バイナリーオプションブレイクバイナリーオプションブレイク(binary option break)は、バイナリーオプション取引サービスを提供している海外事業所です。中でも「シェア・トレード」といった、一度のトレードで集められた投資金から、予測に失敗された投資家の投資金を、予測に成功した投資家の方々に分配してるのが特徴。
ハイローオーストラリアハイローオーストラリアとは、オーストラリアにある海外のバイナリーオプション業者です。日本人に対するサポートも充実しており、人気のい高いバイナリーオプション業者である。
ハイローLハイローLは、ハイローオーストラリアというバイナリー業者の口座で、自動売買をすることができるツール。勝率が高いポイントをシステムが発見し、あらかじめ設定された金額で自動的にエントリーできるのが特徴。
パーフェクトオーダーパーフェクトオーダーとは、短期、中期、長期の移動平均線が、決まった順番と傾きになっている状況のこと。
パーレー法パーレー法とは、利益となった金額を次の勝負に全額つぎ込むという手法のこと。
バーネット法バーネット法は、別名「1.3.2.6法」とも呼ばれている。その名の通り、エントリー金額を1倍、3倍、2倍、6倍という順で賭けていく手法です。
ハーフストップ法ハーフストップ法は、元ある資金を減らさずに、常に利益の半分を手元に残しながら勝負をしていく方法です。
ハト派ハト派とは、経済状況に対して慎重な見方をしたり、利上げ反対を行う人(集団)のことを指します。インフレに対しても、包容的であることを特徴とします。
パラボリックパラボリックは放物線という意味があり、SAR(Stop And Reverse)と呼ばれる数値を利用して、チャート上に放物線のように表示されるインジケーターです。
パラボリックSARパラボリックSARとは、上昇する強さと下降する強さの値動きは、次第に弱くなっていき、いずれ転換点を迎えるということから作られたテクニカル指標です。
パラメーターインジケーターを利用する際に設定できる値のこと。値を変えることで、インジケーターの設定を変えることができる。
バランスシート縮小バランスシート縮小とは、FRB(アメリカ中央銀行)が持参している資産の量を減らすことであり、国債を買うのを減らすということ。
バンドウォークバンドウォークとは、ボリンジャーバンドの±2.±3に沿ってローソク足が移動することを表してる。
はらみ線はらみ線とは、「2本の連続するローソク足の状態が、お腹の中に赤ちゃんがいる妊婦さんのように見えること」から付けられたとも言われているローソク足のシグナルです。
始値始値とは、1本のローソク足出現の最初についた価格のこと。
判定時刻判定時刻とは、取引が満期になる時刻のこと。判定時刻は、オプションごとに設定されており、取引をする前に選択できる。
半値戻し半値戻しとは、「下がっていた価格が下げ幅の半分くらい戻る(上昇する)」こと。
半値押し半値押しとは、「上がっていた価格が上げ幅の半分くらい戻る(下降する)」こと。
反転相場の値動きが逆向きに動き出すこと。
標準偏差ボラティリティボラティリティとは、「価格変動の大きさ」を示しており、標準偏差ボラティリティとは、海外ファンドの運用に携わっている「石原順氏」が教えてくれる手法のこと。
ファイブスターズマーケッツファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS)は、為替、株、商品、株価指数などの金融マーケット商品を、簡単で公正に取り扱うことが出来る革新的なオンラインプラットフォームを提供しているトレーディングプロバイダー。
ファンカジノ法ファンカジノ法とは、実際にカジノなどで活用される賭け方の手法のこと。
フィルター「フィルター」とは、「普段の取引よりもエントリー根拠を増やす」、
「エントリーを制限する」ということ。
フラッグ
フラクタル(Fractals)フラクタルは、インジケーターの開発で有名な「ビル・ウィリアムズ氏」が、トレンドの変換点を確認するために作成したもの。
フラクタルアダプティブ移動平均線(FAMA)トレンドの強弱が一目で分かるインジケーターです。通常の移動平均線よりもダマしが少なく、トレンドがない時は真っ直ぐな水平になるのが特徴。
ファンダメンタルズ分析ファンダメンタルズ分析とは、為替相場の動向を経済の基礎的要因から分析のこと。
プットオプション
フィボナッチフィボナッチは、イタリアの数学者「レオナル=フィボナッチ」という方の名前から来ている言葉で、フィボナッチ比率に基づいて、価格の動きを予測することができる分析手法のこと。
フィボナッチエクスパンションフィボナッチエクスパンションとは、トレンドの発生によって拡張するローソク足が、フィボナッチ比率からどこまで行くのか?予想するツールのこと。
フィボナッチトレースメントフィボナッチトレースメントとは、相場のローソク足が反発する線を判定するために利用できるインジケーター。
プライスアクションプライスアクションとは、値動きのことを意味する。「プライス」は「価格」を指しており、「アクション」は「動き」を指している。
フォロートレードフォロートレード(ソーシャルトレード)は、オプションビットが厳選したトレーダーを利用者が選び、その方に自分の資金を自動でお任せするという機能です。
不連続線(窓)不連続線(窓)とは、あるローソク足と次のローソク足の間に隙間ができている現象のこと。
ペナントペナントとは、二等辺三角形が横になった状態で、よくお土産物屋さんで売られている旗の形に似た状態に、複数のローソク足がなること。
ペイアウト率ペイアウト率とは、投資した金額に対して、勝った時にいくら戻るのかをパーセンテージで表示したもの。
平滑移動平均線指数平滑移動平均線とは、単純移動平均線よりも直近の価格に比重を置き、「MACD」のもとになった移動平均線です。
平均足ローソク足の4本値の平均値で実体を作っている」のが平均足です。
ボリンジャーバンドボリンジャーバンドは、移動平均の値を表す線の上下に、値動きの幅を表示させる指標です。
ボリューム系インジケーターボリューム系のインジケーターはティック数で表わされており、価格が変動した回数から表している数値で為替で言う出来高(つまり「ボリューム」)を表したインジケーターのこと。

 

マ行

 

用語意味詳しい詳細
マイナス金利(政策)マイナス金利政策とは、民間の銀行が日本銀行に預金をしている場合の当座預金の一部に設けられる金利のこと。お金が世の中に出回るようになり、経済の活性化を図るという政策になる。
マーチンゲール法マーチンゲール法とは、勝つまで利益がでる掛け金まで増やしながら勝負する方法です。
モメンタムモメンタムとは、「勢い・運動量」を意味し、相場の勢いを示してくれるオシレーター系指標です。
モンテカルロ法モンテカルロ法とは、乱数を用いて、数値の計算を行い、値を求める手法です。
戻り売り戻り売りとは、株式相場において、下げ相場の中での一時的な上昇の中で売りポジションをとること。

 

ヤ行

 

概要意味詳しい詳細
安値安値とは、1本のローソク足における、最も低い価格の値

 

ラ行

 

用語意味詳しい詳細
ライブ配信YouTubeなどのような、動画プラットフォームにおいて、取引方法を解説したり、実際にリアルタイムで取引すること。
ラダー取引ラダー取引とは、複数あるレートから一つの予想価格を選び、その価格よりも決められた終了時刻の価格が上がるか、下がるかを予測する取引方法です。
ライン(水平線)チャート上に引かれた水平の線のこと。
リパトリエーションリパトリエーションとは、「本国送還」という意味だが、金融関係などでは企業などが、海外に保有している資産を本国に環流させること。
利下げ利下げとは、利上げとは反対に、政策金利を下げることを指します。
利上げ利上げとは、米国の中央銀行(FRB)が政策金利を上げることです。
両建て取引両建て取引をバイナリーオプションで行う場合、「high」と「low」をどちらも選択する手法のこと。
レジスタンスラインレジスタンスラインとは、高値で引いた水平線のこと。
レバレッジレバレッジとは、投資に自己資本を元本として資金調達を行い、取引額を自己資金以上に引き上げること。
レンジ相場レンジ相場とは、ローソク足が狭い幅で行ったり来たりしている方向性のない状態のこと。
レート(為替レート)為替レートとは、外国為替市場において異なる通貨が交換(売買)される際の交換比率です。
レートチェックレートチェックとは、日銀が国内にある銀行に電話などを通して「今の為替水準はいくらか?」とたずねること。
連続線連続線は、あるローソク足と次のローソク足が重なっている現象のこと。
ローソク足ローソク足とは、一定期間の相場の4本値(始値、高値、安値、終値)を用いて一本の棒状の足を生成したもの。
ローソク足を並べていくことで、相場の状態や流れを一目でわかるようにしたチャートをローソク足チャートという。
ロングレンジ

 

ワ行

 

用語意味詳しい詳細
ワンタッチ
ワンスコープワンスコープとは、「平均勝率75%」と謳われてるサインツールです。価格は148,000円で、PC専用のツールです。

 

アルファベット順

 

A

 

用語意味詳しい詳細
AFstarAFStarインジケーターとは、HIGHLOWサインを上下の矢印で表示してくれるもの。
ATRATRとは、「出来高が多いか少ないか」を線で示すインジケーターです。
AMA(適応型移動平均線)AMAとは、Perry Kaufman氏により開発されたインジケーターであり、この指標は「ノイズの影響を受けにくい移動平均線」という特徴がある。
ADXADXは、「平均方向性指数」という意味で、トレンドの強弱を判断することができるインジケーターです。
ADXワイルダーADXワイルダーとは、トレンドの方向や強さを見極めることが出来るインティケーターのこと。
Awesome Oscillator(オーサムオシレーター)Awesome Oscillatorは、トレンドの強弱や反転を確認することができる、ビルウィリアムズ系のインジケーターで、オシレーター系に分類することができる。
Alligator(アリゲーター)Alligator (アリゲーター) は、ビル・ウィリアムスさんによって作られたインジケーターで、平滑移動平均線SMMA の3本のラインで構成されている。
Axisバイナリーシグナルツール音や矢印、丸や二重丸を出してエントリーのタイミングとポイントを表示してくれるツールのこと。
Amanda(アマンダ)Amanda(アマンダ)は、ボリンジャーバンドとRSIを利用してエントリーポイントを通知していくれるツールである。

 

B

 

用語意味詳しい詳細
BullsPower(ブルパワー)Bullsとは買いPowerは力を表していることから、買いの力を表示してくれるインジケーターです。
BearsPower(ベアパワー)BullsPowerとは逆に、売りの力を示してくれているインジケーターです。

 

C

 

用語意味詳しい詳細
CCICCIは、日本語に訳すと「商品チャネル指数」と呼ばれ、その名の通り、商品市場向けに作られた指標です。
Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)Chaikin Oscillatorとは、ボリューム系インジケーターの「Accumulation/Distribution」を利用し、売られ過ぎ買われ過ぎを判断するオシレーターです。

 

D

 

用語意味詳しい詳細
DMIDMIは、和訳すると「方向性指数」という意味になり、トレンドの方向を計るインジケーターです。
DeMarker(デマーカー)DeMarkerとは、買われすぎ、売られすぎをグラフ一目で判断することができるオシレーター系のテクニカル指標です。

 

E

 

用語意味詳しい詳細
EMAEMAとは、3種類ある移動平均線のうちの1つであり、早く動くその分、ダマしが多くなるという特徴を持っている線です。
EA(自動売買ツール)EA(自動売買ツール)とは、自動的に「売り」と「買い」の投資判断を行い、取引をしてくれるツールのこと。

 

F

 

用語意味詳しい詳細
FXFXとは外国為替証拠金取引のことで、外貨預金と同じように外貨に投資する商品です。
FOMCFOMCとは、日本語で「連邦公開市場委員会」と訳され、アメリカ合衆国の金融政策のひとつである公開市場操作の方針を決定する委員会のこと。
Force Index(勢力指数)Force Indexは、「アレキサンダー・エルダー氏」が開発したオシレーター系のインジケーターで、買いの勢力と売りの勢力の強さを図ることができる。

 

G

 

用語意味詳しい詳細
GMOクリック証券GMOクリック証券は、日本国内のインターネット証券会社です。スマホアプリの使い勝手も良く、利用者の利便性は非常に高いです。
GMMAインジケーターGMMAインジケーターは、相場のトレンド状況や、その強弱を判断するために利用するインジケーターです。

 

H

 

用語意味詳しい詳細
HLバンド(ハイローバンド)HLバンドとは、ドンチャンの4週ルールを基礎にしチャートで見れるようにしたテクニカル指標です。

 

I

 

J

 

K

 

L

 

M

 

用語意味詳しい詳細
MACDMACDはオシレーター系は、買われ過ぎや売られ過ぎといった情報を教えてくれるインジケーターです。「ゼロライン」「シグナルライン」「MACDライン」の3つから構成されており、シグナルラインとヒストグラムの交わりを利用して、エントリーポイントを確認することができる。
MT4MT4とは、世界で最も有名で高性能を持っている為替取引のフリーソフトであり、ロシアの企業が開発したものになっている。

 

N

 

O

 

用語意味詳しい詳細
OBV(オンバランスボリューム)OBVとは、取引数量やレートの勢いを判断するトレンド系のインディケーターのこと。

 

P

 

用語意味詳しい詳細
PPTツールPPTツールとは、バイナリーオプションの攻略ツールであり、比較的値動きが大きい「トレンド相場」に対応している。

 

Q

 

用語意味詳しい詳細
QQEインジケーターQQEとは、「定量定性評価」という意味があり、役割自体はRSIと似ており、買われ過ぎ売られ過ぎを表すインジケーターです。

 

R

 

用語意味詳しい詳細
RSIRSIとは、オシレーター系のインジケーターであり、売られ過ぎの状態や買われ過ぎの状態を表しているインジケーターです。
RCIRCIは”時間の順位”と”価格の順位”の相関性を測っているもの。

RVIRVIとは、「価格変動が拡大しているのか?縮小しているのか?」を示してくれるインジケーター。RVIラインとシグナルラインの二つのラインを使用し、ゼロラインを中心に相場の状況を判断していく。
RESCUE(レスキュー)RESCUE(レスキュー)とは、加藤エルが提供している人工知能搭載型の、エントリーポイントになると自動でサインを出してくれるツールです。

 

S

 

用語意味詳しい詳細
StdDevStdDevとは「標準偏差」のことであり、過去のボラティリティを元に計算を行っている。
SBAサインツール勝率90%以上を期待できるという内容で販売を行っており、相場転換点の予想を行うことにより期待できるエントリーポイントの見極めをしてくれるツール。

 

T

 

用語意味詳しい詳細
TDシーケンシャルこのTDシーケンシャルは、トレンド時に活用することができ、トレンドが発生すると数字が出てきる。
TRIXインジケーターTRIXは、オシレーター系のインジケーターであり、売られ過ぎ買われ過ぎを判断する時に使用されたり、相場の方向性や転換位置を見分ける時にも使用できる。

 

U

 

用語意味詳しい詳細
UOPインジケーターUOPバイナリーオプションインジケーターは、アメリカコロラド州のイボンヌアンダーソンさんという方が作ったインジケーターで、主に逆張りに特化したオシレーター系のインジケーターです。

 

V

 

用語意味詳しい詳細
VWAPVWAPは、移動平均線やボリンジャーバンドなどと比べるとかなりマイナーで、VWAPの計算方法は「累積売買価格÷累積出来高」です。
VOP(ブイオプ)VOP(ブイオプ)とは、バイナリーオプション業者のうちの1つであり、短期売買では、最短30秒~最長300秒まで幅広い取引が可能です。
VIDYA(可変インデックス動的平均)VIDYAとは主に、価格変動を重視した移動平均線のこと。ボリンジャーバンドや移動平均線、出来高の利点を兼ね備えた移動平均線のようなもの。

 

W

 

X

 

Y

 

Z

 

用語意味詳しい詳細
ZigZag(ジグザグ)ZigZagは、MT4などに最初から搭載されているインジケーターで、ローソク足をチャート上で高値と安値を一本の線で結んだもの。