バイナリーオプション専門用語集!【アイウエオABC順に紹介!】

 

どうもインベスターS.Tです。

 

このページは、バイナリーオプションで使われる専門用語をまとめたページになります。

 

わからない単語、難しい専門用語が出てきた際には、ここから検索して調べてみてください。

 

ア行

 

用語意味詳しい詳細
アノマリーアノマリーとは、法則や一般理論で説明が出来ないような出来事のこと。
アットザマネーアットザマネーとは、インザマネーでもアウトオブザマネーでもない「原資産価格」と「権利行使価格」が同じことを意味する用語。
アウトオブザマネーアウトオブザマネーは、インザマネーと同様に、「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のことだが、利益権利行使することにより損失がでる金額を指します。
アルーンオシレーターアルーンオシレータは、トレンドの発生や強弱、転換点などを確認できるインジケーターとなっています。
見方は1本のラインから構成されており+100から-100の間で振動、0ラインより上にあれば上昇トレンドでさらに数値が高くなれば強い上昇トレンド、下にあれば下降トレンドでさらに数値が低くなれば強い下降トレンドと判断できます。
アービトラージアービトラージを日本語に訳すと、「裁定取引」と呼ぶ。2つの市場、または商品の間に発生した価格差を利用して、「ローエントリー」と「ハイエントリー」を同時に行うというもの。
アキュムレーション/ディストリビューション(A/D)アキュムレーション/ディストリビューションとは、投資家が買い続けるエネルギーと売り続けるエネルギーを、表してくれるインジケーターなのです。
アルゴビット(オプションビット)アルゴビット(オプションビット)はある程度の知名度のあるバイナリーオプション業者だったが、2019年の2月に「資金面での破産」を理由にして潰れた業者。
頭打ち頭打ちとは、上昇を続けてきた価格がの上昇が段々と鈍くなっていき、上昇しなくなる状態のことを呼んでいます。
一目均衡表一目均衡表というのは、5本の指標を使うことで、相場の値動きを予測するためのテクニカル手法であります。
1マーチン1マーチンとは、負けた時は掛け金の2倍で次の勝負に挑戦するというマーチンゲール法を1回で止める方法です。
移動平均線移動平均線とは、為替レートの終値の平均を算出したものを点にして、それを線で繋げたものです。例えば、直近5日の終値の平均値を算出したものは5日平均線と呼び、直近25日の平均値を算出したものは25日平均線といいます。
移動平均乖離率移動平均乖離率とは、買われ過ぎと売られ過ぎを計るテクニカル分析の1つで、現在の株価が移動平均線と比較し、どの程度離れているかを数値で表してくれます。
移動平均オシレーター(OsMA)移動平均オシレーター(OsMA)は、オシレーター系のインジケーターであり、有名なインジケーターMACDのシグナルと、基準線のクロスや乖離幅をよりシンプルに表示できるインジケーター。
異国のレオナルドサイン異国のレオナルドサインとは、矢印に従ってエントリーを行うインジケーターです。
異国のRSIパーフェクトオーダー異国のRSIパーフェクトオーダー」とは、主に、RSIの計算式を元にしたRSI移動平均線を6本表示させたインジケーターです。
インジケーターバイナリーオプションやFXトレードで利用されるトレードツール「メタトレーダー(MT4/MT5)」で使用される機能で、チャート上にテクニカル分析指標などを表示させて、トレードタイミングを把握するのに用いられます。
インザマネーインザマネーというのは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分のこと。
ヴァンクールヴァンクールとは、平成30年7月2日より、発売業者「VAINQUEUR」が販売したツール。朝の8時~翌日6時まで自動でエントリーを行い、パソコンの前にいる必要がなくなるツール。
ウィナーズ投資法
ウィリアムズ%Rウィリアムズ%Rは、買われ過ぎや売られ過ぎを判断できるオシレーター系のインジケーターで、50年以上前の1966年に考案されたにもかかわらず、現在でも利用されている指標となっています。
ウォークフォワードテストウォークフォワードテストとは、過去のデータを用いて、そのデータの一部分のみ先のデータとして用いて測るもの。
上放れ
上値抵抗線
売りオペ売りオペとは、売りオペレーションの略語で、買いオペの逆を意味しています。日銀が民間の金融機関に国債を買ってもらい、多くで回った通貨を回収していく行動になります。
8option8optionは、バイナリーオプションの海外業者の1つであり、英国に本社を置き、世界各地に事業所を展開する個人所有のグローバル企業である。入金の仲介役として、「合同会社レイズレック」という会社が関わっている。
エリオット波動エリオット波動とは、「ラルフ・ネルソン・エリオット氏」が価格変動には一定の秩序が存在すると話された「テクニカル理論」になります。
相場には5つの上昇波と3つの下降波という、合計8つの波を1つの周期として形成しているという理論です。
エンベロープエンベロープは、移動平均線を平行に幾つも並べたラインのことです。
エントリー
エクスパンションエクスパンションには、拡大するや拡張するという意味があり、ボリンジャーバンドが拡大した状態を言います。
オージー
オシレーター系指標
オスカーズグラインド法オスカーズグラインド法とは、バイナリーオプションだけでなくカジノなどで活用される賭け方の1つであり、勝率50%以下でも利益が出るということと、勝った際に倍額かけるというところです。
オプトレオプトレとは、YJFXが提供しているバイナリーオプション業者で、ヤフーが親会社にいて、金融庁にも登録されているので非常に安心の業者です。
オプションビット2014年にTOKYOMXで放送されていた「武井壮しらべ誰もやらなきゃオレがやる!!」で、バイナリーオプションに武井壮が挑戦した際に使用されていたバイナリーオプション業者です。
オプション取引オプション取引は、バイナリーオプション取引とよく似ていて、市場が開いて相場がどのような動きをするのかを、ハイローで予測するもの。
オプションSQオプションSQとは、特別清算指数のことを意味し、株価指数先物取引や株価指数オプション取引で 決済最終日までに反対売買がなされたかった場合の清算指数として使用される指数のこと。
オプザイルオプザイルとは、バイナリーオプションツールを販売する集団で、エントリーチャンスが来たら、ツールの指示に従ってエントリーするUSBツールを販売している。
オートチャーティスト「オートチャーティスト」とは、トレンドが転換される時期や取引のポイントなどを自動で検出してくれるツールのことをいいます。
終値最も低い価格
押し目買い押し目買いとは、移動平均線と接する部分を「底値」と考えその底値と近づいた状態、もしくはその底値を少し下回った状態で購入する方法。
織り込み済み織り込み済みとは、株価が好材料や悪材料の影響をすでに受けた状態。株価を動かす材料は、経済指標や企業業績、、為替の変動、海外市場の動向、さらに社長交代に絡む御家騒動など、さまざまです。

 

カ行

 

用語意味詳しい詳細
カラカサカラカサとは、トンカチとは逆の形をしているものですね。特徴としては、下ヒゲが上ヒゲよりも長く、実体が上よりにあるところです。
カギ足カギ足とは、相場の価格のみに重視し、値幅を分析の対象としチャートのことをいい、横に水平に引かれた線は今までとは逆に動いた際に引かれる。
買い戻し
買いオペ買いオペとは、買いオペレーションの略語で、日銀が市場から国債を買うことを言います。買いオペを行うということは、金利を下げお金を借りやすくすることになります。
外貨準備高外貨準備高とは、通貨当局が管理する対外資産のこと
空売り「空売り」とは、FXや株で使用する用語で、FXではまだ持っていない為替通貨を先に借り、それを売って、あとで買い戻して利益にすることができる。
仮想通貨バイナリーオプション仮想通貨を利用してバイナリーオプション取引ができること。
為替介入為替介入とは、急激な変動に対応するために円かドルを購入し、為替市場を操作するということ
奇跡のツール奇跡のツールは、バイナリーオプションの逆張りのシグナルツールであり、全通貨対応しており、エントリー回数は、1時間で1.2回ほどです。
逆張り名人逆張り名人とは、逆張り手法に特化したインジケーターで、矢印が的確に表示される。「RSI」や「CCI」、「ADX」などといったインジケーターと組み合わせて使うことも可能。
キャッシュバック口座開設を行った際に、業者から幾らかの金額をキャッシュバックとして受け取れる機会のこと。
ギャンラインギャンラインは、45度の角度で描画された線です。
ギャンファンギャンファンは、チャート上に異なるサポートとレジスタンスレベルを表示するように設計された(無制限に延長される)9つの対角線で構成されています。
ギャングリッドギャングリッドは 45度の角度で構築されたトレンドです。
キリ番キリ番は、通貨のレート末尾が「00」となる値です。また「ラウンドナンバー」とも呼ばれ、海外のトレーダーもやはり切の良い数値は、意識する為、心理的な影響力が非常に高いポイントになる。
逆張りトレンド相場中において、トレンドに逆らってエントリーすること。
逆張りチェッカー逆張りチェッカーは自動売買ではなく、自分のパソコンのMT4に導入することにより、音と画面でエントリーポイントを知らせてくれる機能のこと。
基準線一目均衡表における、過去26日間の高値と安値との間の値を表した線のこと。
期待値期待値とは「ある施行を行った時、その結果として得られる数値の平均値」です。
木村希澄木村希澄は、北海道出身の投資トレーダーであり、活動場所はブログやTwitter、公式LINE、Instagramとしている。ツール配布や配信、コンサルなどは基本無料。
金融緩和金融緩和とは、日本銀行が現金を発行し、市場のお金を増やすことで、物価を上昇させ、景気を良くするというもの。
金融緩和政策金融緩和政策とは、不況が悪化する状況を止めるために、お金を借りやすくし、倒産を防ぐことによって、経済の活性化につながるということ。
クソポジチェッカークソポジチェッカーとは、「オーダーブック」のことを言い、その会社の注文内容を実際に見ることを可能とするもの。
グランビルの法則アメリカの「ジョセフ・E・グランビル氏」というアナリストが考案した、移動平均線とローソク足から分析するもの。
クラウドリーディング手法クラウドリーディング手法とは、雲を活用した手法となっている。
グングニルグングニルとは、シグナルインジケーターであり、エントリータイミング及びポイントをサインで知らせてくれます。
グリッドグリッドとは、チャート上に現れている目盛の線です。
グッドマン法グッドマン法とは、買ったら2倍、3倍と賭けていき、最大5倍の賭け金までという上限を基本として、エントリーする方法です。
一目均衡表には、「雲」と呼ばれる先行スパン1と2に囲まれたものが存在する。
黒船パーフェクト「黒船パーフェクト」とは、バイナリーオプションのシグナルツールであり、チャート上には逆張りのポイントがシグナルとして表示される。
口先介入口先介入とは、政府の中でも偉い人などが為替に関する発言をして市場に影響を与えること。
ケルトナーチャネルケルトナーチャネルは、トレンドの発生と終了を見極めることができるトレンドフォロー系のテクニカル指標です。
ゲーターオシレーターゲーターオシレーターは、同じくビル・ウィリアムズ氏が考案したアリゲーターに基づき、バランスライン(平滑移動平均)の収束や拡散の度合いを示してくれるインジケーターです。
罫線法罫線法とは、「ローソク足を使ったチャート分析と売買手法を組み合わせた投資理論」です。
経済指標各国の政策金利や雇用、生産、物価等の経済活動の状況を示したもの。
経済指標を極める!「経済指標を極める!」とは、その名の通り、ファンダメンタルズ分析をトレードに活かす方法の教材になっている。
原油安原油安とは、原油の価格か安くなること。原油安になる第一要因は、「その物を欲しいと思う人の数(需要)」と「物を売る量(供給)」の関係にある。
こびとさん「こびとさん」は、ボラリティの高い時間帯に活用するのがおすすめのサインツールであります。
ゴールデンクロスゴールデンクロスとは、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ突き抜けることをいい、そのあとは上昇傾向にあります。
ゴールドコントラクトゴールドコントラクトとは、シグナルでエントリーするポイントやタイミングを教えてくれるツールのこと。
コールオプション
ゴトー日ゴトー日とは毎月の5日、10日、15日、20日、25日、月末の事を指しています。
コンティニュエーフォーメーションコンティニュエーフォーメーションとは、トレンドが続いていくという意味のこと
ココモ法ココモ法は、マーチンゲール法の変形として数学的にも証明されている手法であり、3倍配当の勝負において最も力を発揮する手法である。
皇帝システム皇帝システムとは、バイナリーオプションで使用することの出来るシグナルアラートツールのことで、矢印は緑色の上向きの矢印と赤色の下向きの矢印があります。
高機能バイナリーオプション自動売買システム「高機能バイナリーオプション自動売買システム」とは、普通の自動売買とは少し違い、アラートやアロー(矢印)が出るタイプのツールやインジケーターを設置しておくと、そのアラートやアロー(矢印)を認識して自動で売買させることが可能となるシステム。
口座凍結口座凍結とは、日々活用している自分の口座が停止されてしまうことをいい、場合によっては、永久に取引はもちろん入出金も出来なくなってしまう恐れがあります。
狐峰バイナリー最強ベストインジケーター狐峰バイナリー最強ベストインジケーターとは、バイナリーオプション専用のシグナルツールであり、全通貨に対応していますし、時間は「3分、5分、15分」の取引に対応している。
ゴルスパ1分バイナリーゴルスパ1分バイナリーとは、2013年ごろに発売された商品で、当時の価格は59,800円であり、販売者は、当時ツール商材関係の販売でいろいろ有名だったリベルタス合同会社です。

 

サ行

 

用語意味詳しい詳細
サイコロジカルラインサイコロジカルラインとは、計算期間(一般的に過去12営業日で計算)の中で上昇した日数が何%になっているかを計算したテクニカル指標です。
ザオプションザオプションとは、『スプレッドハイロー』『スプレッド短期』2種類のペイアウト2倍取引を提供している取引業者です。
さきどりテクニカルさきどりテクニカルは、過去のチャートの動きから今後の動き方を解析し、画面上にチャートとして表示できます。予想される動き方は3候補上がり、可能性が大きいものが1番太い線で表示される。
さきよみLIONチャートさきよみLIONチャートは、過去のチャートの動きと似た形状を見つけ出し、それを未来予想として表示してくれるツールです。
サイクル理論サイクル理論は、安値から安値が1つのサイクルとなるということを考えている理論。
サインツールエントリーポイントになると、自動でサインを出してくれるツールのこと。
ザ・バイナリーザ・バイナリーは、「high &low」、「ショート」、「レンジ」という3つの取引方法ができる取引業者です。
サポートラインサポートラインとは、日本語で下値支持線といい、相場がその水準を維持し、それ以上は下落しないのではと思われる水準のこと。
サムライシステムサムライシステムは、「リーベルコンサルティング合同会社」という会社が提供しているバイナリーツールです。
最強システムサクセサー最強システムサクセサーとは、エントリー方向を示してくれるシグナルを自動で表示させてくれるツールのことであり、このツールを開発した大野という人物は、投資を10年間続けているトレーダーです。
裁量トレード裁量トレードとは、チャート画面からエントリータイミング・ポイントを自分なりに見極めて取引する方法のこと。
債券債権とは、国や地方自治体、事業会社などが資金を借りるために発行する有価証券のこと。
債券利回り債券利回りとは、国債利回りのことで、国債の10年債がマーケットで注目されている。
酒田五法酒田五法とは、江戸時代の相場師「本間宗久」によって開発された、ローソク足の並びを基本としたテクニカル分析のひとつです。
咲夜咲夜とは、「逆張り」及び「順張り」、「サポートライン」、「レジスタンスライン」の4種類の中で、有効とされる矢印を探したり、事前に自分で設定した勝率に達した際にメッセージで知らせてくれたり、インジケーターの矢印の勝率をバックテストしたり、エントリーを厳選させるインジケーターのこと。
指値注文指値注文とは、成行注文とは異なり、ご自分で注文価格を指定して注文する方法のこと。
三尊天井三尊天井とは、トリプルトップとも呼ばれており、「トリプル天井」とも呼ばれる、価格が高値圏にある時に相場の天井を示し、主要なトレンドの転換のサインとしてよく知られているチャートのパターンです。
三山「三山」は、天井圏で現れた場合に、下落になることを意味します。
三法三法とは「売り・買い・休み」を意味している。
三空陽線または陰線が3回連続で続き、それぞれの間に窓(ギャップ)がある状態のこと。
三兵陽線または陰線が三本平行している状態で三空と異なりギャップ(窓)は開けない状態のこと。
三川底値圏で谷を三つ作るパターンを三川といいます。
三角持ち合い三角持ち合いとは、レンジ相場でみられる2本のトレンドラインによって三角形状の相場のこと。
シグナル
シグナル名人シグナル名人は、MT4に設定することができ、立ち上げた時、過去の勝率を表示してくれ、エントリーポイントも知らせてくれるサインツールのこと。
シグナルソフトどこでエントリーすればいいかシグナル(合図)を出してくれるツールです。
ジブリの呪いジブリの呪いとは、主に金融業界や投資家などの間で語られているアノマリー、ジンクスおよび都市伝説の一つである。 ジブリの法則という呼ばれ方をすることもある。
ジェネレーションバイナリージェネレーションバイナリーとは、前田道成さんによって「自動で月収30万円!」をコンセプトを元に開発されたバイナリーオプションの自動売買です。
ショートレンジ
ジェットオプションジェットオプション(J.E.T OPTION)とはFXや株式投資と同じ金融商品のひとつ「バイナリーオプション」ができる海外の業者です。
シンギュラリティツール「シンギュラリティツール」とは、松井隼人さん考案のシグナルツールです。特徴としては、「矢印でエントリーポイントを教えてくれる」「アラート機能」「勝率が視覚化されている」「3つのシグナル」「カスタマイズ機能」「ハイローオーストラリアの全通貨、時間足対応」
十字線十字線とは文字通り、ローソク足が十字線のように表されている状態のこと。上ヒゲと下ヒゲの長さが同じになっていて、実体の長さは極小でヒゲの真ん中に位置するところが特徴。
出金バイナリーオプション取引で得た利益を、銀行口座に移すこと。
順張りトレンド相場中において、トレンドの波に乗りながらエントリーポイントを狙うこと。
資金管理
自動売買ソフト(ツール)自動売買ソフトとは、自動売買ソフトの開発者が編み出した独自の分析方法を元にして、売買する最適なタイミングを計算し、自動で取引をしてくれるソフトのこと。
自動売買インジケーター自動売買インジケーターとは、自動売買を普段使われているインジケーターで、取引を行うことができるインジケーターのこと。
忍-shinobi-システムバイナリーオプションジャパンが開発した、バイナリーオプションで取引する人に向けたシグナルツールの1つです。「まったくの初心者でもバイナリーで稼ぐことができるようになる」ために作られた。
新値足新値足とは、相場の動き方と相場の転換点を判定するためのチャートのこと。
スカイピアシステムスカイピアシステムとは、バイナリーオプション専用のシグナルツールであり、チャンスが来たらアラートがなり、チャートに直近の勝率が反映されるようになっている。
スパイクスパイクは、ピンバーと同様にヒゲが長く、ローソク足の実体部分が短い状態のことであり、長いひヒゲは、これ以上上昇しないという強い抵抗から押し戻された結果である。
スーバーボリンジャースーバーボリンジャーは、そのボリンジャーバンドに一目均衡表の遅行スパンを組み合わせたトレンド系のテクニカル指標になります。
スプレッド「売りレートと買いレートの間にある価格差」のことを指している。
スプレッド「スプレッド」とは、買値と売値の差になりますので、スリッページとは明らかに違います。
スプレッドハイロー
ストキャスティクスストキャスティクスは、ローソク足を表示させたチャートの下に表示されるもので、いわゆる為替の売られ過ぎと買われ過ぎの状態を数値として表しているインジケーターです。
ストキャスティクスRSIストキャスティクスRSIは、単純にストキャスティクスの計算をRSIを使って算出したものになり、オシレーター系のインジケーターになるので、買われ過ぎや売られ過ぎを確認するためのインジケーターになる。
ストラテジーテスターストラテジーテスターとは、MT4でバックテストがとれるもの。
ストライクトレードストライクトレードは、はたけ氏がYouTube動画で利用していることで有名なバイナリーツールであり、MT4に表示させるサインツールです。
スクイーズスクイーズとは、ボリンジャーバンド使用時に見られる現象のひとつで、ボリンジャーバンドの移動平均線が幅が狭まっている状態のこと。
スキャトレふうたスキャトレふうたとは、投資歴3年以上のトレーダーでもあり、取引において必要不可欠となるインジケーターの販売も行っている。
スキャルピングトレードスキャルピングトレードとは、約30秒~5分の間で取引を行うこと。
スクリーニング機能スクリーニング機能は、株式投資で銘柄を検索するために重宝される機能である。
ストックオプションストックオプションとは、自社株をあらかじめ決められた価格で買うことができる権利のこと。
スサノオシステムスサノオシステムは、ワタルTVというYouTubeで販売されているツール。エントリーポイントが1時間に5回から10回くらい訪れるのが特徴です。
スパンモデル「スパンモデル」は、証券ディーラーである柾木利彦氏が考案したテクニカル指標で、トレンドフォロー型に分類されます。
スピード注文スピード注文とは、1回のクリックですぐに注文ができる注文方法のこと。
スリッページ「スリッページ」とは、FXで注文した指定のレートと約定されたレートにおいて発生したズレのこと。
スリースナイパースリースナイパーとは、高木信也さんが作り出したシグナルツールであり、つ上向きの矢印が表示された場合に、下向きエントリーするツールである。
ゼントレーダーゼントレーダーとは、2018年からサービスを開始した海外のバイナリーオプション業者であり、インターフェースは、ハイローオーストラリアに非常に似ており、取扱通貨ペアも非常に多くて、取引時間も充実している。
聖杯聖杯(せいはい)とは、イエスキリストの血を受けた器のことでもあり、「100%負けることの無い100%稼げる手法」から、「負けることがあるが最終的に利益は出る」というものまで、幅広い意味で利用されている言葉。
成行注文成行注文とは、注文時の対象の価格を一切指定せず、通貨ペアおよび取引の数量、注文の種類を指定することが出来る注文方法のこと。
先行スパン1先行スパン1は、一目均衡表において、基準線と転換線の中間値を26日分先に表示させたものです。
先行スパン2先行スパン2は、一目均衡表において、52日間の高値と安値の中間値を26日分先に表示させたものです。
前日高値安値ライン高値安値ラインは、決めた範囲の中で、最も高値と安値に引かれたラインのことです。
ソニックオプションバイナリーオプションの海外取引業者の1つ。30秒取引でも最低取引額が500円という金額で取引ができるのが特徴。
ゾーントレードゾーントレードとは、ラインを1本引いて待つのではなく、2本引いて、その2本のラインの間をゾーンとしてチャンスを待つバイナリー手法である。
蒼天蒼天とは、「朋」「義」「愛」の異なる3ロジックを利用しており、レンジ相場を推奨したサインツールインジケーターとなっている。
蒼天2蒼天2バイナリーサインインジケーターとは、「蒼天」と違い、「勝率フィルター」という機能が搭載されており、自分が指定した勝率以上の通貨に絞ることができるインジケーター。
損益分岐点損益分岐点とは、損失にも利益にもならないポイントのことを指す。ペイアウト倍率が関係してくる。
底打ち底打ちとは、下降を続けてきた価格が最も安値になることを指す。
3_level_zz_semafor3_level_zz_semaforは、高値と底値を1・2・3の数字で見やすく表示してくれるインジケーターである。
00秒エントリー00秒エントリーとは、0秒ちょうどのタイミングでエントリーする方法です。
1分足のローソク足チャートで、次のローソク足が出現する瞬間は0秒となり、このタイミングでエントリーを行います。
0ライン(MACDの線)MACDというインジケーターに表示されている0ラインとは、インジケーターの丁度真ん中に引かれており、トレンドの大きさを表す棒グラフがこれを境にして動く線のこと。
佐藤凛花佐藤凛花は、主にYoutubeでの動画配信、オンラインサロン(コンサルティング)、LINE@での情報発信などをメインに活動しています。

 

タ行

 

用語意味詳しい詳細
高値高音は、1本のローソク足において、最も高い価格を示す。
短期取引短期取引は、「30秒、1分、3分、5分」など、短い時間で取引すること。
タカ派タカ派とは、強硬的な政治信条を持つ人(集団)のことを指します。インフレ懸念があることを特徴とし、利上げなどに積極的な集団です。
ダマしダマシというのは、買いや売りシグナルが出た後に、逆へいってしまうこと
高値圏高値圏とは、為替のレートが、最高値に近い価格帯のこと。
単利単利とは、金融関係で使われる用語で、元金だけに対する利子のこと。
ダウ理論ダウ理論とは、チャールズ・ダウが提唱した、市場での値動きを評価するための理論である。
ダイバージェンスダイバージェンスとは、ローソク足とオシレーター系のインジケーターが逆に表わている状況のこと
タイガーシステムタイガーシステムとは、FX及びバイナリーオプションで用いることが出来るシグナルツールであり、レッドタイガーシステムとイエロータイガーシステムの2つが存在する。
タニアキラタニアキラとは、20代の頃事業に失敗して多額の借金を作った後、バイナリーオプションをはじめとする投資やインターネットビジネスに挑戦し、たった3ヶ月で借金を帳消しにした強者トレーダーです。
ダミアーニDAMIANI(ダミアーニ)」とは、「今現在の相場がトレンド相場かレンジ相場か?」を瞬時に判定出来るようになるインジケーターのこと。
ダランベール法ダランベール法は、ピラミッド法とも呼ばれており、「ジャン・ル・ロン・ダランベール」が考案した。投資ルールは、勝った時は投資金額を1増やし、負けた時は減らすという手法です。
ダブル指標移動平均線(DEMA)「ダブル指標移動平均線(DEMA)」とは、指標移動平均線を基盤としたトレンドを判定するための指標のこと。
ダボス会議ダボス会議とは、スイスのジュネーブに本拠地を置く非営利財団「世界経済フォーラム」が、毎年1月に開催する年次総会のこと。
ターボ取引ターボ取引とは、短期取引の選択(時間の選択)ができること。ハイローオーストラリアなどの取引業者で行える。
チャート(為替・FX)チャート・FXチャートとは、過去の為替レートを、価格や時間を軸としてグラフに書き表したもの。
チャネルラインチャネルラインとは、トレンドラインに並行してして引いたラインのことで、上下に平行に引かれたラインのこと。
チャンピオンゲーム法チャンピオンゲーム法とは、数列と計算を用いた手法。段階を分けて徐々に負け額を取り戻していく方法となり、「予選」と「決戦」の2つのステージを一段階とし合計2段階のゲームを行う。
地政学的リスク地政学的リスクは、特定に地域が抱えている政治的・軍事的・社会的な要因により緊張が高まることで、世界経済全体の先行きを不透明にしてしまうこと。
遅行スパン一目均衡表において、26日分の終値を過去にさかのぼって表示させたもの。
長期取引長期取引は、「15分、1時間、1日」といった、長時間に渡って取引を行うこと。
通貨ペア通貨ペアとは、売買する2つの国の通貨の組み合わせのこと。「米ドル(USD)/日本円(JPY)」というようにスラッシュで区切られる。
包み線包み線とは、2本の連続するローソク足が示すシグナルであり、「抱き線」と呼ぶ方もします。
デイトレード
ティックチャートティックチャートというのは、取引がある度にその時の取引価格を示したもの。ティックは、取引時間の最小単位のこと。
ディナポリ(Dinapoli)ディナポリが作成したバイナリーオプションにおける定型チャートのひとつです。
デモ取引でも取引とは、仮の口座を開設することができ、自分のお金を一切使わずに、実際のチャートから取引を行うことができること。
テクニカル分析テクニカル分析とは、MT4のチャートから相場の流れや、投資家心理を感じ取り、将来の値動きを予想する分析方法です。
転換線転換線は、一目均衡表において、過去9日間の高値と安値との間の値を線で示したもの。
転売転売機能は、エントリーしてから判定時刻を迎える前に、損益を確定させて、判定時刻を過ぎる前に取引を終わらせることができる機能です。
ドラゴンスキャルドラゴンスキャルとは、4つの通貨ペア専用のシグナルインジケーター。トレンド相場を得意とし、「押し目買い」、「押し目売り」を中心にシグナルがなる。
ドルインデックスドルインデックス(またはドル指数)は、米ドルそのものの価値を示すもの。例えば、「USD/JPY」や「EUD/USD」など、2つの通貨を比べた時の価値を示しています。
トレンド(相場)トレンド相場とは一定の割合で上昇または下落している相場です。 FXでは、このトレンド相場が最も勝ちやすいと言われている。
トレンド系指標
トレンドフィルターAトレンドフィルターAは、相場の状態を色で示してくれるインジケーターになります。
トレード為替変動における価格差を利用して取引を行うこと。(FXやバイナリーオプション)
トレード200海外に拠点を置くバイナリーオプションサービスを提供している会社です。
トンカチトンカチとは、陽線で上ヒゲが長く、下ヒゲがないローソク足のこと。トンカチのようなローソク足の形をしているのが特徴。
トンボトンボとは、上ヒゲがなく、下ヒゲが長くて実体のこと。横線になっているトンボのような姿からそう呼ばれている。
ドンチャンチャネルドンチャンチャネルは、リチャード・ドンチャンが開発したもので、最高値と最安値をバンドで挟んだインジケーターです。「ハイローバンド」と呼ばれることもある。
トウバトウバとは、上ヒゲが長く下ヒゲのない実体のこと。横線になっているローソク足のことから呼ばれている。
取引通貨通貨取引は、「外国為替取引」とも呼ばれ、為替レートを基に異なる2つの通貨を交換する取引のことをいう。
途中決済
取引業者バイナリーオプション取引が行える業者のこと(ex.ハイローオーストラリアなど)

 

ナ行

 

用語意味詳しい詳細
仲値トレード仲値とは、銀行が外貨に両替するときの外貨レートのこと。この特性を利用し、バイナリーオプションでエントリーをしていく手法のこと。
夏枯れ相場夏枯れ相場とは、株式や為替の取引高が低調となる状況のこと。夏は日本ではお盆、海外ではサマーバケーションにあたるので、市場への参加者が減少することから、この名前が付いた。
日経平均株価日経平均株価は、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つ。
入金入金とは、バイナリーオプション取引を行う前に、取引口座に入金をして取引を開始すること。
ナンピンナンピンを漢字で書くと「難平」と表すが、難は損失を表し、平は平均を表していると言われており、意味は損失の平均コストを下げることです。
ネクストバイナリーアカデミーネクストバイナリーアカデミーとは、絶対空間零(村上公一)が作り上げた、バイナリーオプションで勝ち続けるためのロジック教材です。
ネクストレベルネクストレベルの使い方は、通常のサインツールと同じで、サインが出たらサインが出た次足の出始めでエントリーするサインツールです。公式ページで10万円の価格帯で販売されている。
ねこぱんちねこぱんちは、エントリータイミング・ポイントをシグナル(矢印)で示してくれるサインツールのこと。
ノイズバイナリーオプションの取引画面をずっと見ていると、急に大きく動いたりすることがあるが、思わぬ急変動のことをノイズと言います。
ノックアウトオプションノックアウトオプションとは、IG証券が提供している証拠金額やリスク許容度をコントロールできる取引方法のこと。

 

ハ行

 

用語意味詳しい詳細
バイナリーオプションバイナリーオプションは、為替取引の投資方法の一つ。バイナリーオプションとは、数秒後、数分後の為替相場を予想して、当たれば投資額が1.6倍~2.4倍、外れれば0円というシンプルな投資のこと。
バイナリーオプションブレイクバイナリーオプションブレイク(binary option break)は、バイナリーオプション取引サービスを提供している海外事業所です。中でも「シェア・トレード」といった、一度のトレードで集められた投資金から、予測に失敗された投資家の投資金を、予測に成功した投資家の方々に分配してるのが特徴。
バイナリー研究所ハスキーバイナリー研究所ハスキーは、ハスキーというインターネットビジネスを開始した人物が、YouTube動画で開発したツール「FOX SYSTEM AT」などを販売するために使われてるチャンネルのこと。
バイトレ・ナビバイトレ・ナビは、値動きの大きさ(ボラティリティ)を瞬時に判定できるインジケーター。
バイナリーキング(BinaryKing)13バイナリーキング(BinaryKing)13は、イギリスのロンドンに本社を構える海外業者であり、取引のペイアウト率は固定で1.85倍、取引時間は30秒~10分までの取引しか対応していない業者です。
ハイローオーストラリアハイローオーストラリアとは、オーストラリアにある海外のバイナリーオプション業者です。日本人に対するサポートも充実しており、人気のい高いバイナリーオプション業者である。
バイナリー・ウェーブバイナリー・ウェーブとは、バイナリーでよく使われている「MACD」、「ストキャスティクス」、「ROC」、「移動平均線」といった、4つのテクニカル分析を組み合わせたもの。
バイナリーオプション・アシスタントバイナリーオプションのために制作され、「FXナビ」というFXや、バイナリーオプション業者を比較しているサイトが、無料公開したインジケーター。
ハイローLハイローLは、ハイローオーストラリアというバイナリー業者の口座で、自動売買をすることができるツール。勝率が高いポイントをシステムが発見し、あらかじめ設定された金額で自動的にエントリーできるのが特徴。
パーフェクトオーダーパーフェクトオーダーとは、短期、中期、長期の移動平均線が、決まった順番と傾きになっている状況のこと。
パーレー法パーレー法とは、利益となった金額を次の勝負に全額つぎ込むという手法のこと。
バーネット法バーネット法は、別名「1.3.2.6法」とも呼ばれている。その名の通り、エントリー金額を1倍、3倍、2倍、6倍という順で賭けていく手法です。
ハーフストップ法ハーフストップ法は、元ある資金を減らさずに、常に利益の半分を手元に残しながら勝負をしていく方法です。
ハーモニックパターンハーモニックパターンはフィボナッチ数列を、応用し発展させたものであり、数列から幾何学的な文様がチャートに作られ、其の現れた図柄からエントリタイミングを計ることができる。
ハト派ハト派とは、経済状況に対して慎重な見方をしたり、利上げ反対を行う人(集団)のことを指します。インフレに対しても、包容的であることを特徴とします。
パラボリックパラボリックは放物線という意味があり、SAR(Stop And Reverse)と呼ばれる数値を利用して、チャート上に放物線のように表示されるインジケーターです。
パラボリックSARパラボリックSARとは、上昇する強さと下降する強さの値動きは、次第に弱くなっていき、いずれ転換点を迎えるということから作られたテクニカル指標です。
パラメーターインジケーターを利用する際に設定できる値のこと。値を変えることで、インジケーターの設定を変えることができる。
バランスシート縮小バランスシート縮小とは、FRB(アメリカ中央銀行)が持参している資産の量を減らすことであり、国債を買うのを減らすということ。
バンドウォークバンドウォークとは、ボリンジャーバンドの±2.±3に沿ってローソク足が移動することを表してる。
バックテストバックテストとは、「自分のノウハウやロジックが過去◯年間でどれくらいの勝率があるのか?」を過去の相場を使って検証するもの。
はらみ線はらみ線とは、「2本の連続するローソク足の状態が、お腹の中に赤ちゃんがいる妊婦さんのように見えること」から付けられたとも言われているローソク足のシグナルです。
ぱっと見テクニカルぱっと見テクニカルとは、FXプライム byGMO社が提供する、未来予想系ツールです。
覇王シグナルツール覇王とは、戸村大輝さんが開発したシグナルツールのことであり、チャート上にシグナル(矢印)が表示され、表示された次の足でエントリーをするための材料の示したツール。
始値始値とは、1本のローソク足出現の最初についた価格のこと。
判定時刻判定時刻とは、取引が満期になる時刻のこと。判定時刻は、オプションごとに設定されており、取引をする前に選択できる。
半値戻し半値戻しとは、「下がっていた価格が下げ幅の半分くらい戻る(上昇する)」こと。
半値押し半値押しとは、「上がっていた価格が上げ幅の半分くらい戻る(下降する)」こと。
反転相場の値動きが逆向きに動き出すこと。
標準偏差ボラティリティボラティリティとは、「価格変動の大きさ」を示しており、標準偏差ボラティリティとは、海外ファンドの運用に携わっている「石原順氏」が教えてくれる手法のこと。
ひまわり証券ひまわり証券とは、FX及び株の業者のひとつであり、「ループ・イフダン」という注文方法と、さきどりテクニカルという今後の値動きを予測することができるツールが利用できる業者です。
ピンバーピンバーとは、ローソク足のヒゲが長く、実体部分が極端に短い状態を言う。
ピボットポイント先日の高値、安値、終値から基本となる軸のピポットのラインを算出し、それを中心に上下3本のラインを設定し、このピポットを中心に形成された7本のラインがピボットポイントとなる。
響 (サインツール)響というツールは、1分足と5分足に対応したツールで、もちろんのことマーチン無しです。また、シグナルでポイントを表示してくれるため、取引がとても簡単である。
ファイブスターズマーケッツファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS)は、為替、株、商品、株価指数などの金融マーケット商品を、簡単で公正に取り扱うことが出来る革新的なオンラインプラットフォームを提供しているトレーディングプロバイダー。
ファンカジノ法ファンカジノ法とは、実際にカジノなどで活用される賭け方の手法のこと。
フィルター「フィルター」とは、「普段の取引よりもエントリー根拠を増やす」、
「エントリーを制限する」ということ。
フラッグ
フラクタル(Fractals)フラクタルは、インジケーターの開発で有名な「ビル・ウィリアムズ氏」が、トレンドの変換点を確認するために作成したもの。
フラクタルアダプティブ移動平均線(FAMA)トレンドの強弱が一目で分かるインジケーターです。通常の移動平均線よりもダマしが少なく、トレンドがない時は真っ直ぐな水平になるのが特徴。
ファンダメンタルズ分析ファンダメンタルズ分析とは、為替相場の動向を経済の基礎的要因から分析のこと。
プットオプション
フィボナッチフィボナッチは、イタリアの数学者「レオナル=フィボナッチ」という方の名前から来ている言葉で、フィボナッチ比率に基づいて、価格の動きを予測することができる分析手法のこと。
フィボナッチエクスパンションフィボナッチエクスパンションとは、トレンドの発生によって拡張するローソク足が、フィボナッチ比率からどこまで行くのか?予想するツールのこと。
フィボナッチトレースメントフィボナッチトレースメントとは、相場のローソク足が反発する線を判定するために利用できるインジケーター。
プライスアクションプライスアクションとは、値動きのことを意味する。「プライス」は「価格」を指しており、「アクション」は「動き」を指している。
ブラックショールズモデルブラックショールズモデルは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが1973年に発表した、オプション価格算出のための式です。
ブレイクスルーブレイクスルーとは、10分という短い時間でボタンを押すだけで、月に100万円以上を稼げるという投資の手法である。
フォロートレードフォロートレード(ソーシャルトレード)は、オプションビットが厳選したトレーダーを利用者が選び、その方に自分の資金を自動でお任せするという機能です。
フォワードテスト「フォワードテスト」とは、自動売買ツールの実用性を測定するバックテストを行った後、勝率を今よりも良いものにするためにツールのパラメータを一番適したものにするもののこと。
フォーメーション分析フォーメーション分析とは、チャートがある特定の形状になったらその後のチャートの動きを予想できるもの
フォックスシステム(FOX SYSTEM)バイナリーのフォックスシステムは、自動売買システムではなく、チャンスの時に、アロー(矢印)を出してくれるシグナルツールです。相場に合わせて、ロジックを変更することができます。
風神システム「風神システム」とは、エントリーポイントの探索からエントリーまで全て全自動でしてくれるシステムのこと。
不連続線(窓)不連続線(窓)とは、あるローソク足と次のローソク足の間に隙間ができている現象のこと。
複利複利とは、金融関係で使われる用語で、利子にも利子がつくこと。
ペナントペナントとは、二等辺三角形が横になった状態で、よくお土産物屋さんで売られている旗の形に似た状態に、複数のローソク足がなること。
ペイアウト率ペイアウト率とは、投資した金額に対して、勝った時にいくら戻るのかをパーセンテージで表示したもの。
平滑移動平均線指数平滑移動平均線とは、単純移動平均線よりも直近の価格に比重を置き、「MACD」のもとになった移動平均線です。
平均足ローソク足の4本値の平均値で実体を作っている」のが平均足です。
平均足スムーズド平均足スムーズドとは、平均足の移動平均化を行い、それを滑らかに表示させたインジケーターです。
ポジポジ病「ポジポジ病」とは、バイナリーオプションの取引画面を見ていると、分析もせずに思わずポジションを取ってしまうことです。
ボラティリティボラティリティとは、為替相場における価格変動の変動幅の大きさを示す「変動率」のこと。
ボリンジャーバンドボリンジャーバンドは、移動平均の値を表す線の上下に、値動きの幅を表示させる指標です。
ボリ平「ボリ平」とは、現役のバイナリーオプショントレーダーで、「ボリ平ドラゴン式」というトレード手法を編み出し、半年で5万円を3000万円にした実績もある、非常に注目されたトレーダー。
ボリ平ドラゴンボリ平ドラゴンとは、ボリンジャーバンドと平均足と「一目均衡表」の「遅行スパン」を組み合わせたテクニカル分析のこと。
ボリューム系インジケーターボリューム系のインジケーターはティック数で表わされており、価格が変動した回数から表している数値で為替で言う出来高(つまり「ボリューム」)を表したインジケーターのこと。

 

マ行

 

用語意味詳しい詳細
マイナス金利(政策)マイナス金利政策とは、民間の銀行が日本銀行に預金をしている場合の当座預金の一部に設けられる金利のこと。お金が世の中に出回るようになり、経済の活性化を図るという政策になる。
マーチンゲール法マーチンゲール法とは、勝つまで利益がでる掛け金まで増やしながら勝負する方法です。
マウントレンジ手法「マウントレンジ手法」とは、その名の通り、レンジで使う逆張りの手法です。
マフタ「マタフ」とは、通貨の強弱を知るためのインジケーターである。
マーチンなしマーチンなしとは、その名の通り、取引を行う際マーチンを行わずに、1度のみのエントリーで取引をすること。
マネーメイドオンラインサロンマネーメイドオンラインサロンとは、最高76連勝を出すことが出来たバイナリーオプションのシグナル配信のモニターを募集している企画だが、ツール自体は有料である。
経済指標発表や要人発言、また月曜日などはローソク足が乖離することが多いのですが、こうしたローソク足の乖離を「窓」と呼ぶ。
窓埋め窓埋めは、ローソク足チャートにおいて、「窓」と呼ばれるギャップ(隙間)が出現した後に、相場が反転してその窓を埋めるような動きを見せること。
魔夜スペシャル魔夜スペシャルは、1分、3分、5分取引をメインとしたインジケーターです。
みんなのオプションジャスダック市場に上場しているトレイダーズホールディングスの完全子会社である、トレイダース証券株式会社が運営しているバイナリーオプションのブランド名です。
ミリオネアバイナリーミリオネアバイナリーは、開発者の「松井隼人さん」が、バイナリーオプションで稼ぎたいという人に向けて、自分の知識や経験をブログや動画で公開しているサイト。
モメンタムモメンタムとは、「勢い・運動量」を意味し、相場の勢いを示してくれるオシレーター系指標です。
モンテカルロ法モンテカルロ法とは、乱数を用いて、数値の計算を行い、値を求める手法です。
戻り売り戻り売りとは、株式相場において、下げ相場の中での一時的な上昇の中で売りポジションをとること。

 

ヤ行

 

概要意味詳しい詳細
安値安値とは、1本のローソク足における、最も低い価格の値
安値圏安値圏とは、為替のレートが、最安値に近い価格帯のこと。
ゆっくり解説動画ゆっくり解説動画とは、YouTubeチャンネル登録数2.34万人(2019年10月調べ)と、多くのファンがいるYouTube動画です。
ようせいさんようせいさんとは、GogoJungleで発売されているサインツールであり、使い方は「Ready」サインが出た状態のまま、「Entry」サインが出た時点で、エントリーするツールである。

 

ラ行

 

用語意味詳しい詳細
ライブ配信YouTubeなどのような、動画プラットフォームにおいて、取引方法を解説したり、実際にリアルタイムで取引すること。
ライトトランスレーションサイクルのスタートである底よりも、高い位置でサイクルが終わる状態のこと。(右上がりから買いが強くなると判断できる)
ライン(水平線)チャート上に引かれた水平の線のこと。
ラインフォロー手法「ラインフォロー手法」は、トレンドで使う順張りの手法になります。
ラダー取引ラダー取引とは、複数あるレートから一つの予想価格を選び、その価格よりも決められた終了時刻の価格が上がるか、下がるかを予測する取引方法です。
楽天証券楽天証券とは、楽天に関連した証券会社のことであり、NISA(つみたてNISA)や投資信託、国内の株式、投信積立、FX、楽ラップ、海外株式など様々なトレーディング方式があります。
リアルフォワードテストリアルフォワードテストとは、先の未来に対しても有効であるかどうかを測るために売買のシグナル等を確認するもの。
リターンムーブリターンムーブとは、レジスタンスライン、サポートラインを超えてトレンドが変わるとなりそう、でもまたそのラインにレートが戻ってくる動きのこと。
リパトリエーションリパトリエーションとは、「本国送還」という意味だが、金融関係などでは企業などが、海外に保有している資産を本国に環流させること。
リバーサルフォーメーションリバーサルフォーメーションとは、トレンドが反転するという予測が立てられるフォーメーションのこと。
リーブル(Libre)リーブル(Libre)は、松岡沙耶が独自で開発したツールであり、MT4に8個ウインドウを表示し7つのチャートと1個の経済指標を表示させ、自動売買サインを出すもの。
利下げ利下げとは、利上げとは反対に、政策金利を下げることを指します。
利上げ利上げとは、米国の中央銀行(FRB)が政策金利を上げることです。
両建て取引両建て取引をバイナリーオプションで行う場合、「high」と「low」をどちらも選択する手法のこと。
レジスタンスラインレジスタンスラインとは、高値で引いた水平線のこと。
レバレッジレバレッジとは、投資に自己資本を元本として資金調達を行い、取引額を自己資金以上に引き上げること。
レフトトランスレーションサイクルのスタートである底よりも、低い位置でサイクルが終わる状態のこと。(右下がりから売りが強くなると判断できる)
レンジ相場レンジ相場とは、ローソク足が狭い幅で行ったり来たりしている方向性のない状態のこと。
レート(為替レート)為替レートとは、外国為替市場において異なる通貨が交換(売買)される際の交換比率です。
レートチェックレートチェックとは、日銀が国内にある銀行に電話などを通して「今の為替水準はいくらか?」とたずねること。
レッドシステム(RED SYSTEM)レッドシステム(RED SYSTEM)は、だいぶ昔に販売されていたサインツールで、推奨される取引時間は、1分、3分、5分取引となっており、逆張りのタイミングでサインが表示される。
レンジブレイクレンジブレイクとは、レンジ相場の高値(レジスタンスライン)や、安値(サポートライン)で反発せずに突き抜けること。(ブレイクアウトとも言う。)
レンジオプションレンジオプションとは、目標のレートの幅に収まるかどうかを予測するという取引のこと。
連続線連続線は、あるローソク足と次のローソク足が重なっている現象のこと。
ローソク足ローソク足とは、一定期間の相場の4本値(始値、高値、安値、終値)を用いて一本の棒状の足を生成したもの。
ローソク足を並べていくことで、相場の状態や流れを一目でわかるようにしたチャートをローソク足チャートという。
ロングレンジ
ロンドンフィックスロンドンフィックスとは、ロンドン市場において、その日の対顧客向けの基準レートを決める時間である。
ロールリバーサルロールリバーサルとは、反発ラインであるレジスタンスラインがサポートラインに転換すること。
ロールオーバーバイナリーオプションにおけるロールオーバーとは、取引の終了時間を延ばせる機能となります。

 

ワ行

 

用語意味詳しい詳細
ワンタッチ
ワンスコープワンスコープとは、「平均勝率75%」と謳われてるサインツールです。価格は148,000円で、PC専用のツールです。

 

アルファベット順

 

A

 

用語意味詳しい詳細
AFstarAFStarインジケーターとは、HIGHLOWサインを上下の矢印で表示してくれるもの。
Absol7Absol7とは、ハイローオーストラリアの自動売買ツールのこと。
ATRATRとは、「出来高が多いか少ないか」を線で示すインジケーターです。
AMA(適応型移動平均線)AMAとは、Perry Kaufman氏により開発されたインジケーターであり、この指標は「ノイズの影響を受けにくい移動平均線」という特徴がある。
ADXADXは、「平均方向性指数」という意味で、トレンドの強弱を判断することができるインジケーターです。
ADXワイルダーADXワイルダーとは、トレンドの方向や強さを見極めることが出来るインティケーターのこと。
AgimatAgimatとは、日本国外でメジャーとされているバイナリーオプションのツールであり、エントリー方向を示してくれる矢印やトレンドの向きを教えてくれる「Regression」、「タイマー」などが搭載されている。
AI人工知能型 Binary systemAI人工知能型 Binary systemは、MT4に二つのAI人工知能型インジケーターをセットアップし、インジケーターの指示に従いエントリーするシステムです。その2つというのは、「AIトレンドチェッカー」と「AIシグナルツール」です。
AMT(AutoMultiTrader)AMT(AutoMultiTrader)とは、シグナルアラートが鳴るインジケーターを利用し、自動売買を行ってくれるソフトである。
AKバイナリーツールAKバイナリーツールは、トレンドの勢いを読み、その中で起きる押し目を利用したサインツールです。推奨されている取引時間は3分です。
Awesome Oscillator(オーサムオシレーター)Awesome Oscillatorは、トレンドの強弱や反転を確認することができる、ビルウィリアムズ系のインジケーターで、オシレーター系に分類することができる。
Alligator(アリゲーター)Alligator (アリゲーター) は、ビル・ウィリアムスさんによって作られたインジケーターで、平滑移動平均線SMMA の3本のラインで構成されている。
Amanda(アマンダ)Amanda(アマンダ)は、ボリンジャーバンドとRSIを利用してエントリーポイントを通知していくれるツールである。
arrowsandcurvesarrowsandcurvesは、ローソク足の上下に表示されるボリンジャーバンドのようなラインと、矢印によりエントリーポイントのサインを出してくれるインジケーターです。
AsctrendAsctrendバイナリーインジケーターとは、トレンドの方向性を掴むために使用するインジケーターです。
AとVのサイクルAとVのサイクルは、相場の形を「A]と「V」の形に当てはめ、相場の勢いを把握する理論です。
Axisバイナリーシグナルツール音や矢印、丸や二重丸を出してエントリーのタイミングとポイントを表示してくれるツールのこと。
AUTOMATORAUTOMATORは、ハイローオーストラリアにおいて自分が持っているサインツールを、簡単に自動エントリーしてくれるツール。

 

B

 

用語意味詳しい詳細
bitwallet(ビットウォレット)bitwallet(ビットウォレット)は、国際的カードブランドのセキュリティ統一基準である「PCI DSS1」に準拠した、高度なセキュリティーを備えたオンラインウォレットです。
BBand Width Ratio「BBand Width Ratio」とは、有名なインジケーターであるボリンジャーバンドを1本のラインで表したもの。日本語に直訳すると「ボリンジャーバンド幅の比率」となり、つまりは、ボリンジャーバンドの標準偏差の幅を、1本のラインで表示したインジケーターということです。
BullsPower(ブルパワー)Bullsとは買いPowerは力を表していることから、買いの力を表示してくれるインジケーターです。
BearsPower(ベアパワー)BullsPowerとは逆に、売りの力を示してくれているインジケーターです。
Binary ComodoインジケーターBinary Comodoインジケーターとは、バイナリー取引において、非常に利用のしやすいサインツールであり、指数移動平均線200、指数移動平均線5、RSI12の指標に基づいてシステムが構築されている。
binary_reaperbinary_reaperとは、無料で利用できるサインツールですが、どのような時にサインが出るなど、詳しいことが分からないインジケーターです。
BinOptToolBinOptToolとは、自分が今使っているインジケーターのパラメーターを最適化し、勝率やエントリーの回数を上げてくれるツールのこと。

 

C

 

用語意味詳しい詳細
CCICCIは、日本語に訳すと「商品チャネル指数」と呼ばれ、その名の通り、商品市場向けに作られた指標です。
Chaikin Oscillator(チャイキンオシレーター)Chaikin Oscillatorとは、ボリューム系インジケーターの「Accumulation/Distribution」を利用し、売られ過ぎ買われ過ぎを判断するオシレーターです。
ChangeAllSymbolChangeAllSymbolは、通貨ペアをワンクリックで切り替えることのできるインジケーター。
CRYインジケーターCRYインジケーターとは、アラートやポップアップ機能が付いているバイナリーオプションの短期取引専用のインジケーターで、1分取引や5分取引をメインに使うことができます。
CustomCandle6CustomCandle6は、チャート上に別の時間足を重ねて表示することができ、今表示されているローソク足チャートよりも長い時間のチャートが、どのような形成になっているかを確認することができるインジケーターである。

 

D

 

用語意味詳しい詳細
DMIDMIは、和訳すると「方向性指数」という意味になり、トレンドの方向を計るインジケーターです。
DAMIANI(ダミアーニ)DAMIANI(ダミアーニ)とは、「今現在の相場がトレンド相場かレンジ相場か?」を瞬時に判定出来るようになるインジケーターのこと。
DeMarker(デマーカー)DeMarkerとは、買われすぎ、売られすぎをグラフ一目で判断することができるオシレーター系のテクニカル指標です。
Duel Binary(デュエルバイナリー)Duel Binary(デュエルバイナリー)は、3つの独自開発されたインジケーターを使い、エントリータイミングを計るツールである。

 

E

 

用語意味詳しい詳細
E波動N波動の3波が伸びた状態を「E波動」といい、N波動は1波と3波は基本同じ長さで推進するが、E波動は3波がN波動よりも伸びる。
EMAEMAとは、3種類ある移動平均線のうちの1つであり、早く動くその分、ダマしが多くなるという特徴を持っている線です。
EA(自動売買ツール)EA(自動売買ツール)とは、自動的に「売り」と「買い」の投資判断を行い、取引をしてくれるツールのこと。

 

F

 

用語意味詳しい詳細
FXFXとは外国為替証拠金取引のことで、外貨預金と同じように外貨に投資する商品です。
FXTradingManagerFXTradingManagerは、主に「記事一覧」「損益カレンダー」「取引記録」「統計」「グラフ」の5つの機能があり、資金管理を便利にしてくれるアプリである。
FOMCFOMCとは、日本語で「連邦公開市場委員会」と訳され、アメリカ合衆国の金融政策のひとつである公開市場操作の方針を決定する委員会のこと。
Force Index(勢力指数)Force Indexは、「アレキサンダー・エルダー氏」が開発したオシレーター系のインジケーターで、買いの勢力と売りの勢力の強さを図ることができる。

Free Scalping IndicatorFree Scalping Indicatorは、スキャルピングで力を発揮し、MT4(メタトレーダー)で表示させて利用するインジケーターです。
Futuro fxFuturo fxとは、MT4に設定すれば、過去のチャート内容から、どのようなチャート形成になるかを予想して表示してくれるインジケーター。
Future VolumeFuture Volumeインジケーターとは、直訳すると「将来のボリューム」という意味になり、ローソクのボリュームを使用して、買われ過ぎと売られ過ぎのポイントを色で表示してくれるサインツールとなっている。
FTGSバイナリーMT4などの無料で使えるインジケーターではなく、有料オプションとなっており、移動平均線、パラボリックSAR、フラクタル、平均足をベースにしているインジケーターである。

 

G

 

用語意味詳しい詳細
GMOクリック証券GMOクリック証券は、日本国内のインターネット証券会社です。スマホアプリの使い勝手も良く、利用者の利便性は非常に高いです。
GMMAインジケーターGMMAインジケーターは、相場のトレンド状況や、その強弱を判断するために利用するインジケーターです。
GhaniFx_Auto Trend Lines「GhaniFx_Auto Trend Lines」は自動でトレンドラインを引くことができ、高値や安値の3点を結べば、自動的にトレンドラインを太く表示することができる。
Grid BuilderGrid Builderとは、MT4で表示できるチャートのグリッド間隔を設定できるインジケーターです。

 

H

 

用語意味詳しい詳細
HLバンド(ハイローバンド)HLバンドとは、ドンチャンの4週ルールを基礎にしチャートで見れるようにしたテクニカル指標です。
HighLowキングダムHighLowキングダムとは、バイナリーオプションのプロジェクトのこと。
HighLow EX TradeHighLow EX Tradeは、CSDが販売される高額サインツールとなっており、取引通貨ペアは「全通通貨」に対応しており、対応時間も「すべてのローソク足時間」に対応している。
HTKプレミアムツールHTKプレミアムツールとは、ツールを導入することによって、表示されるサインに従ってエントリーをするだけで、勝率90%を出すことが出来るというサインツールのこと。
Hawk AIアイの部分が「AI」となっているHawk AIは、文字通りAIを搭載したサインツールです。ラインに通知が来たらMT4によりチャートをチェックしてください。
Hawk eyeHawk eyeは、自称Facebookの女王と言われている「小平つかさ氏」が販売しているツールです。利用方法は、エンジェルチャイム音がなったらあるサイトのある場所をクリックするとのこと。
Hooded Trader IndicatorHooded Trader Indicatorは、トレンドレベルを決定するのにDAX平均の勾配を利用できるインジケーターです。
HullMovingAverage(HMA)HullMovingAverage(HMA)とは、アランハル(Alan Hull)という方が2005年に開発したインジケーダーであり、移動平均線の弱点を補う目的としている。

 

I

 

用語意味詳しい詳細
i-Regrインジケーターi-Regrインジケーターとは、MT4にて逆張り用に作られたインジケーターの1つであり、形は非常にボリンジャーバンドに似ていますが、i-Regrは中心線に回帰直線を使う。
i-Sessionsi-Sessionsとは、世界三大市場と呼ばれている「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」「東京市場」のオープン時間を色分けして見やすくするインジケーターです。
ICMKシステム「ICMKシステム」というツールは、「サインが出る前にでる位置を予測出来る」ということが大きな特徴であり、対応時間足は、「5分足」と「15分足」とされている。
IFCグループIFCグループとは、バイナリーオプションやFXをはじめ、さまざまな投資を扱い、情報を発信しているグループです。会員数は2500人を超えている。
IG証券IG証券は、日本で初めてのバイナリーオプションを提供された業者として有名であり、取引できる銘柄も23銘柄となっている業者。
IMG Bainary toolIMG Bainary toolとは、短期売買を得意とした、順張りのノウハウを使ったバイナリーツール。
InfiniteStrike(インスト)InfiniteStrike(インスト)とは、エントリーのタイミングを、音と矢印
、アラートポップアップ、メールといった、3つの方法で知らせてくれるサインツールです。

 

J

 

K

 

用語意味詳しい概要
Kizuna~絆~Kizuna~絆~とは、有料のバイナリー配信グループであり、無料期間2週間、継続する場合は月額1万円する。
KENOX Binary IndicatorKENOX Binary Indicatorとは、矢印でエントリー方向及びエントリーポイントを表示してくれる無料のシグナルツールです。

 

L

 

用語意味詳しい詳細
LINEBANK(ラインバンク)松岡沙耶氏が仕掛けるこの「LINEBANK」とは、FXでのバイナリーオプションの取引タイミングをAIで教えてくれる商品です。
Libreリーブル(Libre)は、松岡沙耶が独自で開発したツールであり、MT4に8個ウインドウを表示し7つのチャートと1個の経済指標を表示させ、自動売買サインを出すもの。
LION BO(オプション取引)LION BOオプション取引とは、ハイローオーストラリアのハイロー15分取引同様にある一定の期間で購入することができ、ヒロセ通商では、残り2分で購入できなくなります。
Logic α「Logic α」というツールは、シグナルに従ってエントリーを行い、対応時間足は5分取引のみとされ、逆張りを用いてシグナルを表示してくれる。
Logic α 2Logicα2とは、売買するポイントをシグナルで表示してくれるシグナルツールであり、バンドウォークを監視する機能が導入されたツールである。

 

M

 

用語意味詳しい詳細
MACDMACDはオシレーター系は、買われ過ぎや売られ過ぎといった情報を教えてくれるインジケーターです。「ゼロライン」「シグナルライン」「MACDライン」の3つから構成されており、シグナルラインとヒストグラムの交わりを利用して、エントリーポイントを確認することができる。
MMCグループMMCグループは、最近まではラインでエントリーポイントを配信してくれる無料配信グループでしたが、ここ何ヶ月前から配信がストップしている。
MoneyCreationMoneyCreationのバイナリー配信は、エントリーポイントをラインやテレグラムで教えてくれ、その通りエントリーするだけでいい、バイナリー配信グループです。
MT4MT4とは、世界で最も有名で高性能を持っている為替取引のフリーソフトであり、ロシアの企業が開発したものになっている。
MTFフラクタルMTFフラクタルは、ローソク足が反発した箇所にラインを引いてくれ、MT4のどの時間帯でも設置が可能となっているインジケーターです。
MTF分析MTF分析とは様々な時間足を見て、各時間足においてチャートを分析していく方法です。簡潔にいうと、上位足⇒下位足の順に相場分析していく方法。
MFIMFIとは、マネーフローインデックスインジケーターの略で、買いや売りの圧力を測るのに利用するインジケーターです。

 

N

 

O

 

用語意味詳しい詳細
OBV(オンバランスボリューム)OBVとは、取引数量やレートの勢いを判断するトレンド系のインディケーターのこと。
oka_matrend 104mailoka_matrend 104mailは、MT4に表示している時間足チャートよりも、上位足でパーフェクトオーダーが発生しているかをそのままのチャート上で確認できるインジケーターです。

 

P

 

用語意味詳しい詳細
PPTツールPPTツールとは、バイナリーオプションの攻略ツールであり、比較的値動きが大きい「トレンド相場」に対応している。

 

Q

 

用語意味詳しい詳細
QQEインジケーターQQEとは、「定量定性評価」という意味があり、役割自体はRSIと似ており、買われ過ぎ売られ過ぎを表すインジケーターです。

 

R

 

用語意味詳しい詳細
rain10rain10さんは、主にバイナリーオプションのシグナルツールを「coconala」で販売している方です。
RD-ComboRD-Comboは、ヒストグラムとラインからなるインジケーターであり、オシレーター系インジケーターなので、相場の現在の状態が買われ過ぎか売られ過ぎかを判断することができる。
RemainingTimeRemainingTimeとは、残り時間をMT4のチャート上に、カウントダウンで表示してくれるインジケーターである。
Regression「Regression」とは、日本語で「回帰」という意味であり、線型回帰トレンドになります。ボリンジャーバンドのように、5本のラインで形成されているインジケーターです。
RSIRSIとは、オシレーター系のインジケーターであり、売られ過ぎの状態や買われ過ぎの状態を表しているインジケーターです。
RCIRCIは”時間の順位”と”価格の順位”の相関性を測っているもの。

RVIRVIとは、「価格変動が拡大しているのか?縮小しているのか?」を示してくれるインジケーター。RVIラインとシグナルラインの二つのラインを使用し、ゼロラインを中心に相場の状況を判断していく。
RESCUE(レスキュー)RESCUE(レスキュー)とは、加藤エルが提供している人工知能搭載型の、エントリーポイントになると自動でサインを出してくれるツールです。
ROCROCは「レート・オブ・チェンジ」の略で、日本語で言いますと、変化率(変化割合)となり、相場が現在、強気なのか?、弱気なのか?、あるいはボックス相場なのか?を判断出来ます。
RoundNr(ラウンドナンバー)RoundNr(ラウンドナンバー)は、キリ番を自動でMT4に表示してくれるインジケーターです。
ROYAL KINGバイナリーROYAL KINGバイナリーとは、有料のバイナリー配信グループであり、無料期間2週間、継続する場合は月額2万円する。
RSIボリンジャーバンドRSIボリンジャーバンドは、標準偏差を使って相場の状況を判断することができるトレンド系のインジケーターと、相場のレートが買われ過ぎか売られ過ぎかを判断できるオシレーター系のインジケーターを組み合わせたもの。

 

S

 

用語意味詳しい詳細
SatanSatanとは、バイナリーオプション取引に用いるシグナルツールのこと。Absol7と組み合わせることによって、自動売買とさせることが可能となる。
SARIのバイナリー教室SARI(小田川さり)がブログやYouTubeを使って、バイナリーのレクチャーをしているもの。
SaneFxBinarySaneFxBinaryは、5分足や15分足の短期足で、効果的なエントリーポイントのサインを表すインジケーターです。
StdDevStdDevとは「標準偏差」のことであり、過去のボラティリティを元に計算を行っている。
SBAサインツール勝率90%以上を期待できるという内容で販売を行っており、相場転換点の予想を行うことにより期待できるエントリーポイントの見極めをしてくれるツール。
schaff trend cycleschaff trend cycleとは、トレンドの強さを線の角度から判断できるMACDをストキャスティクスのようにしたインジケーターのこと。
SergeyGukachSergeyGukachは、超短期売買用のインジケーターとなり、反発しやすいポイントで青と赤のシグナルが表示される。
SHI Channel FastSHI Channel Fastとは、自動でチャネルライン(アウトライン)を引いてくれるインジケーターのこと。
Sixty Second TradesSixty Second Tradesとは、60秒取引に利用できる無料のインジケーターです。
SOLID(ソリッド)SOLID(ソリッド)は、ボリンジャーバンド、RSI、CCI、ウィリアムズ%が用意されており、一般的なツールとは異なり、ロジックを自分のオリジナルのものに変更できるツールになります。
SOL配信グループSOL配信グループとは、バイナリーオプションの配信グループのひとつであり、主に配信は朝から夜まで長期的に行い、確実に取れるポイントだけアナウンスする形となっている。
Super trendSuper trend(スーパートレンド)は、トレンド系のインジケーターで一目で相場の状況が分かるということから、使用されている投資家も多いインジケーターです。
SuperSignals(スーパーシグナル)SuperSignals(スーパーシグナル)とは、赤と緑の矢印でエントリーポイントとエントリータイミングを示してくれる矢印(シグナル)系インジケーターのこと。

 

T

 

用語意味詳しい詳細
TDシーケンシャルこのTDシーケンシャルは、トレンド時に活用することができ、トレンドが発生すると数字が出てきる。
TDIインジケーターTDIインジケーターは、有名なRSIをベースにFXで言われる、決済や損切のポイントを表示していくれる優秀なインジケーターである。
TMシグナルインジケーターTMシグナルインジケーターとは、チャート上にシグナル(矢印)を表示させて、エントリーポイントを示してくれるサインツールのこと。
TradeChannelTradeChannelとは、一定期間中の直近の高値と直近の安値、高値と安値をもとにしたラインと、フィボナッチ・ファンを自動に計算し、表示してくれるインジケーターです。
Trend ScalpインジケーターTrend Scalpインジケーターとは、チャート上に赤と青色のドットを表示させ、エントリーの材料として用いることが出来るインジケーターのこと。
Treasure AI HunterTreasure AI Hunterサインツールは、AI(人口知能)が搭載されているサインツールになり、AIが自ら学習して、相場を分析して制度の高いサインを出してくれる。
TRIXインジケーターTRIXは、オシレーター系のインジケーターであり、売られ過ぎ買われ過ぎを判断する時に使用されたり、相場の方向性や転換位置を見分ける時にも使用できる。

TYTNSTYTNSとは、バイナリーオプション取引で活用できるシグナルツールのことであり、機能として、「アラート機能」や、「カウントダウン機能」、「勝率の表示」などがあります。
TYストラテジーTYストラテジーは、3分バイナリーで高勝率を上げているロジックと言われているシグナルツール。

 

U

 

用語意味詳しい詳細
Ultimate Trend SignalsUltimate Trend Signalsインジケーターは、エントリー方向を示し、時間足ごとの動き方やトレンドの強弱を表示してくれるシグナルツールである。
UOPインジケーターUOPバイナリーオプションインジケーターは、アメリカコロラド州のイボンヌアンダーソンさんという方が作ったインジケーターで、主に逆張りに特化したオシレーター系のインジケーターです。
Urban TowersUrban Towersとは、無料でMT4及びMT5にダウンロードできるシグナルツールのことであり、6つの移動平均線が自動的に引かれるもの。

 

V

 

用語意味詳しい詳細
VWAPVWAPは、移動平均線やボリンジャーバンドなどと比べるとかなりマイナーで、VWAPの計算方法は「累積売買価格÷累積出来高」です。
VOP(ブイオプ)VOP(ブイオプ)とは、バイナリーオプション業者のうちの1つであり、短期売買では、最短30秒~最長300秒まで幅広い取引が可能です。
VIDYA(可変インデックス動的平均)VIDYAとは主に、価格変動を重視した移動平均線のこと。ボリンジャーバンドや移動平均線、出来高の利点を兼ね備えた移動平均線のようなもの。
VLDMIインジケーターVLDMIとは、オシレーター系のインジケーターであり、「ボラティリティ」によって、期間が変動するようになっている。

 

W

 

X

 

用語意味詳しい詳細
xMeter MTFインジケーターxMeter MTFインジケーターは、簡単にいうと、通貨の強弱が一目でわかるインジケーターです。
xtreme_binary_robot_editionxtreme_binary_robot_editionというツールは、色のついたドットでエントリーする方向(勝ちやすいポイント)を示してくれるシグナルツールの1つ。

 

Y

 

Z

 

用語意味詳しい詳細
ZigZag(ジグザグ)ZigZagは、MT4などに最初から搭載されているインジケーターで、ローソク足をチャート上で高値と安値を一本の線で結んだもの。
ZigZagTriad mtfZigZagTriad mtfとは、一定期間のレジスタンスライン、サポートラインを自動で引いてくれるインジケーターです。