平均足とは何か?ハイローオーストラリアで平均足を利用した攻略法を解説!相性のいいインジケーターは?

 

どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションを始めたばかりの方は、「どのチャートを使えばいいのか?」、「どのインジケーターを使えばいいのか?」決まっていないかと思います。

 

中でも重要なのは「足」です。最も主流なのがローソク足ですが、個人投資家の中でよく使われているのが平均足(またはコマ足)と呼ばれる足です。

 

この記事では「平均足とは何か?」「平均足を使ったハイローオーストラリア攻略法」「平均足と相性がいいインジケーター」をまとめました。

 

平均足についてよくわからない、これから平均足を活用してみたいと考えている方は是非参考にしてください。

 

平均足の概要と特徴について!ローソク足との違いとは?

 

まずは、平均足とは何かということを説明します。

平均足を理解するためには、まずローソク足の仕組みについて知っておく必要があります。

 

ローソク足の仕組み

ローソク足というのは高値安値始値終値の4つの値で構成されています。始値はその名の通り「そのローソク足がスタートした値」のことを指します。高値と安値はそのローソク足の最高値と最安値を指します。最後に終値はそのローソク足が終わった時の値を指します。

このように4つの値を1本で見ることができるため、ローソク足は投資家の間では非常によく使われています。

 

では続いて本題の平均足について説明します。

 

平均足の概要

平均足の見た目はローソク足と変わりません。

しかし、始値や終値の定義がローソク足よりも少し複雑になっています。平均足の始値は「1本前の始値と終値の平均値」です。そして終値が「現在の4本値の平均値」です。

このように説明するとわかりにくいかもしれないですが、簡単に言うと「ローソク足の4本値の平均値で実体を作っている」のが平均足です。

※ただし高値と安値は通常のローソク足と同じです。実体とひげが同時に動くという特徴もあります。

 

実際に平均足を使ってみるとわかるのですが、ローソク足ほど陽線・陰線が入り混じっていないです。

 

上がっている時は連続して陽線、逆に下がっている時は連続して陰線ということがとても多いです。

 

 

なので、平均足は「トレンドを読む」時にとても力を発揮する足となります。

 

逆に値動きが小さかったりレンジ相場などでは、あまり力を発揮できません。

 

平均足と相性のいいインジケーターはあるのか?

 

続いては、この平均足と相性がいいインジケーターについてです。

 

平均足を使う時は、ほとんどの場合トレンド相場の順張りを狙います。

平均足は反応が鈍いため、逆張りにはあまり向いていません。

 

 

そんな平均足の特徴を生かしてくれるインジケーターは、ボリンジャーバンドMACDなどのインジケーターです。

 

平均足だけでトレンドの強さを判断するのは難しいのでこれらのインジケーターを組み合わせて「このトレンドはどれくらいの強さがあるのか」を見極めます。

 

 

また、「平均足を逆張りで使いたい!」という方は、反応が早いオシレーター系のインジケーターをお勧めします。

 

例えばですが、RSIスローストキャスティクスなどのインジケーターですね。

これらはトレンド相場ではあまり機能しませんが、レンジ相場での跳ね返りなどの場面で大いに役立ちます

 

 

他にも様々なインジケーターがたくさんあるので、平均足と組み合わせてみて判断しやすいと感じたインジケーターを使いましょう。

 

平均足をハイローオーストラリアで利用した攻略法とは?

 

では次に、平均足を使ってハイローオーストラリアを攻略する方法について解説します。

 

先ほども言ったように、平均足はトレンド相場の順張りを狙うのに適している足なので、ハイローオーストラリアを攻略する際に使う場合も順張りを狙っていくのが堅いです。

 

注意点

 

ただし、ハイローオーストラリアでターボ(30秒〜5分の短期取引)で取引をすると、トレンド相場の一時的な跳ね返りで負ける可能性があります。

なのでハイローオーストラリアで取引をする場合はハイローの15分、もしくはターボの5分くらいの取引が良いでしょう。

 

 

 

また、ハイローオーストラリアでは3分以上の取引の場合、「転売」というシステムがあります。

 

これはFXで言う「利確・損切り」に当たるものです。

つまり判定時間が終わる前であっても、持っているオプションを売ることができます。

 

 

売れる額はその時のレートによるので、「予想に反してここまで来てしまったら転売する」というようにルールを決めておくことで、損失を最小限に抑えることができます。

 

平均足を利用する際の注意点とは?

 

先ほども書きましたが、平均足の反応の遅さには注意が必要です。

 

平均足だけを見ていると、ずっと上昇しているトレンド相場に見えていても、ローソク足を見てみるとかなり上下しているということが頻繁に起きます

 

FXに比べて、取引時間がとても短いバイナリーオプションで平均足を使う場合は、あくまでも参考程度にする必要があると思います。

 

推奨ポイント

もしできるのであれば、ローソク足を表示させつつ平均足も表示させて、同時に確認できるような取引環境が望ましいです。

そうすることで相場の流れを把握しつつ細かい値動きにも対応できるのでハイローオーストラリアでも安定した取引ができる可能性が高くなります。

 

平均足に関するまとめ

 

バイナリーオプションでは、レンジ相場の逆張りの方がチャンスが多いです。

 

しかし、平均足のようなトレンドを見極めるインジケーターを取り入れることによって、トレンド相場にも対応できるようになります。

 

 

バイナリーオプションを始めてからずっとローソク足を使っていたという方にとっては、平均足は違和感を覚えるかもしれませんが、慣れると相場の流れがよく見えるようになります。

 

 

ハイローオーストラリアは短期取引だけではなく比較的長い取引時間のトレードもあるので、そちらで平均足を活用すると勝率も高くなると思います。

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事