パラボリックとは?設定や使い方、計算式について解説!オススメの組み合わせとは?

 

どうもインベスターS.Tです。

 

あなたは「パラボリック」というインジケーターをご存知でしょうか?

 

 

FXの世界では最強と言う人もいるインジケーターで、売買のタイミングを考えるのに活躍してくれるインジケーターです。

 

 

今回の記事では、この「パラボリック」について詳しく解説していきたいと思います。

 

「バイナリーオプションでどのように活用するのか?」を調べていきましょう。

 

パラボリックの概要と特徴

 

パラボリック、正式名称は「パラボリックSAR」と呼ばれています。

 

 

パラボリックの特徴
パラボリックは放物線という意味があり、SAR(Stop And Reverse)と呼ばれる数値を利用してチャート上に、放物線のように表示されるインジケーターとなっています。
パラボリックは相場のトレンド転換点を示唆するという特徴があります。

 

 

途転(ドテン)とは?

FXでは途転(ドテン)という言葉があり、今まで買いでポジションを持っていた方が、パラボリックの状況からポジションを売ります。

 

その後、すぐに売りでのポジションを持ち、途転売りという使用方法をされている方もいます。

 

 

そのため、信頼できるかたちでパラボリックが示唆したのならば、大きく値動きすることもあるのです。

 

 

そのほかにも、見やすく分かりやすいという特徴も言われており、初心者の方からも喜ばれるインジケーターとなっているのです。

 

パラボリックの設定方法について!

 

それでは、パラボリックをチャートに表示させる方法を説明します。

 

パラボリックの設定手順
①メニューの挿入から「インジケーター」をクリック
②トレンドから「パラボリックSAR」をクリック
③設定画面が表示されますので、そのまま「OK」をクリック

 

すると、チャートへ表示されるようになります。

 

 

パラメータの項目には、ステップと上限がありそれぞれ変更することもできますが、そのままが理想の数値となっています。

 

 

ステップの数値は小さくするとダマしが少なくなるのですが、変化の対応が遅れ、数値を大きくすればダマしが多くなります。

 

どうしても変更したい方は、この点を理解して変更するようにしましょう。

 

 

パラボリックの使い方や見方を解説!

 

 

パラボリックはローソク足の上下どちらかに点として表示されれます。

 

つまり、

・ローソク足の上にパラボリックが連続してあるときは下げ相場

・ローソク足の下にパラボリックが連続してあるときは上げ相場

という判断ができるわけですね。

 

 

少なくともパラボリックが3つ以上同じ方向で続いた時に、上昇や下降という判断をするようにしましょう。

 

 

 

パラボリックでの売買ポイント

そして、パラボリックにローソク足が付いた時が売買ポイントになります。

先ほども説明したとおり、途転するタイミングとなるので、逆張りでエントリーできると判断できます。

 

 

 

パラボリックが活躍できる相場は?
パラボリックが活躍できる相場は、大きなトレンド発生時です。
逆に、レンジ相場になると売買ポイントが頻繁に発生してしまうため、ダマしが多くなってしまいます。
よって、パラボリックを利用する場合は、大きなトレンドが発生している時に利用するのが、一番効果的となりるのです

 

 

パラボリックの計算式について

 

パラボリックSARの計算式はつぎのとおりになります。

 

パラボリックSARの計算式
SAR=前日のSAR+加速因数×(極大値-前日のSAR)

 

 

・SARは上昇トレンドならば直近の最安値、下降トレンドならば直近の最高値を初期値としています。

・極大値は上昇トレンドならば直近の最高値、下降トレンドならば直近の最安値を使用します。

 

 

加速因数は先ほど設定にも出てきましたが、ステップのことであり、0.02を初期値としています。

 

これらの情報を元に、値動きからSARを計算しています。

 

 

 

ただ、計算式を見ても理解できないと思いますが、どのような方法で表示されているのかを知っておくのも良いかもしれません。

 

 

ローソク足がパラボリックに触れたとたん、位置が変更する意味も良く分かるのではないでしょうか?

 

 

一つ一つのインジケーターの計算式を覚えても意味がありません。

 

このような計算式で表示されていんだということを、1度理解しておく程度で大丈夫です。

 

パラボリック!攻略できるオススメの組み合わせとは?

 

 

パラボリック1つでバイナリーオプションを勝負するのは、ダマしも多いですので、かなり危険であると言えます。

 

 

そのため、他のインジケーターと組み合わせ利用することがお勧めです。

 

 

パラボリックと良いインジケーターについてですが、あくまで私の意見としては、「ボリンジャーバンド」と「RSI」になります。

 

この2つを利用することで、パラボリックのダマしを見破るようにしましょう

 

 

エントリーを控えた方がいい場面とは?
例えばですが、パラボリックがローソク足の上にあり、触れたことで転換ポイントを確認したとします。
しかも、「ローソク足の下に行ったパラボリックが3つ以上続いたから下降トレンドに転換した」と考えるのは間違いではありませんが、ダマしの可能性も高くなります
このとき、一緒に表示していたRSIが50ラインの付近にあり、ボリンジャーバンドがプラスマイナス共に平行だった場合、トレンドが転換したとは判断できなくなります。
このような時にエントリ―をすることだけは避けましょう。

 

 

エントリ―タイミングとしては、次の状態がオススメです。

 

 

オススメのエントリーポイント
・ボリンジャーバンドのマイナス3σにローソク足がタッチ
・ローソク足3つ以内にパラボリックに触れて転換
・RSIが買われ過ぎを表示していない

 

 

このような状況になったら、5分取引でハイエントリーをしてみましょう

 

 

まずはデモ取引で練習し、バイナリーオプションをパラボリックの組み合わせで攻略してください。

 

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、様々なインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

 

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。 

 

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事