バイナリー取引で大衆心理(集団心理)やトレーダー心理を分析する方法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「大衆心理の意味は何なのか、実際に大衆心理を分析することはできるのか、トレーダーの心理を分析する方法は何か、統計学トレードと心理トレードの違いは何なのか?」について説明していきます。

 

心理トレードのスキルを磨きたい

利益をさらに上げたい

裁量トレードを鍛えたい

 

などといった方に、ぜひ読んでいただきたいです。

 

大衆心理(集団心理)の意味は?

 

 

大衆心理とは、自分の意見が多数派の意見に長されてしまうことをいいます。

日本は他国に比べて、多数派集団に流されてしまう傾向が特に多いです。

 

日常生活での大衆心理の例

例えば、自分以外の全てのクラスメートが「学祭でタピオカを出したい」という意見を持っていた場合、「焼きそばを出したい」と思っていても多数派の意見に流されてしまいます。

その結果、自分の意見は置き去りにしてしまうのです。

 

トレード中の大衆心理

実は、普段見ているチャートも大衆心理が含まれています。

例えば、今強い上昇トレンドの場合であれば、多くの人が買い注文をしていることを指します。

トレンドの方向に沿った「順張り」こそ、大衆心理の影響を受けたかけ方なのです。

投資を全く経験したことがない人であれば、「ずっと上がってるからこのまま上がっていきそう」と、知らず知らずのうちに多数派の意見へと流されてしまっています。

 

このように、投資においても大衆心理はあらゆる場合に現れるのです。

 

大衆心理(集団心理)は分析できるのか?

 

結論から言うと、大衆心理を分析することは可能です。

 

大衆心理とは、一見正しいように思えますが、投資における大衆は誤っていることが大半です。

つまり、多数派意見に流されてしまえば、負けてしまう可能性が大きくなってしまうのです。

 

利益を上げるためには多数派ではなく、少数派の意見になるようトレードしなければなりません。

 

そして、大衆心理を分析するメリットとしては2つあります。

 

大衆心理を分析するメリットその①

1つ目のメリットは、利益をさらに上げることができるという点です。

先述した通り、大衆に入ってしまえば利益を上げるということは難しくなってしまいます。

大衆心理を分析して、少数派に入ることができれば、さらに利益を上げられます。

 

 

大衆心理を分析するメリットその②

2つ目のメリットは、裁量を磨くことができるという点です。

裁量を鍛えることができれば、相場の判断やエントリーポイントの判断など全て迅速かつ正確に行うことができます。

このように、大衆心理を分析することは利益だけでなく、自身の成長にも繋がるのです。

 

トレーダーの心理を分析する方法とは?

 

 

肝心の分析方法ですが、トレーダーの心理を分析する方法はいたって簡単です。

 

負けるためにエントリーすることが大切?

今まで自分が大衆に入っていたのであれば、その逆をつけばいいのです

ここだというポイントで、自分の意志のままエントリーするのではなく、自分の意志とは反対方向にエントリーします。

今までは勝つためにエントリーしていた投資を、負けるためにエントリーする投資にします。

あえて負けにいくことで、自然と大衆ではなく、少数派に入ることができます。

 

 

自分と大衆のエントリーポイントを把握しよう!

今ここでエントリーしようと考えたポイントは、他のトレーダーにとってもエントリーポイントなのかどうかを判断します。

自分と他のトレーダーも入りそうなポイントであれば、「逆向きにエントリー」します。

分析というよりも、自己判断ですが、少数派に簡単に入ることが出来る手法となっております。

 

ただ、慣れないうちはリアルトレードではなく、デモトレードでエントリーすることをオススメします。

 

統計学トレードと心理トレードの違いとは?

 

統計トレードの概要

統計学トレードとは、普段使っているツールを使った取引のことをいいます。

ツールにはロジックが含まれており、そのロジックでは、今までのチャートの統計をとり、勝ちやすいポイントをまとめたものをいいます。

この統計から得たロジックを使った取引が「統計学トレード」なのです。

 

 

心理トレードの概要

対して、「心理トレード」とは、他のトレーダーの心理や大衆心理を考慮した取引の方法をいいます。

それぞれ統計か心理かで違いがありますが、自分の判断が必要かそうでないかという相違点もあります

心理トレードは自分の判断が必要な分それなりのスキルが必要となりますが、デモトレードで場数を踏めばすぐに習得することができます。

 

バイナリー取引と大衆心理やトレーダー心理に関するまとめ

 

本記事では、「大衆心理とは一体何なのか、大衆心理を分析することは可能なのか、トレーダーの心理を分析する方法には何があるか、統計学トレードと心理トレードの違いは何か?」について説明しました。

 

大衆心理の概要まとめ

大衆心理とは、自分の今持っている意見が多数派意見に流されてしまうことをいいます

投資における多数派の考えは誤っている場合が多く、少数派の考えを持つ人が投資で勝つ仕組みになっています。

そのため、多数派ではなく、少数派に入ることが求められます。

 

 

大衆心理を利用するポイントまとめ

大衆心理を利用して利益を上げるためには、自分が多数派に入っている場合に限り、負けようと意識してトレードするという方法があります。

普段ここなら勝てそうだというポイントは、多数派意見となってしまい、結果として利益をあまり出さずに終わってしまいます。

しかし、自分の意志とは正反対にトレードすることで、簡単に少数派のトレーダーに入ることができるのです。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事