TDIインジケーターとは?ダウンロード方法から使い方を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

TDIインジケーター?なにそれ?

 

と思われる人も多く居ると思います。

 

もとからMT4に搭載されていないインジケーターなので、多くの投資家に使われているテクニカル指標ではありません。

 

ただですね、エントリーをポイントを見つけることもできるインジケーターですので、使い方によっては、勝率を上げることもできるようです。

 

 

そこで!

今回は、「TDIインジケーターのダウンロード方法と使い方」について解説していきます。

 

TDIインジケーターの概要について

 

「TDIインジケーター」にもいくつか種類があります。

TDIインジケーターというと「Trend Detection Index」を思い浮かべる人も多く居るかもしれません。

 

ですが、今回解説するのは、「TDI-With Alerts(Traders Dynamic Index-With Alerts)」の方になります。

 

 

TDIインジケーターの特徴について

有名なRSIをベースにFXで言われる、決済や損切のポイントを表示していくれる優秀なインジケーターであり、中にはボリンジャーバンドの2σのようなものも合わせて表示してくれます

オシレーター系のインジケーターとして活用することができます。

 

TDIインジケーターのダウンロード方法と設定方法について

 

「TDIインジケーター」は、無料のダウンロードサイトから取得することが可能で、検索サイトから「TDIインジケーター 無料」と検索すれば、簡単にファイルを見つけることができます。

 

そのサイトから、まずはパソコンのデスクトップにファイルのダウンロードを行い、次にそれをMT4にアップロードしていく手順となるのです。

 

それでは、MT4へアップロードしていく方法を順番に解説していきましょう。

 

TDIインジケーターをMT4へアップロードする手順について

①まずはMT4を開き、左上にあるファイルをクリックします。

②すると、いくつかの項目が表示されるので、その中から「データフォルダを開く」を選択しクリックしましょう。

③ファイルが表示されたら一旦MT4のメイン画面を閉じておきます。

④次に、開いたフォルダの中に「MQL4」という項目がありますので、そちらをダブルクリックして開きましょう。

⑤そうすると「lndicators」というフォルダを確認できるはずですので、そちらをダブルクリックします。

⑥その中には、MT4で利用できるインジケーターのデータが入っているので、今回ダウンロードした「TDI-With_Alerts.mq4」を挿入してください。

 

 

TDIインジケーターを表示させる方法について

⑦これで完了となりますので、フォルダを閉じ、再度MT4を立ち上げましょう。

⑧MT4を立ち上げたら、「挿入」をクリックします。

⑨次に「インジケータ」→「カスタム」の順番に選んでいきます。

⑩カスタムの中に先ほどダウンロードした「TDI-With_Alerts」が表示されているので、そちらをダブルクリックし設定を行います。

特に変更は必要ありませんので、そのまま「OK」をクリックすれば、チャートのサブ画面にTDIが表示され、完了となるのです。

 

TDIインジケーターの使い方を解説!

 

 

ラインがあり過ぎて分かりずらいかもしれませんが、複数の同じ色で表示されているラインが、「ボリンジャーバンド」らしきものです。

ボリンジャーバンドと同じと考えると、「狭くなればレンジ相場」、「広がればトレンド相場」という判断をすることができます。

 

ラインが多すぎて慣れないという方は、通常のTDIを利用した方が良いかもしれません。

その場合は、メイン画面にボリンジャーバンドを表示させれば、特に問題は無いはずです。

 

 

エントリーの仕方について

また、

・2本のTDIラインが、ゴールデンクロスを行えば「ハイエントリー」をすることができます。

・2本のTDIラインが、デッドクロスを行えば「ローエントリー」をすることができます。

 

ここら辺は、移動平均線と同じような使い方となっているようです。

 

TDIインジケーター利用時はスキャルピングすべきなのか?

 

 

スキャルピングってそもそも何?

スキャルピングとは、FXで細かく利益を出していく方法のことです。

手法の考え方は、バイナリーオプションに似ていますが、根本的な投資方法は異なります。

似ているのは、短期間で取引をする点のみです。

 

 

ただそれも、FXのスキャルピングならば、ゴールの時間を自分で決めることができますが、バイナリーオプションでは自分でゴール時間を選ぶことができてもエントリーしたタイミングでゴール時間が決まってしまいます。

この辺りが大きな違いです。

 

 

TDIインジケーターは問題なくスキャルピングができる?

もし、TDIインジケーターがスキャルピングに適しているのであれば、バイナリーオプションにも利用できますが、特にどちらでも問題のないインジケーターのように考えられます。

その理由は、「移動平均線」、「RSI」、「ボリンジャーバンド」等から、TDIインジケーターが構成されているからですね。

 

これらのインジケーターから見ても、スキャルピングで利用した方が良いと断言することができないです。

 

そのため、自分の手法がデイトレードとスキャルピングのどちらだとしても、TDIインジケーターは利用できるインジケーターとなっています。

 

TDIインジケーターに関するまとめ

 

TDIインジケーター」は、投資家が好むクロスにより、エントリーポイントを知らせてくれるテクニカル指標です。

 

まだ利用したことのない人は、いろいろと試してみるのが一番です。

無料でダウンロードできるので、体験してみはいかがでしょうか。

 

もしかすると、自分の取引手法にピッタリと合うインジケーターかもしれません。

有料だと考えてしまいますが、無料ならば試してみるのも良いインジケーターとなっています。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事