どうもインベスターS.Tです。

 

 

バイナリーオプションで勝率を安定させるためには、自分の手法を確立しなければいけません

 

そして、手法を確立させるためにはインジケーターを1つ使うだけではとても難しいため、初心者の方は王道のインジケーターを使うことをお勧めします。

 

 

初心者からベテラントレーダーまで幅広く使われているインジケーターが「ストキャスティクス」と「ボリンジャーバンド」です。

 

 

ストキャスティクスはオシレーター系と呼ばれるインジケーターで、「現在相場はどちらへ向かう勢いが強いのか?」を表します。

主に、もち合い相場(レンジ相場)で力を発揮します。

 

 

 

そしてもう一つのボリンジャーバンドはトレンド系指標です。

 

トレンド系インジケーターというのは、トレンド相場(どちらか一方に進み続けている相場)の時に力を発揮するインジケーターです。

 

 

ただ、ボリンジャーバンドはトレンド系指標ですが、レンジ相場でも大いに役に立ちます。

 

 

バイナリーオプションで勝つためには必須ともいえるインジケーターなので、ここから詳しく見ていきましょう。

 

ストキャスティクスの概要と設定について

 

 

ストキャスティクスは、先ほども書いたようにオシレーター系のインジケーターです。

 

ストキャスティクスの概要
もっと具体的に言うと「ある一定期間内の変動幅の中で現在のレートがどこらへんに位置しているか?」を表します。
つまり「買われ過ぎ」と「売られ過ぎ」を瞬時に判断するためのインジケーターになります。

 

 

ただし、気を付けなければならないのは、ストキャスティクスが一番上まで上昇したからと言って、必ず跳ね返るわけではないということです。

 

 

トレンド相場になると、ストキャスティクスなどのオシレーター系指標は、トレンド方向に張り付いてしまい全く機能しないという弱点があります。

跳ね返るかどうかは、他のインジケーターやローソク足を見て判断する必要がありますね

 

 

それから、ストキャスティクスで設定しなければならないのは”期間”です。

 

ストキャスティクスの期間設定
他にも見やすくするためにラインを引くこともできますが、これは使っていくうちに自分が見やすい位置にすると良いです。
期間というのは先ほど書いた「一定期間の変動幅」を導くのに必要な期間です。
つまり、期間を長くすればするほど、より長い目で見た時に現在のレートが上寄りか下寄りかわかりますし、期間を短くすれば数分後どのように動くかということがわかりやすくなります。

 

 

ただ、ストキャスティクスの期間設定に関しては、多くの人が同じです。

 

主流のスローストキャスティクスでの設定は「%D=3、Slow%D=3」です。

 

 

バイナリーオプションでスローストキャスティクスを使う場合でもこの設定で問題ないので、とりあえず初めてストキャスティクスを使う方は、この設定にすることをお勧めします。

 

ボリンジャーバンドの概要と設定について

 

 

続いては、「ボリンジャーバンド」についてです。

 

ボリンジャーバンドの概要
ボリンジャーバンドというのは、±1σ±2σ±3σの合計6本で表示させることが多いです。
+の方が上のバンド、−が下のバンドを示します。ボリンジャーバンドは相場の流れを示したり、ボラティリティ(相場の変動)が変化した時も上下のバンドが縮まったり広がったりします。
そのため、ボリンジャーバンドだけを見ればかなり多くの情報がわかることから、FXやバイナリーオプションで取引をしているトレーダーの多くはボリンジャーバンドを使っています。

 

 

ボリンジャーバンドは、各σ毎に跳ね返る確率が決まっています

 

 

跳ね返りの確率

1σ=68.26%」「2σ=95.44%」「3σ=99.74%」の確率で跳ね返ります。

2σでも95%以上あるので「2σにローソク足がタッチした時点で逆張りすれば勝てるんじゃないか」と思うかもしれませんが、思っているよりもたくさん1〜3σを突き抜けることがあるので、これだけをエントリー根拠にして取引をするのは避けた方が良いでしょう。

 

 

ボリンジャーバンドの設定
ボリンジャーバンドで設定するのは”期間”と”偏差”の2つです。
期間は20前後が主流です。デフォルトでは20が多いかと思います。
そして、もう一つの偏差については「1→±1σ」「2→±2σ」のようになります。
そのため、ここを変える必要はありません。(※ただ、1〜3のどのバンドを使うかは人それぞれになります。

 

 

ストキャスティクスとボリンジャーバンドを使った攻略法とは?

 

バイナリーオプションで手堅く勝てるのは「レンジ相場」です。

 

跳ね返る一瞬を狙うことで、短い判定時間でも高い勝率を維持することができます。

 

 

そして、レンジ相場でエントリーをするタイミングを狙うためには、これまで解説してきたオシレーター系の「スローストキャスティクス」とトレンド系の「ボリンジャーバンド」を使います。

 

 

スローストキャスティクスでの狙い

スローストキャスティクスは80以上でのデッドクロス、20以下でのゴールデンクロスを狙います。

バイナリーオプションで勝つためにはクロスした後にエントリーをするのでは遅いため、クロスしそうなタイミングでエントリーする必要があります。

 

 

 

ボリンジャーバンドでの狙い

次に、ボリンジャーバンドについてです。

 

ボリンジャーバンドでまず確認することは”ボリンジャーバンドの先が開いているか閉じているか?”ということです。

 

ボリンジャーバンドはトレンド相場になる時に開く(エクスパンション)という特性があります。逆にレンジ相場の時は大きな動きはなかったり、閉じる方向に動いたりします。

 

そのためレンジ相場を狙う時は、ボリンジャーバンドが開きかけていないかを確認します。

 

少しでも先端が開く方向に動いていたら、トレンドが始まる可能性が高いのでスルーします。

 

トレンド相場の順張り手法もありますが、初心者の方にはあまりお勧めできません。

 

あとはレジスタンスラインやサポートラインが見えたり、3σにタッチしたりなどの跳ね返りの根拠が見えてきたら、逆張りでエントリーをすることで高い勝率を維持することができます。

 

勝率を上げるためのポイントと注意点

 

バイナリーオプションで勝率を高めるために重要なことは、「自分のルールに絶対従う」ということです。

 

例えば「100.000まで上がったら逆張りでエントリーしよう」と決めていたとします。

 

もし仮にそう決めたとした場合、たとえ99まで上がってきたとしてもエントリーしてはいけません。

 

 

・今回はこう上がるんじゃないか?

・あまり根拠はないけど、なんとなくこっちに行きそうな気がする

といった感覚でエントリーを続けていると、自分のトレード手法が正確に検証できないため、手法を確立することができず、いつまでもズルズル負けてしまいます。

 

 

重要ポイント

そのため、まずは自分が決めた手法を何回も繰り返しトライ&エラーを繰り返すということが重要です。

そして、勝率を高めるためにどう改善すれば良いかを考えていくことで高い勝率を保つことができるようになります。

 

 

今回紹介したストキャスティクスとボリンジャーバンドについてもいろんな見方がありますが、全てを同時に試すのではなく、まず1つの手法を完璧に極めた方が、後々成長スピードが早いです

 

ストキャスティクスとボリンジャーバンドに関するまとめ

 

ストキャスティクスとボリンジャーバンドは代表的なインジケーターですので、とても勉強しやすいです。

 

 

バイナリーオプションについての書籍はほとんどありませんが、FXのスキャルピングトレードについての書籍を参考にしたり、YouTubeやインターネットサイトでバイナリーオプションについて学ぶことができます。

 

 

ストキャスティクスとボリンジャーバンドについても、FXの方の本にたくさん見方や使い方が書かれているので、そちらから勉強するのが効率的かと思います。

 

 

まずは、このオシレーター系とトレンド系の代表的インジケーターを組み合わせて使うことに慣れることで、他のインジケーターの良さや弱点などがわかったりします。

 

 

王道のインジケーターと王道の手法でどこまで勝率を高められるか?」を検証してから独自の手法を編み出しましょう。

 

 

「ストキャスティクス」インジケーターを利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ストキャスティクス」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもストキャスティクスはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にストキャスティクスだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ストキャスティクスだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ストキャスティクスだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ストキャスティクスだけでなく、自作のオリジナルインジケーターをストキャスティクスと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①ストキャスティクスとRSIとCCIを組み合わせしたサインインジケーター「SRC」を利用

②ストキャスティクスとRSIの数値をMTFで表示できるインジケーター「Rsi-Sto-View」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、収益を大きく上げることができたんですよね。

 

 

①サインインジケーター「SRC」
「SRC」というインジケーターは、主に逆張りの時に活用できる、オリジナルのサインインジケーターなのですが、設定したパラメータでの勝率を自動計算して表示させてくれるものなので、エントリーサインだけでなく、どのくらい勝っているのかを一目で把握することができる、非常に便利で優れたインジケーターです。
②インジケーター「Rsi-Sto-View」
「Rsi-Sto-View」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターになるのですが、ストキャスティクスとRSIの数値をMTFで表示させることができるので、上位足を確認せずとも、ストキャスティクスとRSIの1分足と5分足の数値を、同時に一目で把握できるようになります。 ※MTFというのは、マルチフレーム分析といい、異なる時間足(上位足→下位足)のチャートを確認し、現在の相場状況を把握することで、エントリーポイントを探すといった分析方法です。

 

この時に私は、「ストキャスティクスを利用する際は、ストキャスティクスを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、RSIを利用していく際には、「SRC」、「Rsi-Sto-View」、の2つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

 

因みに、サインインジケーター「SRC」、「Rsi-Sto-View」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

 

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

 

サインインジケーター①「SRC」、②「Rsi-Sto-View」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-stochastic-394>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事