FXでは、テクニカル分析という分析方法と、ファンダメンタルズ分析という分析方法の2つが存在します。

 

・「テクニカル分析」は、未来の為替値動きを予想して、相場を分析する手法のことを言います。

・また、「ファンダメンタルズ分析」は、金利や経済指標の変化を分析する手法のことを言います。

 

 

どちらの分析手法も、FXで取引をする人にとっては、よく使用される手法であるかと思いますが、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析、どちらの分析手法が重要だと思われますか?

 

少し難しいですかね。

 

 

結論から言いますと、実はどちらの分析手法も、とても重要なんですよね。

 

 

では、「どうしてテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の両方ともが重要なのか?」について、説明していきます。

 

 

ファンダメンタルズ分析だけでは確実性がない?

 

ファンダメンタルズ分析であれば、金利や経済指標の変化をしっかりと分析し、現状の相場を理解することができるので、確実に勝てる取引を行うことができそうに思えますが・・・・

 

実は、ファンダメンタルズ分析だけでは、相場の方向性を捉えることは難しいんですよね

 

 

例えばですが、金利と為替は大きな関係性があり、お金はより有利な方に流れる傾向にあるわけですが、金利はあくまで、為替の変動要因の一つに過ぎません。

 

ですので、過去のデータを見たとしても、米国の金利と米ドルの強さが連動しているとは言い難いわけで、すべての状況に確実に当てはまるファンダメンタルズ要因というのはないということです

 

 

また、経済指標を例にして見た場合、米国の経済指標において、「市場予想よりも良い結果がでた!」からといって、毎回毎回ドルが買われるわけではありません。

 

 

それから、為替レートは2国間の通貨の交換レートだとはいえ、その2国の経済状況だけで決まるわけでもなく、現在の相対的な評価で決まるわけでもありません。

 

 

それどころか、2国間だけとも言い切れないほど、「現在の状況」、「そのテーマ市場への織込み度」、「今後の思惑」などが複雑に絡み合って形成されているのです。

 

 

テクニカル分析はダマシが多い?

 

では、テクニカル分析の方はどうでしょう?

 

ファンダメンタルズ分析だけでは危険なのであれば、テクニカル分析をやればいいんじゃないのか?」っと思えるかもしれませんが・・・

 

実は、ファンダメンタルズ分析と同様に、テクニカル分析だけでも危険なんですよね。

 

 

ではどうして、テクニカル分析だけでは危険であると言えるのか?というと、それは・・・

 

ダマシ」が多すぎるからです。

 

 

(※「ダマシ」とは、テクニカル分析において、買いや売りのシグナルが出た後に、逆方向へいってしまうことを言います。)

 

テクニカル分析の場合、分析する人によって結果が違ってきたり、テクニカルインジケーターが何十何百種類と存在するので、こうした「ダマシ」と言われる現象が多く起こるわけですね。

 

 

このように、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析、どちらか一方が分析できたとしても、確実性がなかったり、大きなリスクを伴ったりするわけなので・・・

 

最初に説明したように、どちらの分析方法もしっかりと利用できるようにすることが大切だと言えます。

 

 

どんな分析方法で分析するかよりもポジション管理が重要?

 

確かに、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析、どちらも重要な分析方法であり、できるようにするべき分析方法ではあります。

 

 

しかし、どちらかの分析方法を習得すれば良い、というわけではなく、両方の分析方法をマスターすることが大切であり、それ以上に、テクニカル分析を使う場合でも、ファンダメンタルズ分析を使う場合でも、あくまでそれを元にして、自分自身の相場観を確率させた上で、「確率が高い方にポジションを持つ」という感覚を持つことが重要であると言えます。

 

 

そして、そういった感覚が持てるようになった後は、ポジション管理がとても重要であり、ミスをしたと思えば損切りをし、うまく乗れたと思った時には、その利益を伸ばすようにすることが大事です。

 

 

つまり、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析に限らず、そこでポジションを持つことがリスクに見合うと判断した時だけ乗れば良いわけですね。

 

 

テクニカル分析と言っても、そこにはさらに多くの分析手法が存在しており、ファンダメンタルズ分析においても、数多くの材料が存在しています。

 

 

今回の記事でお話したかったことは、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどちらかを習得すれば良い、ということではなく、ポジション管理をしっかりと行い、自分に合った材料や分析方法を選んで、相場の節目や動き出すきっかけを探して行くようにして欲しいということである。

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事