どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションをするにあたって、チャート分析は必須になりますが、みなさんは何の分析ソフトを使用していますか?

 

「無料のもの」、「有料のもの」、と様々あるかと思いますが、そんな中でもMT4は、利用者数が一番多い無料分析ソフトだと思います。

 

 

そのため今回は、「MT4ソフトにインジケーターを追加する方法と初心者にオススメのインジケーター」を紹介していきたいと思います。

 

インジケーターとはそもそも何か?

 

インジケーターとは、為替レートのチャートを様々な計算によってチャート上に表示するもので、

いまがトレンドなのか

レンジ相場なのか

買いどきなのか

売りどきなのか

を視覚的にわかりやすくしたものです。

 

インジケーターは、テクニカル指標とも呼ばれています。

 

インジケーターのダウンロード方法とは?

 

MT4のインジケーターは、元から搭載されているものも多数ありますが、搭載されていなかったり、他に使いたいインジケーターがあった場合は、外部からダウンロードすることができます

 

そして、MT4に挿入することができるので、チャート上に表示させることが可能となります。

 

次項では、「MT4にインジケーターを追加する方法」を解説します。

 

MT4ソフトにインジケーターを追加する方法を解説!

 

ネットでインジケーターを探すと、無料のものや有料のものがたくさんあると思うので、使いたいインジケーターをダウンロードします。

 

基本的にファイルとして使えるものは、拡張子が「.ex4」と「.mq4」の2種類になります。

 

MT4にインジケーターをダウンロードする方法
①まずは、パソコン上にダウンロードします。
②ダウンロードが完了しましたら、ファイルをコピーします。
③MT4を開き、「ファイル」→「データフォルダを開く」→「MQL4」→「Indicators」の順に開いていき、Indicatorsに先ほどのダウンロードしたファイルを張り付けます。
④できましたら、MT4を再起動してください。

 

 

すると、MT4に新しいインジケーターがダウンロードされています。

 

追加したインジケーターの表示方法を解説!

 

追加したインジケーターを表示させるには、「ファイルと星マークがついたボタン」を押すと、左側にナビゲーターウィンドウが開くので、「罫線分析ツール」をクリックします。

 

すると、先ほどのインジケーターがダウンロードされているので、チャート上にドラッグします。

 

そうすれば、チャート上にインジケーターを表示することができます。

 

追加したインジケーターを削除する方法とは?

 

チャート上からインジケーターを削除したい場合は、右クリックすると、「表示中のインジケーター」が表示されるのでそこから削除することができます。

 

または、画面上部のチャート内の表示中の「インディケータ」をクリックして削除することも可能です。

 

 

そして、「もうこのインジケーターはいらない」、と思ったときのために、チャート上ではなく、MT4内から「アンインストールする方法」もあります。

 

MT4内からアンインストールする方法
①MT4を開くと、左側にナビゲーターが表示されているので、その中の「インジケーター」をクリックします。
②すると、インジケーターがずらっと表示されるので、その中から削除したいインジケーターを選びます。
③選んだインジケーターを右クリックすると「メニュー」がでてくるので、その中から「削除」を選びます。
④「本当に削除しますか?」と確認されるので、「はい」を選択します。

 

 

すると、ナビゲーターの中からインジケーターが削除され、表示されることはなくなります。

 

バイナリー初心者にオススメできるインジケーターとは?

 

インジケーターの外部からのダウンロード方法を説明してきましたが、MT4には多くのインジケーターが標準搭載されているので、「慣れてきたら外部からダウンロードする」という形を取られる方がほとんどだと思います。

 

初心者の方であれば、MT4に元から入っているインジケーターを利用してみるだけでも、十分バイナリーオプションで利益を出すことができるので、今回は「標準搭載されているインジケーターのおすすめ」を紹介したいと思います。

 

インジケーターには2つの種類に分けることができます。

 

・トレンドを教えてくれる「トレンド系

・現在買われすぎなのか?、売られすぎなのか?を判断することができる「オシレーター系

という2種類があるわけですね。

 

 

トレンド系でオススメできるインジケーター
まず、トレンド系のオススメは、「移動平均線」はマストだとして、あと一つオススメなのは「ボリンジャーバンド」です。
ボリンジャーバンドは、移動平均線と±1σ、2σ、3σのバンドで構成されていて、バンドの幅やバンドの角度などから、いまがトレンドなのか?、レンジ相場なのか?を一目で判断することができます。
基本的にはバンド内でローソク足が収まると考えられるので、±2か±3σにタッチすれば、相場は反転する可能性があるので、「逆張りでエントリー」ができます。

 

 

 

オシレーター系でオススメできるインジケーター
それから、オシレーター系のオススメは、「RSI」です。
RSIは、0~100の数値で30以下であれば売られすぎ、70以上で買われすぎと判断できます。
そして、70以上であれば、これから下降トレンドになる可能性があるので「lowエントリー」、反対に30以上であれば、これから上昇トレンドもなる可能性があるので「highエントリー」することができます。

 

 

どちらのインジケーターも優秀ではありますが、インジケーターを使う場合は、「トレンド系」と「オシレーター系」のインジケーターを組み合わせて使用することで、ダマしを防ぐことができます

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事