xMeter MTFとは?通貨の強弱を示すインジケーターの使い方や設定方法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

皆さんは、通貨の相関関係を意識してトレードしていますか?

 

「インジケーターの〇〇が水準に満たしたときにエントリーする」などのノウハウだけを意識してトレードされている方も多いですが、実は通貨の相関を見ることも大切です。

 

 

そこで!

今回は、「その相関を分析するための便利なインジケーター」を紹介しますので、ぜひ読んでみてください。

 

xMeter MTFとは何か?

 

 

「xMeter MTFインジケーター」は、簡単にいうと、通貨の強弱が一目でわかるインジケーターになっています。

さらにMTF分析が使えるので、様々な時間足に切り替えて使うことができます。

 

 

MTF分析とは?

MTF分析とは、マルチタイムフレーム分析の略で、複数の時間足を見て分析することができます

バイナリーが上手い人は、MTF分析を当たり前のようにしています。

 

 

xMeter MTFインジケーターを利用するメリット

一つの時間足だけを見て、トレードするのは危険なわけですが、xMeter MTFインジケーターは、MT4の右下にグラフが表示されます。

そのグラフの数値が高いと、その通貨の動きが強く、グラフの数値が低いと、その通貨の動きが弱いということが一目でわかります。

その強弱は、1分足で見るのと、1時間足で見るのでは、全く異なります。

例えば、1分足で見ると、USD(ドル)の数値が高いが、1時間足で見ると、JPY(円)の数値が高いということもあり得ます。

複数の足を見ることで、無駄な負けを減らすことができるので、ぜひやってみてください。

 

xMeter MTFの設定方法について!

 

 

「xMeter MTF」は初期設定では入っていません。

そのため、ネットでダウンロードする必要があります。

ただですね、無料で簡単にダウンロードできるので安心してください。

 

xMeter MTFインジケーターは、あまり有名なインジケーターではないので、検索してもあまり出てきません。

xMeter MTF ダウンロード」と検索すると、一番上に出てきます。

 

xMeter MTFインジケーターの導入から設定方法について
1、ネットで「xMeter MTF」をダウンロードする
2、MT4を開き、「ファイル」→「データフォルダを開く」の順に進んでいく。
3、データフォルダの「MQL4」→「Indicators」の順に進んでいく。
4、その「Indicators」の中に先ほどダウンロードした「xMeter MTF」を入れれば完了です。
5、MT4を再起動すれば使えるようになります。(再起動しないと反映されないので気をつけてください。)
6、あとは「挿入」→インジケーター→カスタムの順に進んでいけば先ほど入れた「xMeter MTF」の設定が完了です。

 

xMeter MTFの使い方を解説!

 

 

xMeter MTFをMT4に設置できましたか?

次は、「xMeter」の使い方を紹介していきます。

 

 

xMeterの使い方について

「xMeter」は、まず設定の数値が自分で変更できます。

インジケーターを入れる際に、パラメーターの入力を見てみると、「mTimeFrame」の項目があるので、そこの値を変更することで、マルチタイムフレームが可能になります。

数値は分単位で設定するので、「1分足→1」、「5分足→5」という設定していけばいいのですが、「1時間足は60」、「4時間足は240」、「日足は1440」のように設定しなければ表示できないので気をつけてください。

数値を変更できたら、あとは見方だけです。

 

 

xMeterの見方について

見方も簡単で右下に、グラフが出ると思います。

少し小さくて見づらいかもしれませんが、通貨と数値とグラフがあると思います。

単純に数値が大きいほど、その通貨主導で動いているので、その通貨の関連通貨をみると分析しやすくなります。

例えば、GBPの数値が「9.0」とします。

その時に、「GBP/JPY」にチャンスが来たとします。

普通なら、相関関係をみるとき、GBPとJPY両方の動きを確認して、多くの関連通貨を見る必要があります。

ですが、GBPが主導で動いていることがわかっているので、JPYよりGBPの動きを注意して見ておけばいいということです。

 

バイナリーオプションは、「チャンスが来た時に、いかに焦らずエントリーできるか?」が大切です。

しかし、xMeter MTFを使えば、ひと目で確認できるので、非常に便利なインジケーターです。

 

xMeter MTFを利用して勝率を上げるためには?

 

「xMeter MTF」を利用して勝率を上げるためには、通貨の強弱を利用して、通貨ペアの相関関係を重視して分析することが大切です。

 

皆さんは通貨の相関関係を見てトレードしていますか?

通貨の相関関係をしっかり意識しながらトレードすることで、無駄なエントリーが減り、勝率が上がります。

 

 

勝率を上げるための具体的な策とは?

xMeter MTFを使い、まずは通貨の強弱を見ます。

例えば、「USD/JPY」でチャンスが来た場合で、「xMeter MTF」でのUSDの数値が9.0で、JPYの数値が0.5の時は、クロス円の動きはあまり見ず、ドルストレートの動きだけを見てトレードしても問題ないと思います。

数値に差がある場合は、高い方の通貨だけを注意して見ていれば大丈夫です。

2つの通貨の数値が「4.0」と「5.0」の場合は、両方の通貨の関連通貨を見る必要があります

そうすることで、無駄な負けを減らすことができます。

 

トレードをする際に、必ず必要な相関関係を「xMeter MTFインジケーター」を使うことによって、効率的に勝率を上げることができるのです。

 

xMeter MTFインジケーターに関するまとめ

 

今回は、「xMeter MTFインジケーター」について紹介してきました。

正直なところ、あまり世間に浸透していなく使っている人が少ないですが、非常に便利なインジケーターです。

 

やはり、トレードはいかに効率的に分析できるかが重要です

 

「全通貨を見て、どの通貨が主導で動いているか?」をいちいち確認するのは、意外と面倒くさいものです。

ですが、xMeter MTFインジケーターを使うことで、ひと目で確認できるので、効率も勝率も上がります。

 

特に初心者の方は、エントリーに使わなくても相場の分析の勉強にも使えます。

ぜひ一度使ってみてください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事