MTFフラクタルとは?逆張り取引を攻略するインジケーターの使い方や設定方法について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

MTFフラクタル」は、逆張りメインに取引を行うトレーダーには、注目のインジケーターです。

 

まだ利用されたことの無い逆張りトレーダーならば、一度利用されてみてはいかがでしょうか?

 

今回の記事では、「MTFフラクタルとはどのようなインジケーターなのか?」について、解説していききます。

 

MTFフラクタルとはどんなインジケーター?

 

 

 

MTFフラクタルは、ローソク足が反発した箇所にラインを引いてくれるインジケーターです。

 

反発するとラインを引くため、チャート上は沢山のラインが引かれますが、それはトレーダーが意識した価格帯になります。

トレードを行う上で見過ごしてはいけない価格帯になるので、どれも大切なラインとなるのです。

 

 

MTFフラクタルの利点

MTFフラクタルは、MT4のどの時間帯でも設置が可能となっているので、何分取引でも利用することができます。

自分が現在使用している、逆張手法にプラスすることもできるインジケーターです。

 

MTFフラクタルの設定方法について

 

MTFフラクタルは、MT4に標準装備されているインジケーターではありません

したがって、検索サイトからMTFフラクタルを検索しダウンロードする必要があります。

 

MTFフラクタルを検索すると、多くの人が開発しているため、表示の異なったインジケーターを発見すると思われますが、どれも機能的には同じです。

 

MTFフラクタルの設定

まずはダウンロードして、MT4に入れてみましょう。

設定方法は特に変更する必要はありません。デフォルト通りの数値で大丈夫です。

ラインの色に関しては、お好みのものを選択するようにしましょう。

ラインの太さに関しては、一番細いものを選択することをおすすめします。

 

これは、あとで説明する手法で役立つので、見にくいと思われるかもしれませんが、細いラインに慣れるようにしましょう。

 

MTFフラクタルの使い方について

 

 

MTFフラクタルの使い方は本当に単純です。

 

MTFフラクタルの使い方

過去に反発した箇所にラインが引かれるだけのインジケーターなので、そのラインを意識してバイナリーオプション取引を行うことになります。

サポートラインやレジスタンスラインを引く際に、反発した箇所を基準に引くこともありますが、それをたくさん引いてくれているインジケーターです。

過去に反発した価格は、次に反発する可能性を秘めたポイントなので、そのラインに触れたときに「逆張り」を行います。

この逆張りタイミングが、MTFフラクタルの使い方です。

 

また、逆張り以外で使うのならば、ラインをブレイクした際に、順張りでエントリーする方法もあります

 

ただ、MTFフラクタルは逆張りにおすすめインジケーターです。

色々試し慣れてきたら順張りでも構いませんが、基本は逆張り使用をおすすめします。

 

MTFフラクタルを利用した逆張り取引攻略手法とは?

 

 

MTFフラクタルを利用した逆張り取引攻略法は、非常に簡単です。

 

MTFフラクタルの逆張り攻略法

単純にラインに触れ、反発したら逆張りを行うのが取引攻略手法になります。

ただ、ローソク足がMTFフラクタルラインにタッチしたからと言って、すぐに逆張りエントリーをしてはいけません。

もしラインをブレイクしたら、勢いよく順張り方向へローソク足はすすんでいきます。

それを見て、次は逆張りでなく順張りでエントリーをすると、逆に勢いがなくなり、また負けてしまうのです。

このような往復ビンタに合わないためにも、ローソク足が触れてすぐにエントリーをするのではなく、次のローソク足が出たときにエントリーをしましょう。

 

 

MTFフラクタルを利用する際の注意点

ローソク足を見ると、ラインタッチすると反発し、ヒゲが長くなっていることから、すぐにエントリーをしなくてはいけないという気持ちになりがちです。

すぐにエントリーをした方が、確実に勝てると考えてしまうのですが、それは一か八かのギャンブルになります。

MTFフラクタルを利用するのならば、確実に反発したのを確認してから利用するようにしましょう。

そうすれば、ブレイクで負ける回数を減らすことができます。

 

また、縦軸目盛を絞ることで、ラインの濃さに差をつけてみましょう。

先ほど、一番細いラインをおすすめしたのはこのためです。

 

目盛を絞ると、ラインが濃くなる箇所があります。

これは、それだけその箇所で何度も反発し、何本ものラインが集中したからこそ濃くなるのです。

つまり、その付近は特に注目すべき価格帯となります。

 

MTFフラクタルを利用した逆張り取引攻略手法は、この濃くなったラインを意識するのがポイントです。

ただ、エントリー回数は極端に減るので、その点はご自身の判断が必要となります。

 

MTFフラクタルに関するまとめ

 

MTFフラクタルは、非常に簡単なエントリー方法なことから、初心者トレーダー向けインジケーターといえます。

ただですね、MTFフラクタルを利用するに当たり注意する点が一つあります。

 

それは、熱くなりやすいインジケーターという点です。

 

逆張りをした結果、何度かブレイクされると、

順張りで利用した方がいいのでは?

 

という錯覚を起こします。

その結果、負けを増やしてしまうことも考えられるのです。

 

ラインに触れたかしっかり確認しよう!

また、これも初心者の人に多いのですが、ラインに触れるのを待ちきれず、触れたことにしてしまう人もいます。

ローソク足が行ったり来たりする中で、なかなかラインに触れないことから、触れてもいないのにそう見えてしまったことにするのです。

なかなかラインに触れないのは、力を貯めているかもしれないので、エントリーをしたあと、一気に順張り方向へ進む可能性を秘めています。

これも負けとなる原因になるので、初心者の人ほど気を付けるようにしてください。

 

MTFフラクタルは、ルールを決めて取引をしっかりと行えば、必ず高い勝率を残せるインジケーターです。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事