どうもインベスターS.Tです。

 

ハイローオーストラリアを始めようと思い利益を得ようとするならば、インターネット検索をして調べるはずです。

 

そうすると、MT4やインジケーターという名前を見つけると思うのですが、利益を得るためにこの2つは必要不可欠なものだと言えるます。

 

インジケーターには沢山の種類があり、色々なものを試してみる事をおススメしますが、今回はそのうちの一つCCIについて記事にしていきます。

 

CCIインジケーターとは何か?概要と特徴について

 

CCIは日本語に訳すと「商品チャネル指数」と呼ばれ、その名の通り、商品市場向けに作られた指標となっています。

 

商品市場では、季節の要因により一定の周期で値動きの変動がみられるので、その周期を見極めるために考案されたのが背景にあり、売られ過ぎや、買われ過ぎを判断するオシレーター系のテクニカル指標として重宝されているのです。

 

 

CCIには、0のラインを中心に+100と-100のラインがあり、これにより売られ過ぎ、買われ過ぎをを判断することができます。

 

注意点
ただですね、ここを判断できたとしても、それにより逆張りをするべきか、順張りをしてエントリーをするべきか、その判断には困ってしまうはずです。売られ過ぎと言っても更に売られる可能性もありますし、買われ過ぎをと言っても更に買われる可能性だってあるからです。

 

CCIとハイローオーストラリアの相性はいいのか?

 

ハイローオーストラリアを始めるにあたってはMT4は必ず必要です。

そして、売られ過ぎと買われ過ぎを判断できるCCIも勿論利用した方が良いとなります。

 

しかし、先ほどもお話しした通り、CCIだけでエントリーをするのは非常に危険です。

 

そのため、他のインジケーターとの組み合わせを確認しながらエントリーポイントを探すことが必要となってきます。

 

CCIを利用してハイローオーストラリアを攻略するためには?

 

攻略のポイントは、より良いインジケーターとの組み合わせを探すことが大事です。

 

ボリンジャーバンドと組み合わせてみた

例えば、ボリンジャーバンドと組合わせてみましょう。

ボリンジャーバンドの3σにタッチをしCCIも100のラインを超えていたのならば、逆張りでエントリーするというルールを自分で作りました。

こちらで23時から2時間試しにエントリーした結果、5分取引で2勝1敗の勝率、利益も出すことに成功しました。

もちろん利益を出すために転売機能を使用していたら、もっと利益を出すことができたのですが、今回は検証のため転売機能は利用しないで試してみました。

 

 

移動平均線とCCIで試してみた

次は移動平均線CCIで試してみました。

今回のルールは、移動平均線がパーフェクトオーダーを形成し、尚且つCCIが一旦100を切戻ってきた方向が同じ場合、順張りでエントリーするという方法です。

今回も23時から2時間確認しましたが、エントリーポイントチャンスが2回しか現れず3分取引で2勝という結果になりました。

こちらに関しては勝率100%の結果でしたが、もちろん更に回数を増やして確認していく必要があると考えられます。

 

このように他のインジケーターとの組み合わせ方法を考えれば、CCIは順張りにも逆張りにも利用が出来る、素晴らしインジケーターとなっているのです。

 

ハイローオーストラリアの攻略方法を確認するときに忘れてはいけないことは、バイナリーオプションでエントリーしても相場は動かない点です

為替相場を動かしているのは、外貨の売り買いFXなどです。

 

そしてローソク足が動くのは、集団心理が大きく影響しているためなので、FXで使用しているインジケーターを利用することは重要ですね。

(MT4を見ながら多くの方がFXをやられているのも、納得がいくでしょう。)

 

そういった方たちの気持ちを考えインジケーターの組み合わせを考えれば、先ほどの2種類の組み合わせが最も効果的なのではないでしょうか。

 

もちろん、移動平均線、ボリンジャーバンド、CCIを組み合わせるのも一つの手ですが、その時もしっかりと集団心理を考えたエントリールールを決める必要があるのです。

 

売り買いをしている人たちの気持ちになってエントリールールを考え、それを確認する」、これが一番重要なポイントだとも言えるのです。

 

CCIを利用する際の注意点とは?

 

まず、CCIだけではエントリーをするのはやめておきましょう。

 

理由について
先ほどもお話ししましたが、CCIは売られ過ぎと買われ過ぎを判断することが出来るのですが、それ以上売られるかもしれないという見方もでき、エントリーポイントを見極める事が困難なインジケーターです。

そのために、CCIとの組み合わせが必要になるのですが、この組み合わせも何でも良いわけでは無く、同じようなインジケーターをチョイスしても意味がないと言えるのです。

 

自分は順張りが得意なのか逆張りが得意なのかを考え、より効果的なインジケーターを組み合わせとして考えるようにしましょう。

 

CCIを実際に利用してハイローオーストラリアを攻略したいと思ったら?

 

 

「CCI」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもCCIはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にCCIだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、CCIだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、CCIだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、CCIだけではなく、様々なインジケーターをCCIと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

 

 

特に、①CCIとストキャスティクスとRSIを組み合わせしたサインインジケーター「SRC」を利用し出してからは、勝率がどんどん上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

①サインインジケーター「SRC」
「SRC」というインジケーターは、主に逆張りの時に活用できる、オリジナルのサインインジケーターなのですが、設定したパラメータでの勝率を自動計算して表示させてくれるものなので、エントリーサインだけでなく、どのくらい勝っているのかを一目で把握することができる、非常に便利で優れたインジケーターです。

 

 

この時に私は、「CCIを利用する際は、CCIだけではなく、ストキャスティクスやRSIが組み合わさったサインインジケーター「SRC」を利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、CCIを利用していく際には、SRC」インジケーターを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

 

因みに、サインインジケーター「SRC」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

 

サインインジケーター①「SRC」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

【無料登録でC Force会員専用コンテンツが閲覧できる】

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
おすすめの記事