グッドマン法とは?バイナリーオプション取引で勝てる手法なのか?稼げる手法か調べて(検証して)みた!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションでは、勝率を上げるために様々な手法がありますが、多くの方が実践しているのは「マーチンゲール法」ではないでしょうか?

 

マーチンゲール法は、バイナリーオプションでは人気の手法にはなりますが、負けたときのリスクが大きいこと、それなりの資金がないと続けられないことからオススメできません。

 

 

そんなマーチンゲール法をさしおいて、いまは「グッドマン法」という手法が人気になってきています。

 

 

そこで!

今回は、「グッドマン法とは?勝てる手法なのか?稼げる手法なのか?」を調べてみました。

 

グッドマン法の概要と特徴について

 

「グッドマン法」とは、買ったら2倍、3倍と賭けていき、最大5倍の賭け金までという上限を基本として、エントリーする方法です。

マーチンゲール法は負けたときの損失が大きいのが、グッドマン法は負けたとしても損失が少なくすみます

 

グッドマン法を利用するやり方とは?
グッドマン法のやり方としては、
1回目の取引→一倍
2回目の取引→二倍
3回目の取引→三倍
4回目の取引→五倍
5回目の取引→五倍以上は賭けない
というように倍額を賭けていき、負けたら1回目の取引に戻るという手法になります。

 

 

グッドマン法を利用するメリットについて

マーチンゲール法は、負けても倍額をかけていかなければいけないため、数回エントリーすると結果的に負けたときの損失が大きいので、精神的にとてつもなく辛いものがありますが、グッドマン法であれば負けたら掛け金は最低額に戻るので損失が小さくすみます。

 

 

そして、連勝すれば掛け金が増える分、利益は増えていきます。

仮に4連勝してしまえば、そのあと10連敗してもマイナスになることはないのです。

 

グッドマン法をバイナリー取引で適用する際の使い方

 

グッドマン法をバイナリーオプションの取引で使用する際は、1000円掛けだとした場合、勝てば「2000→3000→5000」と賭けていき、負けたら最低掛け金の1000円に戻します。

 

グッドマン法が最適な相場は、「トレンド」が強くでているときです。

同方向に相場が動きそうなら、勝ち続けられる可能性が高いからです。

 

そして、バイナリーオプションは短時間取引のためトレンドでも、一時トレンドと反対に動くことがあります。

 

しかし、グッドマン法ならその負けで一に戻るだけなので、損失は少なくすみ一から立て直すことができます。

 

グッドマン法でバイナリー取引すると?【検証してみた】

 

グッドマン法で、1000円掛けで取引した結果を載せます。

 

取引

回数

勝敗 取引結果

金額

合計

残高

1回目 勝ち +1000
2回目 勝ち +2000 3000円
3回目 負け −3000 0円
4回目 負け −1000 -1000円
5回目 勝ち +1000 0円
6回目 勝ち +2000 2000円
7回目 勝ち +3000 5000円
8回目 勝ち +5000 10000円
9回目 勝ち +5000 15000円
10回目 負け −5000 10000円

 

以上のような結果になりました。

7勝3敗で、+10000円の収益でした。

 

 

通常通りのエントリー方法と比較

これを通常通りのエントリー法で取引すると・・・

7勝(+7000円)3敗(−3000)計4000円となり、収益にも大きく差がでるのが分かると思います。

 

 

通常通りの取引の方が、エントリー額分のマイナスだけなので負けたときの金額は小さくすみますが、連勝すれば金額を増やすことができるのでこのような結果になるのです

 

これが、マーチン法になったとしても負けたときの金額が大きいのでここまでの利益はでないのです。

 

グッドマン法はバイナリー取引で使えるの?稼げる手法なのか?

 

 

グッドマン法はバイナリー取引において、たいへん有能な手法といえるでしょう。

 

グッドマン法が使える理由その1
理由を3つあげると、1つ目は「負けを追わないので損が少なくすむ」ということです。
追ったあげく負け取引になってしまうとかなりの大損ですので、負けたらエントリー金額を下げるということは利益を出すためにはとても大事なことだと思います。

 

 

グッドマン法が使える理由その2
そして2つ目は、「精神面に優しい」ということです。
勝っていればエントリー金額をあげることに関しては精神的に苦痛なことはありませんが、負けているのにエントリー金額を上げることほど、精神的に苦しいことはありません。
不安定な状態でのエントリーは正しい判断も出来なくなってしまいますので、正確に落ち着いてエントリーするのならグッドマン法は適していると言えるでしょう。

 

 

グッドマン法が使える理由その3
そして3つ目は、「ある程度連勝すれば、一度や二度負けてもすぐに取り返せるということです。
資金も低資金から始められて、勝った分を取引に使うような形になるので、「コツコツ稼ぎたい」という方にもとてもいい取引方法だと思います。

 

初心者の方にも、マーチンゲール法というリスクの高い取引ではなくて、この「グッドマン法」に一度トライしてもらいたいです。

 

グッドマン法に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は「グッドマン法とは?勝てる手法なのか?稼げる手法なのか?」を調べてみました。

 

 

検証してみた結果を踏まえても、グッドマン法は「稼げる+リスクの少ない手法」といえるでしょう。

 

色々な取引方法があるとは思いますが、トータルで見たときに、1番安全に安定して稼げる手法なのではないでしょうか?

 

 

負けたら潔よく一からやる、投資の考え方としても理屈が通っている手法だと思いますので、グッドマン法を実践したことがない方はぜひ一度試してみてください

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事