どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションの魅力はと聞かれると、短時間取引という点を言われる方も多くおり、私もハイローオーストラリアでは、主にTurbo取引を中心に行っています。

 

しかし、最短30秒で決着がついてしまう取引なだけに、疲れもたまり負けを増やすこともあります

 

そんな時には、HighLow取引で長時間を選び、一息つきながらエントリーすることも多々あるのです。

 

今回は、そんな「ハイローオーストラリアの1時間取引」について記事にしていきます。

 

ハイローオーストラリアの1時間取引について

 

HighLow取引には15分、1時間、1日の中から判定時間を選ぶことができます。

 

ペイアウト率もそれぞに違い、15分は1.88倍1時間は1.89倍1日は1.90倍となっており、もちろん全てペイアウト率2倍にしてくれるスプレッドもあります。

 

もし、長時間取引をされるのならばスプレッドの方がお勧めです。

 

エントリー後の終了1分前までは、転売機能(途中で取引を終了しその時のペイアウト率で返金)も使用できるところが1時間取引の魅力です。

ここを上手に利用することによって、利益を上げることも可能となった取引です。

 

1時間取引をする際の注意点とは?

 

普段から短時間取引になれていると、1時間取引に対して、目を離してしまうことが起きてしまうかもしれません

 

注意点その1
FXならばこれでも放っておいても大丈夫なのですが、ゴールが明確にされているバイナリーオプションでは、目を離すのはとても危険な行為です一瞬で上下に動く為替相場は、勝っていたと思った1分後には負けている、なんてことがざらに起きてしまうのです。自動売買ができないハイローオーストラリアなので、パソコンから離れるのは止めておきましょう。

 

 

また、これはどの時間勝負にも言えるのですが、行う時間帯に注意が必要です。

 

注意点その2
例えば、日本時間の12時から13時などは相場の変動があまり起きない時間帯ですね。この時間にエントリーをしてもスプレッドの場合だと負ける可能性は非常に高くなります。このような時間帯はなるべく避けるようにし、日本市場やロンドン市場、ニューヨーク市場が開始する時間帯をしっかりと狙うように心がけましょう。

 

また、1時間取引だからといって適当にエントリーするのも危険です。

 

しっかりと自分の手法、順張り、逆張りのエントリーポイントで勝負するようにしましょう。

 

転売を利用すれば1時間取引で勝てるのか?

 

必ず勝てるとは言えませんが、利益を出せる確率が増えると言えます。

 

為替相場が同じ方向に行き続ける事は、経済に大きな打撃を与える災害などや経済指標になにかあったときしか考えられません。

 

相場の変動について
通常、上がったり下がったりを繰り返して相場は変動していくわけですが、これには人の低く買ったので高く売りたい、考えと違い下がり過ぎたから損切りしたい、特にこのポイントまで来たら買いたいなどは集団で思われている時も多く、常に心理が働いているので当たり前のことなのです。
そのため、ある抵抗ポイントに近づいたとき、一気に下がるなんてことはよくあり、残り時間3分で余裕で勝てると思っていたのが、一気に下がったなどはよくある事です。

 

 

これに対処するためには、転売機能が大活躍するでしょう。

 

転売機能で損失を防ぐ
大きな利益を出さないで良いと考えるのならば、ペイアウト率が1.5倍付近で転売するなど自分なりのルールを決めてやるのも良いのではないでしょうか。つまり、短時間取引は勝率にこだわりますが、1時間取引は損をしない事にこだわるという考えになります。

 

これにより気持ちが大分楽になれると思いますので、メンタル面が非常に大事なハイローオーストラリア取引では大事な事だと言えるのです。

 

1時間取引でインジケーターは使うべきか?

 

もちろんですが、インジケーターは必ず使用してください。

しっかりと抵抗線やボリンジャーバンドを見なければ、転売して良いか悪いかのポイントが分かりません。

 

先ほども話しましたが、為替は人の心理で動きます。これを知るためには、必ずインジケーターが必要となるのです。

 

インジケーターを使用しないと勝率が下がる?

たまに、インジケーターどころかMT4すらも見ないで勝負をする方法を教えているサイトがありますが、これは必ず勝率を落とします。

多くの方が素晴らしいと称賛しているインジケーターを利用しないのは、10人以上いるインフルエンザ患者の部屋の中に、マスクなしで入っていくようなもの、とても危険な行為なので必ずインジケーターを使用するようにしましょう。

 

ハイローオーストラリア1時間取引の攻略法まとめ

 

サポートラインとレジスタンスラインの見極めが重要になってくるのが1時間取引です。

 

1時間取引を行う例
私が1時間取引するときは、MT4の1時間表示と30分、5分表示からサポートラインととレジスタンスラインをしっかりと引き、このラインにローソク足が近づくたびに転売のタイミングをうかがっている方法です。よほどのことが無い限り損をするという事はなく、若干でも利益を出すことができています。

 

私がハイローオーストラリアを行うポイントは、1日のエントリー回数をいかに減らすかなので、利益の出ずらい1時間取引をあまり行うことはないです。

 

しかし、のめり込むとメンタル面が非常に危険な状態になるのがハイローオーストラリアですので、一息つくためにもたまに行うのは良い事です。

 

 

また、1時間取引を行っていると、長くMT4を見る事ができ誰かに説明されても理解できなかったことが分かるようになったこともあります。

 

自分の相場感覚を磨くためにも、1時間取引を利用することはとても大事な方法かもしれません。

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事