1マーチンとは?取引した際の勝率や損益分岐点について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

バイナリーオプションを調べていると、「1マーチン」という言葉を目にすることがあります。

 

マーチンがバイナリーオプションで利用できるかどうか?は、インターネット上でも賛否両論であります。

果たして、どちらの言い分が正しいのでしょうか?

 

 

そこで!

今回の記事では、「1マーチンとは何か?、その際の勝率や損益分岐点」について解説していきます。

 

マーチンゲールとは何か?

 

 

マーチンゲール法とは、ギャンブルに利用しれている掛け金の計算手法であり、負けた時は掛け金の2倍で次の勝負に挑戦する方法です。

 

本来、この方法が有効なギャンブルは、勝率約50%、払戻が2倍のものであり、例えばですと、ブラックジャックやルーレットに利用されてきました。

 

 

本当のマーチンゲール法とは?

マーチンゲール法の根本的な考え方は、勝つまで辞めなければ必ず利益が出る手法ですので、バイナリーオプションで利用するのであれば、単に倍賭けをしていけばよいというものではありません。

バイナリーオプションでは、ペイアウト率が関係してくるので、単に倍掛けでは数回目で損益が出てしまいます。

これでは本当のマーチンゲール法とは呼べません。

数回目で損益がるような掛け金はマーチンゲール法の趣旨に反していると言えます。

 

 

マーチンゲール法の正しい捉え方とは?

多くのサイトは単に倍賭けと言ってますが、それは誤ったマーチンゲール法の捉え方であり、「何回負けても最後には必ず決めた利益を出す方法」という捉え方が、正しいのではないでしょうか。

例えば、「必ず1度勝てば、1,000円の利益が出るように賭けていくと決める」といった考えが、正しい考え方だと言え、ペイアウト率に合わせて掛け金を変えていきます。

 

 

マーチンゲールの計算方法について

計算方法は「(稼ぎたい金額+前回までの累計損益)÷(ペイアウト率-1)」となり、この計算式で掛け金を計算して算出し、必ず決められた利益を出すという考え方です。

例えばですが、「1,000円の利益を必ず出す、ペイアウト率は1.88」といった場合の掛け金は、1回目は1136円、2回目は2,427円、3回目は5,185円、4回目は11,077円、5回目は23,664円と増えていき、何連敗しようと最終的に勝利すれば、1,000円の利益が必ず出る計算方法であれば、マーチンゲール法に当てはまると考えられます。

 

ちなみに、5回目での累計損失額は43,489円で、これで勝利していも1,000円の利益という手法になりますので、リスクが高いと誰もが思うのではないでしょか。

 

1マーチンとは?

 

1マーチンとは、このマーチンゲール法を1回で止める方法です。

 

1マーチンを行うメリット

先ほどの計算から何回も行うと、リスクばかりが大きくなり、いずれ利益が出るとはいえ冷静な判断はできなくなってきます。

そのため、マーチンゲール法を利用するのは一度のみということになり、負けたあとに、倍額で一度エントリーして終わりという考え方になるのです。

このほうがリスクを大きくせずに済むと考えることができます。

 

1マーチンで取引した際の勝率は?50%超えるのか?

 

1マーチンで取引した場合の勝率は、もともとの勝率が50%であれば、確実に超えてきます。

 

しかし、バイナリーオプションは、投資家にテクニカル分析によって勝率が変わってくるので、必ずしも50%を超えるという説明はできません。

もし、今利用している勝率が33%以下の場合であれば、1マーチンでも勝率を50%超すことができないのです。

 

 

ただし、ハイアンドローのようなバイナリーオプションで、33%の勝率事態がおかしな状況であった場合、逆にエントリーしていれば67%の勝率を誇る手法となります。

 

そう考えると、1マーチンを行った場合の勝率は、50%を超える確率が大分高くなると考えることもできるのです。

 

 

勝率80%以上と謳っている商材は注意すべき?

よく、勝率80%以上という手法を目にすることがありますが、その手法のほとんどがマーチンゲール法を用いたものとなっているようです。

ただですね、何回マーチンゲール法を利用しているか分からず、そのような手法を購入してしまう場合もおきています。

マーチンゲール法を利用すれば、勝率80%を超すことなど、結構簡単に行えるのです。

 

勝率80%以上と言われて購入したら、マーチンゲール法を利用していた」ということが無いように十分注意してください。

 

1マーチンの損益分岐点は?

 

 

1マーチンの損益分岐点は、先ほどのペイアウト率1.88で考えると「79.78%」になります。

 

 

損益分岐点は必ず確認しよう!

損益分岐点は、投資を行う上で必ず意識しないといけない点です。

特にペイアウト率や、スプレッド幅が変動してくるのがバイナリーオプションの特徴であり、その都度しっかりと意識するからこそ、ギャンブルにならないと言えます。

バイナリーオプションを投資として行うためにも、損益分岐点は必ず確認するようにしましょう。

 

1マーチンに関するまとめ

 

本来、1マーチンを利用すると決めてエントリーする手法はおすすめできません

 

バイナリーオプションにおけるエントリーは、そこでエントリーをする理由が明確かどうかです。

この理由を明確に説明できず、違う場面で1マーチンを利用するほど、恐ろしいことはありません。

 

 

エントリーの根拠を明確に話せることが重要!

例えば、ゴールデンクロスが起きたから上げると予想して「ハイエントリー」し、たまたまタイミングが良くなく負けてしまったとします。

そこで再度、上昇相場ということから、「ハイエントリー」をしたという根拠を話せるのであれば、意味のある「1マーチン」と言えるのです。

 

そもそも、相場の状況が変わったにもかかわらず、

先ほど負けてるから1マーチンでエントリーしなきゃ

 

と、義務的に行うのは問題のある利用方法と考えることができます。

 

 

一つ一つのエントリーに意味を持つこと

 

この部分をしっかりと考えておくと、1マーチンも使える手法になってくるのです。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事