どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションでのエントリー方法は2つ、順張りと逆張りのどちらかです。

 

相場は一方に進み過ぎると必ず戻ってくるという習性があり、逆張りはその最も高い位置を予測し、戻ってくるところでエントリーする手法です

 

 

それでは数多くあるインジケーターのなかで、逆張りに適しているのは、どのようなインジケーターでしょうか?

 

 

今回は、「逆張りのインジケーター」について紹介していきます。

 

逆張りで使えるインジケーターとは何か?

 

逆張りで使えるインジケーターは「ボリンジャーバンド」「エンベロープ」「RSI」「ストキャスティクス」「移動平均線」「ZIGZAG」などがあります。

 

 

ボリンジャーバンドについては、作成したボリンジャーさんは順張りで使用するべきと話されていますが、他のインジケーターと組み合わせる事で、十分に逆張りでも力を発揮してくれます

 

 

ただこの中の全てを表示しては理解できなくなるので、自分の好みに合わせて組み合わせることが必要です。

 

逆張りで使えるインジケーターを利用する際の注意点とは?

 

インジケーターを使用する際の注意点は、経済指標を調べておくことを忘れない点です。

 

どの手法でも同じですが、経済指標をしっかりと確認し、その時間帯はエントリーしないことをオススメします。

 

時間帯にも注意するべし?

それから、時間帯には注意が必要です。

逆張りに向いている相場の状況はレンジ相場になっており、その状況が良く起きる時間帯を選ぶことが大事です。

午前中は逆張りの手法で上手くいっていたのに、夜にエントリーしたら勝率が下がり、全ての利益をなくしたなどの話は良く聞きます。

これは初心者の方に見られる状況で、学んだ手法だけで勝負しようとし、相場を見極めていないために起きる症状です。

 

これを避けるためにも、時間帯を理解しておくことが必要です。

 

誰でも毎日1日のサイクルは似てくるので、自分の勝負できる時間帯に良いエントリー手法を選ぶようにしましょう

 

 

最後にですが、1つのインジケーターに頼らないことも重要です。

 

逆張りではどうしてもダマシが起こりやすく、そのため連敗することも多くなります。

 

それを回避するために少なくとも2つ以上のインジケーターを利用し、ダマシに合わないよう心掛けておきましょう。

 

逆張りインジケーターを使用する例

 

逆張りを使用する際、インジケーターの組み合わせでお勧めなのが・・・

「ボリンジャーバンド」「RSI」の組み合わせです。

 

 

ボリンジャーバンドの設定は「±1σ、±2σ、±3σの3本」を表示しておき、それにプラスして、RSIを表示しておく非常にシンプルな方法です。

 

 

そして、逆張りの場合では「5分取引」がお勧めですね。

あまり短すぎると、そのままバンドウォークされてしまう恐れもあるので、注意が必要です。

 

 

エントリーのタイミングについて

 

エントリーのタイミングは、3σにタッチしたときのボリンジャーバンド全体の角度とRSIの状況により異なります。例えば、プラス3σにタッチした際に、ボリンジャーバンドが全体的に上向き、RSIにもまだ余裕がある状況ではダマシに合いやすくなります。

先ほども話しまたが、出来る限りレンジ相場が良いため、ボリンジャーバンドが平行になっている状況を狙うのが大事です。

このボリンジャーバンドの状態で3σにタッチをしたら5分取引でエントリーするようにしましょう。

 

 

私はこの手法を5回挑戦しましたが、3勝し2回は転売機能を使用したため、損益がない状況、5000円の勝負で1万円以上の利益をだすことができました。

 

 

逆張りで重要なこととは?

逆張りで大事なのは、売られ過ぎ、買われ過ぎを理解することと、現在の相場状況を知ることです。そのため、ココを知る事が出来るインジケーターの組み合わせならば、問題なく使用することができます。

 

もしボリンジャーバンドは、順張りで使用したいという強い気持ちを持っているのならば、エンベロープとRSIの利用でもしっかりと勝負することができます。

 

逆張りインジケーターを使うことで勝率は確実に上がるのか?

 

逆張りインジケーターを使用することで勝率を上げるためには、ダマシに合わないことが最も大事になります。

 

 

先ほども注意点として説明しましが、1日通して同じルールの逆張りを利用した場合、勝率が下がることが予測できます。

 

そして、それを回避するために必要なのが、レンジ相場の時間帯で勝負することです。

 

たまにレンジ相場だとエントリータイミングが起こりにくいという話も聞きますが、だからこそ勝率が高いのです。

 

 

またレンジ相場なので、5分取引を推奨しているのです。

 

おそらく、多くの方がFXを経験せずバイナリーオプションから挑戦したのならば、逆張りでのエントリー手法を最初に学ばれたはずかと思いますが、それは一番説明がしやすい手法だからなのです。

 

 

騙されてはいけない!

3σにタッチしたら逆方向にエントリーするだけと説明し、バイナリーオプション業者へ勧誘するサイトが多く存在し、見ている方も「これなら簡単だ!」と、お手軽に始めてしまう傾向もありました。ボリンジャーバンド一つで勝率を高くすることは難しいのに、あまり説明をせずにこの手法で勧誘しているところがありますが、これに騙されてはいけません。

 

 

しっかりとした手法をとれば逆張りで勝率を上げることも、利益を出すことも必ずできます。

 

 

しかし、簡単な手法では必ず勝率は下がります。

 

インジケーターを複数利用することで、確実なエントリータイミングを確認し勝率と利益をしっかりと上げていきましょう。

【無料登録でC Force会員専用コンテンツが閲覧できる】

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
おすすめの記事