AFStarとは?アラートが鳴るMT4インジケーターのダウンロード方法や設定方法、使い方を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「AFStarインジケーターの概要と特徴、ダウンロード方法、設定方法、使い方、利用するメリット」について説明します。

 

投資を始めて間のない

簡単なインジケーターで取引してみたい

ひとつの投資の知識として身につけておきたい

矢印が表示されるインジケーターを使いたい

 

といった方に、ぜひ読んでいただきたいです。

 

AFStarインジケーターの概要と特徴

 

「AFStarインジケーター」とは、HIGHLOWサインを上下の矢印で表示してくれるものです。

 

値動きが大きいトレンド相場だけではなく、値動きの小さいレンジ相場でもサインが表示されます

 

 

しかし、このインジケーターはあくまでトレンド用に作られているため、レンジ相場よりもトレンド相場でのサインの方が比較的正確性があると言えます。

 

AFStarを利用する前に抑えておきたいこと
このインジケーターは矢印でエントリーする方向を教えてくれるため、投資の基礎知識さえあればこれだけでも勝てるようになります。
しかし、すべて矢印通りにエントリーしてしまうとあまり利益が伸びません。
その原因は、「相場の見極め」にあります。
トレンド相場とレンジ相場の見分けが付かなければ、知らず知らずのうちにレンジ相場でエントリーしてしまうことがあります。

 

投資の基礎知識を前もって学んでおく必要があるのです。

 

AFStarインジケーターのダウンロード方法とは?

 

「AFStar」のダウンロード方法は、とても簡単です。

 

「AFStar」のダウンロード方法について
①まず、インターネットで「AFStar」と検索してください。
②そこで、ダウンロードできるリンクがあるサイトを見つけ、そのリンクを対象ファイルへ保存してください。
③保存したらMT4を開き、ファイルから「データフォルダを開く」を選択してください。
④そこで先程保存したファイルをコピーして「MQL4」から「indicators」を開き、そこに貼り付けてください。
⑤ここまで終えたら「表示」からナビゲータを開き、「AFStar」をダブルクリック、またはチャートへドラックしてください。

 

ダウンロード方法は以上となります。

 

AFStarインジケーターの設定方法について

 

 

次に「パラメータ設定」です。

 

「AFStar」のパラメーター設定の仕方について
「StartFast」が3.0、「EndFast」が3.5、「StartSlow」が8.0、「EndSlow」が9.0、「StepPeriod」が0.2、「StarRisk」が2.8、「StepRisk」が0.5、「AllBars」が500、で設定されていることを確認してください。

 

確認できましたら、設定は以上となります。

 

おそらく初期設定で、この数値で設定されているので、数値があっているかだけの確認だけで大丈夫です

 

AFStarインジケーターの使い方を解説!

 

 

AFStarインジケーターは、これといって難しい判定などはありません

 

チャート上に上向き、もしくは下向きの矢印が自動的に表示されます。

その指示に従って、次の足でエントリーするだけです。

 

 

また、使用する上での注意点が2つあります。

 

注意点その①
第1に、「値動きの大きさ」です。
先述した通り、このインジケーターはあくまでトレンド用に作られています。
レンジ相場でも矢印は通常通り表示されてきます。
しかし、トレンド相場の勝率と比較するとかなり低くなってしまいます
ですので、極力レンジ相場でのエントリーは避けた方が良いです。
レンジ相場かトレンド相場か分からないという方は、他のインジケーターと組み合わせることをオススメします。
MACDはトレンドの大きさや向きを瞬時に判定できます。
そういったインジケーターと併用することで、予期せぬ損失を生むことがあまり出なくなってきます。

 

 

注意点その②
第2に、「相場の安定性」です。
相場はいつも一定に動いているわけでもなく、絶対的なパターンがあるわけでもありません。
時には相場自体が荒れだしてより不安定になる場合があります。
この荒れる時間はだいたい決まっています。
特に、経済指標1時間前後や金曜日、月曜日、深夜、アメリカの祝日など様々な要因で荒れやすくなってしまいます。
初心者の方は、こういった荒れやすい時間帯等を確認せずに取引してしまう方が多いです。
荒れた相場で取引しないように、前もって荒れる時間帯を確認しておく必要があります
荒れた相場では相場が不安定になり、AFStarインジケーターでも予測困難となり、想定外の損失ばかり生む結果となってしまいます。
事前に確認しておくことで、こういった損失を減らすことが出来るのです。

 

AFStarインジケーターを利用するメリットとは?

 

AFStarインジケーターは、とても初心者に良心的なインジケーターだと言えます

 

チャート上に矢印が表示され、次の足でその向きに従ってエントリーするだけなので、難しい判定がありません。

始めて間のない初心者の方であっても簡単に取引ができます。

 

 

初心者でも安定して取引ができる

トレンド相場とレンジ相場の見極めさえできれば、比較的安定して取引ができるので、投資初心者の方にもオススメできるインジケーターです。

 

 

他のインジケーターと組み合わせやすい
また、このインジケーターは矢印が表示されるということを特徴としていますが、他のインジケーターと組み合わせやすいこともひとつの特徴です。
メジャーな「RSI」と組み合わせても、25.75のラインに達した際に矢印が表示されていれば、より良い勝率が見込めます。

 

初心者のみならず、他のインジケーターと組み合わせて応用して取引したいという投資経験者にもオススメできます。

 

AFStarインジケーターに関するまとめ

 

本記事では、「AFStarインジケーターの概要と特徴、ダウンロード方法、設定方法、使い方、利用するメリット」について説明しました。

AFStarは、初心者の方にもとても良心的なインジケーターです。

 

 

矢印に従うこと

トレンド相場とレンジ相場の見極めができること

荒れる時間帯を確認できること

 

この3つが出来てさえいれば、始めて間のない初心者の方でも簡単に取引が出来てしまうのです

 

 

「RSI」インジケーターを本格的に利用して利益を得たいと思ったら?

 

「RSI」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもRSIはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にRSIだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、RSIだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、RSIだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、RSIだけでなく、自作のオリジナルインジケーターをRSIと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①RSIとストキャスティクスとCCIを組み合わせしたサインインジケーター「SRC」を利用

②RSIとストキャスティクスの数値をMTFで表示できるインジケーター「Rsi-Sto-View」を利用

③RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

 

 

①サインインジケーター「SRC」
「SRC」というインジケーターは、主に逆張りの時に活用できる、オリジナルのサインインジケーターなのですが、設定したパラメータでの勝率を自動計算して表示させてくれるものなので、エントリーサインだけでなく、どのくらい勝っているのかを一目で把握することができる、非常に便利で優れたインジケーターです。
②インジケーター「Rsi-Sto-View」
「Rsi-Sto-View」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターになるのですが、RSIとストキャスティクスの数値をMTFで表示させることができるので、上位足を確認せずとも、RSIとストキャスティクスの1分足と5分足の数値を、同時に一目で把握できるようになります。 ※MTFというのは、マルチフレーム分析といい、異なる時間足(上位足→下位足)のチャートを確認し、現在の相場状況を把握することで、エントリーポイントを探すといった分析方法です。
③インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

この時に私は、「RSIを利用する際は、RSIを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、RSIを利用していく際には、「SRC」、「Rsi-Sto-View」、「BS signal」の3つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「SRC」、「Rsi-Sto-View」、「BS signal」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

 

なぜなら・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「SRC」、②「Rsi-Sto-View」、③「BS signal」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

<引用元URL:https://binary-inception.com/binary-rsi-368>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事