どうもインベスターS.Tです。

 

オシレーター系のインジケーターとして有名な「RSIのダイバージェンス」という現象ですが、この状況になると相場はどう動いていくのでしょうか?

 

 

今回はあまり聞き慣れない、「ダイバージェンスとRSIの攻略法と注意点」について解説していきます。

 

ダイバージェンスは2つある?

 

ダイバージェンスには「ダイバージェンス」と「ヒドゥンダイバージェンス」の2通り存在します。

 

ダイバージェンスについて
まずは、「ダイバージェンス」とは何かです。
ローソク足は順調に上昇しており、たまにちょっと下降しながら高値を更新しているにも関わらず、オシレーター系では高値を更新せず下がっている状況のことを「ダイバージェンス」と言い、相場の反転を示唆しています。

 

つまり、「この状況が表れたらそろそろ反転するので、逆張りでエントリーするのが良いのでは?」という考えが起きるのです。

 

 

ヒドゥンダイバージェンスについて
ヒドゥンダイバージェンスでは、ローソク足は上昇をしながらも下降を繰り返していますが、最低値を更新していないのにオシレーター系では下降値を更新している状況なのです。

 

 

全体的の相場の状況は変わりませんが、「ダイバージェンス」と「ヒドゥンダイバージェンス」では、注目する点が変わっているのを理解しましょう。

 

 

この状況は、トレンドの継続を示唆しており、順張りでエントリーするのが得策となります。

 

RSIインジケーターを利用するメリットとは?

 

RSIは、売られ過ぎ買われ過ぎを教えてくれるインジケーターです。

 

RSIを利用することで、現在の相場の状況を判断することが可能になります。

 

 

RSIのメリットについて
一般的には70%以上になれば買われ過ぎ、30%以下になれば売られ過ぎと判断できます。
シンプルに相場の状況を判断できるのが「RSI」のメリットです。

 

 

ただ、70%以上になったからといってすぐにローエントリーしてもそのまま上昇トレンドになることもありえるので、簡単な判断はできません

 

あくまでも買われ過ぎを示唆しているだけで、投資家がその勢いに乗りたい、ここまできたから損切りと考え買い注文をさらに出す可能性もあるのです。

 

 

RSIが70%を超えたら反転するという説明も聞きますが、その可能性があるだけで絶対の法則では無いことを理解しておいてください。

 

ダイバージェンスとRSIを用いた攻略法とは?

 

 

ダイバージェンスとRSIを用いた攻略法は、5分以上の取引で転売機能を使用する際の判断材料として使用するのが一番です。

 

怖いのは、ダイバージェンスが起きたからといって、すぐにエントリ―できるほどの即効性がないことです

 

短期取引は危険なのか?
例えば、1分取引でダイバージェンスを利用して逆張りエントリーしたとしても、最初の30秒は下がっていても後半巻き返し最後に負ける勝負が多くなります。
だからと言って、ダイバージェンスが起きているのに順張りする勇気もありません。
つまりバイナリーオプションで、ダイバージェンスが起きたときに短期取引でエントリーすることは、丁半博打になってしまうとうことです。

 

 

私の見解になりますが、ダイバージェンスはFXのように長時間できるものに対しては情報の一つとして強さを発揮しますが、ダイバージェンスが出現したからと言って、すぐに反転しないことも多々あり、バイナリーオプションでの活用は非常に難しいのです。

 

 

転売機能として利用すべし?
ただ、転売機能を利用する目安になることは確かなので、エントリーポイントを探すよりも利益を得るための転売ポイントとして利用することをお勧めします。

 

 

ダイバージェンスは1回起きた後、連続で起きる可能性もある現象です。

 

これを「ダマし」と呼んで良いかは分かりませんが、エントリーポイントの判断として難しくさせているのは確実です。

 

ダイバージェンスとRSIを組み合わせて使う際の注意点とは?

 

バイナリーオプションが初めてで、チャートを見たばかりの方は、ラインを引くという行為にためらいを持たれる方も多くいるようです

 

サイトでは簡単にラインが引かれているので見てると分かりやすいのですが、いざ現在の動いているチャートで自分がラインを引こうとすると、どれとどれを結んでいいか分からなくなってしまうからです。

 

 

ローソク足はジグザグしながら動いており、目移りしてしまう気持ちは良く分かります。RSIも同じです。

 

そのため、明確なダイバージェンスに気づけない方も多く居るのではないでしょうか。

 

 

注意点①
ダイバージェンスとRSIの組み合わせで注意しなければいけない点は、間違えたダイバージェンスを作らないことです。
これにはチャートに慣れる必要があるので、まずはMT4を見てZIGZAGインジケーターを表示し、ラインを引く練習をすることをお勧めします
ダイバージェンスという現象を知っていてもチャートで気づけないとしたら利用ができません。

 

 

ローソク足とRSIを見ただけでラインを引かなくとも気づけるようになったり、「何が起きているか?」を確かめる為にラインを引く。

こうした状態になれたら十分です。

 

 

注意点②
また、ダイバージェンスが起きたからといって、絶対にすぐ反転するという訳でないことも忘れないでください。
RSIがそのまま上に張り付いたままの現象を私は何度も見たことがあります。

 

 

できればダイバージェンスとRSIインジケーターは、転売機能を利用する目安として使用いただくことをお勧めします。

 

 

「ダイバージェンス」を活用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

 

ダイバージェンスは、ローソク足とオシレーター系のインジケーターが逆に表れている状況のこと、つまりは相場の反転を示すものですので、タイミングを見計らって、逆張りでエントリーをしていくのが効果的な使い方なわけです。が・・・

 

 

ただですね、実際にダイバージェンスを活用してエントリーしようとしたとしても、多くの人が失敗してしまうというのが現実です。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ダイバージェンスを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ダイバージェンスでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ダイバージェンスだけでなく、パーフェクトオーダー、それから移動平均線やボリンジャーバンドといったインジケーターを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出してくれるサインインジケーター「Mixsign」を利用し始めたわけですが・・・・

 

 

勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

 

①サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

この時に私は、「ダイバージェンスを活用する際に、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができる「Mixsign」を利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ダイバージェンスを活用する際には、「Mixsign」インジケーターを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

 

因みに、サインインジケーター「Mixsign」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

 

サインインジケーター①「Mixsign」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

<引用元URL:https://binary-inception.com/divergence-capture-1741>

 

【無料登録でC Force会員専用コンテンツが閲覧できる】

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
おすすめの記事