どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションでより多くの利益を得るためには、テクニカル分析はなくてはならないものです。

 

色々な組み合わせを試しながら、より良いエントリーポイントを探している方も多いのではないでしょうか?

 

 

今回は、「多くの方が使われているボリンジャーバンドと、認知度は少々低いアルーンオシレータの組み合わせ」について、バイナリーオプションでどのように活用するのか解説していきます。

 

ボリンジャーバンドとは?

 

ボリンジャーバンドは、勢いや転換の目安、方向性を示してくれるインジケーターです。

 

中央に移動平均線を引き、その上下にσ(シグマ)と呼ばれている標準偏差をライン状でチャートに表示したテクニカルチャートになります。

 

 

ボリンジャーバンドの概要
ボリンジャーバンドは、σごとにローソク足が収まる確率を表しています。
±1σに収まる確率は68.26%、±2σは95.44%、±3σは99.73%とかなり大きな確率で収まるとされています。
そのため、ローソク足に勢いがあるときはボリンジャーバンド内に収めようとし広がりを見せたりするわけですが、この状態によって相場の状態を次のように把握するのです。

 

 

・スクイーズ

ローソク足の動きが静かなためボリンジャーバンドが水平で幅の無い状態、レンジ相場と判断できます。

 

・エクスパンション

ローソク足が動きが強く、±σが上下に離れ始める状態、トレンド相場の発生を示唆しています。

 

・バンドウォーク

ローソク足が2σに沿って動いている状態、もし上昇トレンドならば、±σ共に右肩上がりのラインを形成、強いトレンドの発生を示唆しています。

 

 

ボリンジャーバンドの使用方法
使用方法としては、3σにローソク足がタッチした際の逆張りエントリーで使用する方が多いようです。
しかし、ボリンジャーバンドを開発した「ジョン・ボリンジャー氏」は、トレンド相場でこそ力を発揮すると言われています。
そのため、推奨できる手法は、バンドウォークでの順張りエントリーなのではないでしょうか。

 

アルーンオシレーター(Aroon Oscillator)とは?

 

アルーンオシレータは、最初にあまり知られていないと紹介しましたが、その理由はMT4に標準装備されていないからです。

 

もし利用する場合は、無料でダウンロードすることができますので、検索してみてください。

 

 

アルーンオシレーターの概要
アルーンオシレータは、トレンドの発生や強弱、転換点などを確認できるインジケーターとなっています。
見方は1本のラインから構成されており+100から-100の間で振動、0ラインより上にあれば上昇トレンドでさらに数値が高くなれば強い上昇トレンド、下にあれば下降トレンドでさらに数値が低くなれば強い下降トレンドと判断できます。
またヒストグラムの色でも判断でき、色別に上昇、下降、もみあいと一目で見ることも可能です。

 

 

アルーンオシレーターの使い方

アルーンオシレーターの使い方は、マイナスから0ラインを突き抜けた時、ハイエントリーを行い、プラスから0ラインを突き抜けた場合はローエントリーを行う方法となります。

 

とても見やすくシンプルなのが特徴のインジケーターです。

 

ボリンジャーバンドとアルーンオシレーターを組み合わせた攻略方法とは?

 

 

2つのインジケーターを組み合わせることで、エントリーポイントをより勝率の高いものにしていきましょう。

 

 

エントリーポイントについて
アルーンオシレータは0ラインより下、ヒストグラムの色はもみ合いを示唆している状態です。
アルーンオシレータが0ラインを上に突き抜けヒストグラムもタイミングよく上昇トレンドを示唆し、その際にボリンジャーバンドが+3σにタッチしていないければ、ハイエントリーを行う手法です。
この状態は長い上昇トレンドを示唆していますので、連続してエントリーすることも可能です。

 

 

ボリンジャーバンドの-σが上を向き始めたら、エントリーを終了するようにしましょう。

 

ボリンジャーバンドとアルーンオシレーターを利用する際の注意点とは?

 

 

今回は「トレンド相場を狙った手法」を紹介したわけですが、なぜかというと・・・・

 

アルーンオシレータは方向感の無いレンジ相場では機能をしなくなるからです。

 

 

ボリンジャーバンドの±σが平行、アルーンオシレータが0ライン付近を付けてる時は、エントリーを避けるようにしましょう。

 

 

今回の2つのインジケーターは、レンジ相場を確認しやすいものです。その特徴をしっかりと有効活用するようにしましょう。

 

 

見やすくするためには?

また、アルーンオシレータのヒストグラムについては、色をローソク足に合わせると見やすくなります。

 

上昇トレンドと陽線のローソク足ペア、下降トレンドと陰線ローソク足のペアのように赤なら上昇、青なら下降というのを自分で決めておくと、とても分かりやくなります。

 

ボリンジャーバンドとアルーンオシレーターに関するまとめ

 

多くの方に利用しれているボリンジャーバンドは、ダマしが多いことでも有名です。

 

とても多くの方に利用されているインジケーターですが、この点は仕方ありません。

 

 

しかし、アルーンオシレータを利用することにより、このダマしを少なくすることもできるのです。

 

勝率を上げるエントリーポイントにするために、今回はボリンジャーバンドとアルーンオシレータを組み合わせました。

 

 

インジケーターの組み合わせを探す場合は、お互いの欠点をカバーできるものを選ぶと良いでしょう。それにより、1日にエントリーできる回数は減るかもしれませんが、それだけ精度が高く、その結果勝率も上がるということになるわけですね。

 

 

バイナリーオプションで最終的に大事になるのは、やはり「メンタル」です。

 

1日のエントリー回数を増やすことで、どうしてもメンタルが崩れやすくなってしまいます。

 

 

今回のような組み合わせのように、勝率が高く冷静に取引できる手法が、バイナリーオプションには大事なのです。

 

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、様々なインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事