ボリンジャーバンドとは何か?テクニカル指標の定番の1つ?多くのトレーダーが利用するインジケーターを解説

 

どうも、インベスターS.Tです。

 

トレードをよくやっている人にとっては、よくご存知かと思うのですが、あなたは「ボリンジャーバンド 」というワードを聞いたことはありますか?

 

 

「え?ボリンジャーバンド?って何?・・・」

 

という風に思うかもしれませんね。

 

 

ですがもし、あなたがバイナリーオプションやFXなどで、頻繁にトレードを行う人であれば、ボリンジャーバンドは必ず理解しておかなければならないワードです。

 

 

なぜなら、ボリンジャーバンドというワードを知らないまま、トレードをすることは極めて危険とも言えるからです。

 

 

ですので、今回はボリンジャーバンドというワードを知らない人のために、「ボリンジャーバンド」について詳しく説明していこうと思います。

 

 

ボリンジャーバンドとは何か?

 

まず、「ボリンジャーバンド」というワードについて簡単にお話します。

 

 

ボリンジャーバンドを簡潔に説明すると、移動平均線と値動きが上下する幅を示す線を付け加えた指標のことを言います。

 

簡潔に言うとこういうことなのですが、「え、どういうこと?」と思われる方もいるかと思いますので、さらに詳しく説明します。

 

 

そもそも、ボリンジャーバンドはFXやバイナリーオプションなどのインジケーターのうちの1つに当てはまり、トレードをしている多くの人達が利用しているテクニカル指標なわけですが・・・

 

ボリンジャーバンドを意識してチャートを見ていくことができれば、値動きを的確に予想することができるんですよね。

 

 

先ほど、「移動平均線」と「値動きが上下する幅を示す線」という言葉を使って、ボリンジャーバンドを説明しましたが・・・

 

移動平均線」というのは、いま現在の値動きの平均が、過去の値動きの平均よりも高いのか?それとも低いのか?を、視覚的にわかる線のことであり、「値動きが上下する幅を示す線」というのは、いわゆる標準偏差を表している線のことですね。

 

※標準偏差というのは、ある期間の値が平均値からどのくらい分散されているのかを示したものであり、通常「σ(シグマ)」と呼びます。

 

 

標準偏差の具体的な表し方は、平均値±1σ、平均値±2σ・・・、と表し、統計学に寄れば、平均値±1σに収まる確率は68.26%、平均値±2σに収まる確率は95.45%、平均値±3σに収まる確率は99.73%と言われています。

 

 

この標準偏差ですが、よく使われるのは、高校受験だったり大学受験などに用いられていますね。

 

 

このように、標準偏差の統計学からも言えるように、バイナリーオプションの値動きも「ある一定の値を超えたら、何は平均値に戻り始めてくるだろう」という予想を立てることができるわけです。

 

 

ですので、ボリンジャーバンドというのは、標準偏差の統計学の考えに基づいたテクニカル指標のことを意味しているわけですね。

 

 

ボリンジャーバンドは少し危険なテクニカル指標なの?

 

 

ボリンジャーバンドは、標準偏差の統計学の考えに基づいたテクニカル指標ですので、ボリンジャーバンドを利用してしっかりとチャートを分析することができれば、損することなく利益を上げることができるようになります。

 

しかし、テクニカル指標の1つとしてよく使われるボリンジャーバンドですが、実は大きな落とし穴があります。

 

 

何かというと、「ダマシ」の被害にあってしまう可能性があるという点です。(※ダマシというのは、買いや売りシグナルが出た後に、逆へいってしまうことです。)

 

 

確かに、ボリンジャーバンドはとても利用できるテクニカル指標ではありますが、油断していると大きな損失をしてしまうことになります。

 

そのため、ここからは「ボリンジャーバンドを利用する際に注意すべき点」について紹介したいと思います。

 

ボリンジャーバンドを利用する際の注意点とは?

 

ボリンジャーバンドを利用する際には、ボリンジャーバンド特有の動き方に注意する必要があり、3つほど、代表的な動きが存在します。

 

 

スクイーズ

 

1つ目の特有な動きとして「スクイーズ」と呼ばれる動き方が挙げられます。

 

スクイーズは英語で絞るだったり、押しつぶすなどの意味があるわけですが、まさしくその通りで、ボリンジャーバンドの形があるところで絞られるという現象が起こることを指しています。

 

スクイーズの現象が起こった場合、ボリンジャーバンドの形が絞られているわけですが、仮にこの状態でトレードを行うとどうなるか予想できますか?

 

 

スクイーズの現象が起こった場合、言うなれば値動きが極端に少なくなってしまった状態になるわけですが、基本的に値動きが少なくなっている状態というのは、トレードを行う上で好ましくない状況です。

 

ですので、スクイーズの現象が起こっている時にトレードを行えば、負けてしまう確率が高いです。

 

 

しかし、スクイーズの現象が起こっている時というのは、ある時期にトレンドが発生する可能性が高いです。

 

もし、スクイーズの現象が起こっている状況であれば、少なくともスクイーズの現象が終わるまで、トレードをするのは控えた方がいいでしょう。

 

 

エクスパンション

 

 

2つ目の特有な動きとしては、「エクスパンション」と呼ばれる動きですね。

 

 

エクスパンションは、スクイーズの現象が終わった後に起こりやすい現象でありますが、バンド幅、つまり値幅がどんどん大きくなっていく現象のことを指しています。

 

 

エクスパンションの現象が起こった場合、値動きが大きくなっている状態ですので、標準偏差の平均値±3σの値を突き破ることもあります。

 

エクスパンションの現象は、値動きが大きいので、スクイーズの時と違って、トレードチャンスとも言えるのですが、順張りと逆張りを気をつけなければなりません。

 

 

確かに、エクスパンションの現象が起これば、ある一定の方向に値動きが向かっていくようになるので、簡単に予測ができると思えがちですが、両端のバンド幅が大きくなっている以上、実際の値は一時的に上下に揺れ動いています

 

なので、仮にエクスパンションの現象が起きた場合には、基本は順張りですが、上下に反発している時には逆張りをした方がいいと言えます。

 

バンドウォーク

 

3つ目の特有な動きとしては、「バンドウォーク」と呼ばれる動きですね。

 

バンドウォークとは、エクスパンションの現象が続いている状態のまま、ローソク足が動く現象のことを指しています。

 

 

基本的にバンドウォークの現象が起こっている時というのは、一定方向にローソク足が動いているので、トレードがしやすい状況とも思えがちですが、エクスパンションの現象と同様に、値動きが上下に大きくなりがちなので、トレードをするには難しい状況と言えます。

 

逆張りしてトレードをすることも不可能ではないですが、どっちにしろこの状況で無理にトレードをする必要はないでしょう。

 

 

ボリンジャーバンドにデメリットはないのか?

 

 

ここまでボリンジャーバンドの良さや特徴について説明してきましたが、「ボリンジャーバンドには本当に欠点がないの?」っと思われる人もいるかと思います。

 

ですので、ここからは、ボリンジャーバンドのデメリットについて説明していきます。

 

 

ボリンジャーバンドは、標準偏差の統計学を元に導き出されている確率ですので、一般的には頼りになるテクニカル指標であると言えます。

 

しかし、例えばですが、数年に一度しか起こりえない出来事などが起こった瞬間、過去の相場からは予想不可能な値動きをするので、過去の統計から導き出されたボリンジャーバンドの確率は全く当てにならず、トレードを行う上で非常にリスクを伴うことになります。

 

 

また、テクニカル指標としてボリンジャーバンドだけを頼りにして分析し続けていった場合、どうしても最初の動きを読むことが難しいので、順張りのトレードを行う際には、どうしても注意する必要があると言えます。

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

 

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、自作のインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

 

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

 

 

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事