TDシーケンシャルインジケーターとは?MT4での設定や使い方、計算式について解説!バイナリー取引で騙しを回避するには?

 

どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「TDシーケンシャルの概要やMT4での設定方法、TDシーケンシャルの使い方、計算式、ダマしを減らす方法」について説明します。

 

TDシーケンシャルは数字のみが表示され、ポイントとなる数字2つを把握していれば簡単にエントリーポイントを見極められます。

 

少しでも判定が簡単なインジケーターを使いたい

見方は単純だけど比較的勝率が良くなるインジケーターを使いたい

トレンドの転換期が知れるインジケーターを使いたい

 

という方にオススメできます。

 

経験者の方でも、他とは違った面白いインジケーターですので、知識のひとつとして抑えておくと良いかもしれません。

 

TDシーケンシャルの概要

 

TDシーケンシャルのTDは、「トム・デマークさん」の文字から来ています。

 

TDシーケンシャルの特徴
このTDシーケンシャルは、トレンド時に活用することができ、トレンドが発生すると数字が出てきます。
この数字は、これからトレンドが転換するかもしれないということを教えてくれます。

 

 

そのため・・・

トレンドがいつ転換されるかが分からない

今トレンドなのかどうかが分からない

 

という方でも、簡単に「トレンドかどうか?」や、「トレンドの転換期」を見極めることができます。

 

TDシーケンシャルの設定方法について

 

TDシーケンシャルは、残念ながらMT4には常備されていません。

 

MT4以外から導入する方法
①MT4に導入するためには、「abysee」というサイトに入る必要があります。
②このサイトから「MT4インジケーターを名前から探す」を選択し、「T」をクリックしてください。
③そこに、「TDシーケンシャル」があるので、それをMT4にダウンロードします。
④ダウンロードしましたら、メニューバーにある「挿入」から「カスタム」を開き、「TDシーケンシャル」を開きます。
(または、メニューバーにある「表示」から「ナビゲーター」を開き、「インジケーター」、「Example」という順から、TDシーケンシャルをチャート上にドラッグしてください。)
⑤表示が出来たら、ローソク足の上下に数字が表示されます。(※出てこない場合は、時間足を変更すると出てきます。

 

 

パラメーターの設定について

次にパラメーター設定です。

基本的に設定はありませんが、外部から導入したものですので、「外部からのエキスパートの使用を許可する」にチェックを入れておいてください。

 

 

TDシーケンシャルの基本的な設定は以上となります。

 

設定自体は少し面倒な点はありますが、手順通りやれば間違えることは無いので焦らずゆっくりとやってみて下さい。

 

TDシーケンシャルの使い方について

 

 

TDシーケンシャルは、「トレンドの転換期」を知らせてくれる便利なインジケーターです。

 

TDシーケンシャルで表示される数字について
TDシーケンシャルがダウンロードできますと、ローソク足の上下に数字が表示されます。
この数字の中で、特に注目して欲しい数字は「9」と「13」です。
「9」は、トレンドが転換される可能性があることを表しています
一方「13」は、もうすぐトレンドが転換される可能性が高いことを意味しています
13までいけば、大抵トレンドは転換されていきます。

 

ただし、トレンドが転換されるだけで、反発がないということはありません。

そのため、13でエントリーしても反発により負けてしまう可能性があります。

 

1本目負けたら、次の足で何倍かの金額でエントリーする」というマーチンを行うか、もしくは「14」でエントリーするなどの工夫が必要となります

 

 

このTDシーケンシャルは数字が表示され、ポイントとなる場所も数字を見るだけで判断出るので、初心者の方にも良心的なインジケーターです。

 

(しかし、反発をしっかりと意識してエントリーする必要があるので、初心者の方が数字だけにすべて任せてエントリーすると危険です。)

 

TDシーケンシャルの計算式について

TDシーケンシャルの計算式は、残念ながら一般的には公開されておりません。

(※もし、TDシーケンシャルに関する計算式が判明しましたら、後日追記します。)

TDシーケンシャル利用時に騙しを回避するには?

 

 

TDシーケンシャルは、便利かつ簡単なインジケーターです。が・・・・

やはりダマしというものがあるのです。

 

このダマしを避けるための方法は「2つ」あります。

 

ダマしを避ける方法その①
1つは、荒れている相場ではエントリーしないことです。
荒れている相場は主に経済指標1時間前後や金曜日、月曜日、深夜、アメリカの祝日なのに多く見られます。
初心者の方は、特に経済指標なども要チェックしておく必要があります。

 

ダマしを避ける方法その②
第2に、反発を考慮してエントリーすることです。
たとえ「13」でも、反発で負けることがあります。
そのため、マーチンを準備しておく必要があります
資金があまりない方やマーチンをしたくない方は、「14」でエントリーするなどの工夫が必要となります。

 

これら2つを意識していれば、ダマしは減らせます。

 

TDシーケンシャルにあった相場をしっかりと選び、資金にあった金額でマーチンなどをしてください。

 

TDシーケンシャルに関するまとめ

 

本記事では、「TDシーケンシャルの概要やMT4での設定方法、TDシーケンシャルの使い方、計算式、ダマしを減らす方法」について説明しました。

 

この「TDシーケンシャル」はトレンドが転換される時期を知らせてくれます。

 

TDシーケンシャルを利用する際のポイント
もう一度説明しますが、ポイントとなる数字は「9」と「13」です。
「9」でも十分勝つことは出来ますが、極力「13」を目標にエントリーしてください
このインジケーターは万能ではありません。そのため、ダマしは必ずあります。
少しでもダマしを減らすために、TDシーケンシャルに合った相場でエントリーしたり、マーチンを準備しておくなどの工夫が必要となります。

 

 

ただですね、このインジケーターは、他のインジケーターに比べて判定が簡単です。

 

そのため、「ダマしを回避するための注意点」や、「ポイントとなる2つの数字」をしっかりと理解してさえいれば、初心者の方でも簡単に取引することができます。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事