i-Sessions市場色分けインジケーターの使い方や設定から注意点を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

あなたは「i-Sessions市場色分けインジケーター」をご存じですか?

市場が開かれている時間帯と、その時の高値安値を表示するインジケーターです。

 

テクニカル分析を十分にしているが、勝率が上がってこないと感じているトレーダーは、時間帯を意識したバイナリー取引を行ってないのかもしれません。

 

今回の記事では、「i-Sessions市場色分けインジケーター」について解説していきます。

時間帯を意識する重要性と合わせ、使い方や設定方法を学んでいきましょう。

 

i-Sessionsとはどんなインジケーターなのか?

 

i-Sessionsの概要について

i-Sessionsとは、世界三大市場と呼ばれている「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」「東京市場」のオープン時間を色分けして見やすくするインジケーターです。

その市場の高値と安値も一目でわかるようになっています。

 

 

チャートに集中していると、時間帯を気にせずに長時間の取引を行うことがありませんか?

 

ちょうど市場がオープンする時間にエントリーをしてしまい、テクニカル分析した通りに値動きしないこともあります。

 

市場のオープン時間を把握し、その時間帯の特徴を掴んでおくのは、為替を利用したバイナリー取引を行う上で非常に大切なことです。

 

テクニカル分析で勝率がなかなか上がらないという人は、一度時間帯を気にする取引を行ってみましょう

その時間帯を意識したトレードを行うために利用できるのが、「i-Sessions」というインジケーターです。

 

i-SessionsのMT4設定方法について

 

 

i-SessionsはMT4に装備されているインジケーターではありません。

無料でダウンロードできますので、検索サイトから検索しMT4に挿入しましょう。

 

i-Sessionsの設定項目について

i-Sessionsの設定項目は以下を参考にしてください。

NumberOfDays…i-Sessionsを表示する日数
AsiaBegin…東京市場の開始時間
AsiaEnd…東京市場の終了時間
AsiaColor…東京市場を表す色
EurBegin…ロンドン市場の開始時間
EurEnd…ロンドン市場の終了時間
EurColor…ロンドン市場を表す色
USABegin…ニューヨーク市場の開始時間
USAEnd…ニューヨーク市場の終了時間
USAColor…ニューヨーク市場を表す色

 

ダウンロード後、特に変更することなくデフォルト通りで利用できます。

設定画面で表示される時間帯は、ニューヨークの時間帯で設定するので、気を付けてください。

 

またMT4の初期設定のままチャート表示すると、i-Sessionsが見にくいかもしれません。

その場合は、プロパティを利用して基本配色を変更しましょう

 

i-Sessionsの見方や使い方について

 

 

i-Sessionsの見方は簡単です。

 

i-Sessionsの見方について

チャート上に、開いている市場の時間帯を、指定した色で囲います。

市場の開いている時間が重なっている箇所も、色が混色になるので見やすいです。

囲まれた枠の上底は、その市場における「高値」に指し、下底は「安値」を指しています。

つまり、囲まれた枠の中に、その市場のローソク足がすべて収まっている状態です。

i-Sessionsがその市場を囲むことにより、一目で最高値と最安値がわかります。

 

また「i-Sessions」は、テクニカル分析ができるインジケーターとは異なるので、使い方は特にありません。

 

 

i-Sessionsを使う際のポイントとは?

i-Sessionsを利用する上で大切なポイントは、市場の特徴を理解し取引を行うことです。

世界三大市場の特徴を掴み、それぞれの時間帯を意識したトレードを行うために利用しましょう。

 

特にエントリーポイントを示唆してくれるようなインジケーターではありません。

 

i-Sessionsを利用する際の注意点とは?

 

i-Sessionsを利用する際の注意点は、その市場の最高値や最安値を表示するからと言って、その価格がサポートラインやレジスタンスラインとして活用できない点です。

 

よく最高値と聞くと反転しそうなイメージを持つかもしれませんが、そのような利用方法はできません。

先ほども説明しましたが、テクニカル分析をするインジケーターではない点を注意しましょう

 

 

市場により、トレーダーが参加する人数も異なります。

その市場もオープン時間は、参加人数が増えクローズする時間に伴い減っていくはずです。

時間帯によるボラリティの大きさを理解して、バイナリー取引を行いましょう。

 

i-Sessionsは、その他多くのインジケーターとは異なる点に注意してください。

 

i-Sessions市場色分けインジケーターに関するまとめ

 

i-Sessions市場色分けインジケーターを表示させておくと、トレードをするうえで大切な時間帯を意識することを忘れません。

 

世界三大市場の特徴は異なる

世界三大市場は、それぞれ特徴が異なります。

ロンドン市場はトレンド相場が多くなる傾向があるので、順張り手法の目線でチャート分析をしようと考えることもできます

ニューヨーク市場は、重要経済指標の発表が多いので、事前にチェックしておこうと意識するようになるはずです。

 

 

勝率が安定しないと感じたら?

市場の時間帯により、取引手法を変更すると、勝率が安定することがあります。

もし、今利用しているテクニカル分析の勝率が安定しないと感じている人は、i-Sessions市場色分けインジケーターを利用し、市場の時間帯を意識するようにしましょう。

 

それぞれの特徴を学ぶと、トレーダーの心理がわかってくるかもしれません。

それはバイナリー取引を行う上で非常に大切なことです。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事