空売りとは何か?意味は?空売りする方法や仕組みからバイナリーとの関係性について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

投資をする方は、たくさんの為替用語も耳に入ってくるかと思います。

 

ニュースなどでも色々な言葉が飛び交っていますが、聞きなれないと、「なんか難しそうだな…」と気後れしてしまいそうなものもあります。

 

しかし、仕組みを理解しておくだけでもバイナリーオプションを含め、投資をする上では役に立ちます。

 

そして、みなさんは「空売り」という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

 

バイナリーオプションが初めての投資という方はあまり聞きなれない用語だと思います。

 

 

そこで!

今回は、「空売りとは何か?意味は?空売りする方法や仕組みからバイナリーとの関係性」について解説させていただきたいと思います。

 

空売りの意味を解説!

 

 

基本的に「空売り」とは、FXや株で使用する用語で、FXではまだ持っていない為替通貨を先に借り、それを売って、あとで買い戻して利益にすることができます。

 

 

空売りの利益の出し方

空売りの利益の出し方としては、1ドル100円のときに、1万ドル(100万円分)を売り、1ドル90円になったところで1万ドル(90万円分)を買い戻すと、10万円の利益がでるというものです。

 

株取引も空売りのシステムはありますが、株は借りた分の金利や賃料を支払わなくてはなりません。

しかしその点、FXでは金利がかからないので利益になりやすいのです

 

空売りの仕組みについて

 

「空売り」と仕組みとしては、株取引の場合は現物主義であるがために、外部から実際の株を借りて空売りを行います。

 

しかし、FXは現物の受け渡しを行わずに、売りと買いの差額の授受で決済する差金決済なので、実際に為替通貨を借りて取引をする必要がないのです。

そのため、FXでは手数料や貸株料などが発生しないのです

 

 

ただ、

借りられて取引して勝てたら最高じゃん!

と、軽く見ると大変なことになります。

 

スワップポイントという利益について

FXは、日本より政策金利の低い国の通貨を保有する場合に、「スワップポイント」という利益がでます。

低金利の円は、買いで始まる通常の取引の場合は、スワップポイントはプラスになることが多いですが、金利の高い国の通貨を空売りして、金利の低い国の通貨を買うとマイナスになることが多いです

そして、持っていれば毎日とられてしまいますので、長期間の保有には気をつけましょう。

 

株やFXで空売りをする場合の方法とは?

 

通常の取引は、買値よりも高ければ利益が出るのに対して、空売りは売値よりも価格が下がれば利益になります

そのため、空売りの場合は、円安の時に売り、円高の時に買い戻すことで利益を出すことができるのです。

 

そして、為替レートの上がり下がり関係なく、相場が下がっていて普段であれば手の出せないときでも、利益を出すことができるので、いつでも取引することができます。

 

 

FXで空売りする場合について

FXで空売りする場合は、逆指値注文で行うことができます。

それから、空売りのリスクについて頭に入れておきましょう。

 

 

空売りのリスクについて

買いは家まで、売りは命まで」という相場の格言があります。

これは、「信用買いで失敗したら家を失うほど損をするが、信用売りで失敗したら、家だけではすまず、命まで失うかもしれない」という意味です。

買いの場合の損失は、最大でも投資した金額が最大となります。

それ以上になることは基本的にはありえません。

しかし、空売りの場合は、損失はどこまででも膨らみます

もし100万円で空売りしたものが、高騰し1,000万円になってしまえば、900万円の損失となってしまいます。

このようなことにならないためにも、空売りのリスクは理解しましょう。

 

中級、あるいは上級者になれば、空売りで取引している人は多くいますが、初心者には少し難しいかと思います。

 

もし、初心者の方が空売りする場合は、必ず大きなトレンドが確定したらするようにしましょう

中途半端なトレンドでは大損になってしまうかもしれません。

 

空売りとバイナリーとの関係性はあるのか?取引のヒントになる?

 

バイナリーオプションでは「空売り」はできません。

しかし、空売りの仕組みを知っていたほうがなにかと有利になるでしょう。

 

特に、FXとバイナリーオプションの両方している方は、空売りででた損失を少なくすることもできます。

FXで空売りをしている場合に損失が出たら、その分をバイナリーオプションで補えばいいのです。

 

 

空売りは、売った値段より下がらなければ利益がでませんので、もし上がってしまった場合は、バイナリーオプションの買いで利益を出せばいいのです。

 

空売りは、いくらでも損失が膨らむ可能性があるので、上手く使わなければ大きな損失を出すことになってしまいます。

 

空売りに関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は「空売りとは何か?意味は?空売りする方法や仕組みからバイナリーとの関係性」について解説させていただきました。

 

空売りは、相場の流れの読みが間違ってしまうと、一度でかなりの損失を出す場合もありますが、「相場の流れや、空売りの仕組みとやり方」さえわかっていれば、難しいことはないです。

 

しかし、負けることも頭に入れ少しでもリスクヘッジを考えて、バイナリーオプションと併用することで、損を減らす手段も視野に入れておきましょう。

 

 

また、併用することで利益も多くすることが可能です。

 

FXで空売りを始める場合は、「スワップポイント」も関係してくるので、金利差にも注意して取引してください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事