レンジ相場を狙って逆張りでバイナリー攻略する手法とは?レンジ相場の見極め方や攻略法を解説!

 

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

逆張り手法が最も有効に機能する相場状況は「レンジ相場」です。

 

1日の相場の約7割はレンジ相場と言われているため、逆張りを攻略すれば利益も高まるのではないでしょうか。

 

 

そのためには、レンジ相場を見極めることが重要になります。

 

今回は、「レンジ相場の見極め方とその時の逆張りでの攻略手法」につてい記事にしていきます。

 

レンジ相場とトレンド相場の違いとは?

 

レンジ相場

レンジ相場とは、ローソク足が狭い幅で行ったり来たりしている方向性のない状態のことを言います。

 

 

トレンド相場

対してトレンド相場は、ローソク足が一定の方向に向かっている状態のことを言います。

 

 

そのためトレンド相場には、上昇トレンド下降トレンドの2通りが存在しているのです。

 

つまり相場の状況は、「レンジ相場」、「上昇トレンド」、「下降トレンド」の3つの状態からできています。

 

 

それでは、投資家の気持ちで違いを考えてみましょう。

 

投資家の気持ちから言えることとは?
レンジ相場は決定的な条件が無いため、「買うか売るかどちらにするか?」、投資家が悩んでいる状態と言えます。
一方のトレンド相場は悩んだ末、買い又は売りの条件が現れたことにより、多くの投資家が一方の行動に動き出した状態と言えるのです。
投資家の気持ちから考えると、一定の方向に意思が見られるトレンド相場が強いと感じることができます。

 

 

冷静なレンジ相場と感情の強いトレンド相場、そんな違いが2つにはあるようです。

 

レンジ相場の簡単な見極め方とは?

 

レンジ相場を見極めるのは非常に簡単です。

 

レンジ相場の見極め方
ローソク足がある一定の値から、しばらく動いてない状態が続けばレンジ相場と言えるでしょう。
さらに言うのならば、トレンド相場でなければレンジ相場という判断ができるのです。

 

 

また、インジケーターを利用すれば、簡単にレンジ相場を見極めることができます。

 

 

インジケーターを利用した場合
移動平均線やボリンジャーバンドが平行に推移している状態は、レンジ相場だと断言できるのです。
また逆にボリンジャーバンドや移動平均線が傾いている場合は、その方向へトレンドが発生している可能性があると言えます。

 

 

レンジ相場を狙うと勝率が上がるのか?

 

FXにおいてレンジ相場で勝率上げるのは難しいですが、バイナリーオプションでは勝率を上げることは十分にできます。

 

ただ、レンジ相場だからと言って、どのような状態でもエントリーをするというのはよくありません。

 

 

エントリーを狙う際の注意点
例えば、ボリンジャーバンドを利用した場合の±2σの幅があまりに狭い時にはエントリーをしないことをお勧めします。
レンジ相場は、値幅があまり動かない時間帯にも起きやす状況、その時にエントリーをすると、値が動かないままギリギリで負けてしまうなどの状況が発生します。
この状況が続くと冷静なメンタルが荒れてしまう原因にもなりかねません。動かないローソク足にイライラしてしまうのです。

 

 

レンジ相場でもしっかりと値幅があるときを利用するよう心がければ、勝率は上がっていく事でしょう。

 

レンジ相場を狙って逆張りでバイナリー攻略する手法とは?

 

 

レンジ相場のときにバイナリーオプションを攻略するのならば、逆張りが最も有効な手法になります。

 

 

そして、MT4に表示するインジケーターは、「ボリンジャーバンド」と「RSI」がお勧めです。

 

 

エントリーポイントはどこか?
エントリー条件としてはレンジ相場を確認するために、必ずボリンジャーバンドと移動平均線がほぼ平行になっているチャートを選ぶようにしましょう。
エントリーポイントは、例えば+2σにローソク足がタッチしたときに、RSIが70付近にあれば3分取引で逆張りローエントリーを行います。
レンジ相場なので、次のローソク足が現れたらというような手法ではありません。ローソク足が2σにタッチしたら逆張りでエントリー行うのです。

 

 

 

エントリーする際の注意点
注意点は、+2σでタッチし逆張りでローエントリーをした場合、すぐにローソク足が-2σにタッチしたときです。
激しく戻る可能性もあるので、状況によっては転売機能を利用するようにしましょう。

 

 

中心の移動平均線が一方の方向に傾き始めたら終了です。

 

たとえ2σにタッチしたとしても、トレンドが発生する可能性があるので、深追いをするのはやめておきましょう。

 

 

相場はレンジ相場の後には必ずトレンドが発生します。その原則を忘れてはいけません。

 

また先ほども少々触れましたが、あまりに値動きの無い状態ではエントリーを控えるようにしましょう。

 

レンジ相場に関するまとめ

 

レンジ相場は、バイナリーオプションだからこそ稼げる時間帯です

 

裏を返すとチャートを動かしているFXの世界では、遠ざける時間帯でもあるのです。

 

 

相場を動かしているのはバイナリーオプションをしている投資家ではありません。FXをなどの為替取引を行っている方たちが動かしているのです。

 

 

先ほど説明した通り、有効な逆張り手法は勿論あります。

 

 

ただ、初めての方が陥るパターンとして、値動きの無い時間帯を利用してエントリーを行ってしまうことで、大切な資金をイライラしながら無くしてしまう状況です。

 

これは非常に残念です。

 

 

多くのサイトでは、逆張りの注意点まで紹介していないため、起きてしまうようです。

 

 

レンジ相場狙うべき理由
ただ、とても良いレンジ相場に出会うと、簡単に利益を上げることができます。
なぜなら、エントリー方法が非常に簡単なため、戸惑う理由が無く初心者の人でも利用できる手法だからです。

 

 

仕事の合間にバイナリーオプションをスマホで行う方は、レンジ相場による逆張りがお勧めです。

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、様々なインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事