どうもインベスターS.Tです。

 

 

複数のインジケーターを組み合わせることで、より信頼できる分析を行うことができるようになります。

 

人気の「ボリンジャーバンド」と「MACD」、更に「平均足」を組み合わせることで、より勝率の高い取引ができるようになるのです。

 

 

今回の記事では、「ボリンジャーバンドとMACDと平均足を、組み合わせた攻略方法」について解説していきます。

 

平均足とは何か?

 

 

平均足は日本古来の分析法で、ローソク足と異なり、実体部分の上下で平均値を利用したものとなっています。

 

平均足の特徴について
通常のローソク足よりも、トレンドを把握することに長けており、窓開けがないという特徴を持っているのです。
ローソク足では、上昇トレンド中でもたまに陰線が現れることもありますが、平均足の場合、上昇トレンド中に陰線が現れることは稀です。
つまり、平均足を見るだけで、トレンドの状況が把握しやすくなりエントリー判断がしやすくなるという特徴があるのです。

 

 

平均足の見方について
平均足の見方は次の通りです。
・陽線の連続は上昇トレンド、陰線の連続は下降トレンド
・平均足の実体の大きさでトレンドの強弱を確認
・前の平均足の実体より短い平均足が現れたらトレンド変換の示唆
・陽線に下ヒゲが現れたら下降への転換を示唆
・陽線に上ヒゲが現れたら上昇への転換を示唆
・上下に長いひげが現れたら相場の転換の可能性を示唆

 

特徴が多く、エントリー判断がしやすくなることが分かります。

 

ただ、平均値を利用する点から、タイムラグが起きることがありますので注意しましょう。

 

 

ローソク足と平均足をまとめて表示させた場合、とても見にくいチャートになってしまうので、できれば利用する方を決めることをおすすめします

 

MACDの概要と特徴について

 

 

MACDとはオシレーター系で、移動平均線をもとに計算をしたラインとヒストグラムから表示された、相場の周期とタイミングを示すインジケーターになっています。

 

ダマシが少なく使いやすい特徴を持っており、個人投資家に人気のインジケーターです。

 

 

MACDは、「メインライン」と呼ばれる「ヒストグラム」と、「シグナルライン」から、構成されています。

 

メインラインについて

メインラインが0ラインから上にあれば「上昇トレンド」の可能性が高く、メインラインが0ラインから下にあれば「下降トレンド」の可能性が高くなることから、ヒストグラムが長いほどトレンドに勢いがあることが分かります。

 

 

シグナルラインについて

シグナルラインは、メインラインの単純移動平均線となっており、トレンドの転換点を確認するのに利用するものです。

つまり、エントリーポイントを見つけることができるというわけです。

 

 

MACDのエントリーポイントについて
ヒストグラムが0ラインを転換したら、それぞれの方向に順張りでエントリーすることができます
シグナルラインが0ラインより下に下降しており、ヒストグラムがそれを突き抜けていたら、下降トレンドの継続が判断でき、ヒストグラムがシグナルラインより上に抜けると、下降トレンドの終了と考えることができるのです。

 

ボリンジャーバンドとMACDと平均足を利用するメリットとは?

 

ボリンジャーバンドとMACDと平均足を利用することで、より明確なエントリーポイントを確認することができます。

 

メリットその1

複数のインジケーターを利用することは、ダマシを回避するために必要なことです。

より高い勝率を得るために相性の良い、ボリンジャーバンドとMACDを組み合わせるのは、多くの個人投資家も行っている手法です。

 

メリットその2

多くの投資家が利用しているということは、より確実なエントリーポイントを見分けることにつながります。

 

 

相場は集団心理で動くものであり、その人達と同じ画面を見て、同じ売買ポイントを感じることが、バイナリーオプションにとって勝率をあげる近道なのです。

 

さらに、平均足を利用することで、売買ポイントを見やすくしていくというメリットがあるのです。

 

ボリンジャーバンドとMACDと平均足を組み合わせた攻略手法とは?

 

 

ボリンジャーバンドとMACDと平均足を組み合せる場合、MACDは2本のライン表示にした方が見やすくなりますので、そちらを表示させます。

 

ボリンジャーバンドとMACDと平均足の攻略手法
表示を変えたとしても、MACDの考え方は一緒です。
ただ、「ゴールデンクロス」と「デットクロス」が見やすくなるので、こちらを利用します。
MACDの2本のラインが、0ライン付近からゴールデンクロスを発生させ、ボリンジャーバンドがエクスパンションを発生させた時に、5分取引でハイエントリーを行います。
もちろん、上がり過ぎた場合には、途中で転売機能を利用するようにしましょう。
その際に、平均足が上下に長いヒゲの状態になっていると信頼性がさらに増します

 

 

また、さらにボリンジャーバンドへバンドウォークを行い、平均足が陽線を連続していたら、連続してハイエントリーのチャンスとなります。

 

MACDラインが、下降を開始するまでエントリーを継続していくと、連勝をとれる可能性もあります。

 

ボリンジャーバンドとMACDと平均足に関するまとめ

 

ボリンジャーバンドとMACDと平均足を利用することで、勝率を上げることは間違いなくできます。

 

ただ、複数のインジケーターを組み合わせると、エントリー判断が分からなくなることもあります。

そのため、デモ取引を利用して、チャートの分析に馴れる必要があるのです。

 

 

自分なりのルールを作ろう!

普段ローソク足を利用していた人が急に平均足を利用すると、混乱する可能性も考えられます

さらに、MACDと平均足が逆のエントリーを示唆することもあるのです。

「その時のエントリーはどうするか?」について、自分なりのルールを作っておく必要があります。

 

 

私の場合は、MACDをメインに考えますが、状況に応じてはエントリーを止めることもありえます。

 

この点に関しては、言葉では言い表すことができない感覚のようなものもありますので、動くチャートで色々試すことをおすすめします。

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、自作のインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事