どうも、インベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションには、インジケーターという相場を分析するツールが存在しています。

 

インジケーターを利用すると、相場の状況を把握し、エントリーするべきタイミングを見極めることが可能になるわけですね。

 

 

インジケーターの種類は数多くあるわけですが、実際にバイナリーオプションをやっている人の多くは、こうしたインジケーターを利用して、取引をしているようです。

 

特に、「移動平均線」というインジケーターは、ほとんどのトレーダーに利用されているらしく、移動平均線を参考にすることで、エントリーすべきタイミングが把握できると、インジケーターの評判としてもいいようですね。

 

 

しかしですね・・・・

 

利用できるインジケーターだからといって、移動平均線の本当の使い方が出来ていなければ、利用している意味がありませんし、使い方をマスターしている人は実際、極少数であると思います。

 

そのため今回は、移動平均線の本当の使い方と見方を解説して、バイナリーオプションで勝てる手法・考え方について、説明していこうと思います。

 

この記事を見れば、移動平均線の本当の役割を理解することができ、バイナリーオプションの本質もわかるようになるでしょう。

 

 

移動平均線とは何か?期間設定を誤って認識してる人は多い?

 

 

それではまず、移動平均線について簡単に説明したいと思います。

 

移動平均線は、バイナリーオプションやFXでよく利用されるインジケーターの1つであるわけですが、ローソク足を数値化し、ある一定期間におけるローソク足の平均値を示したものなんですよね。

 

(ある一定期間の一番初めの終値から、一番後ろの終値までのローソク足の平均値を表したものですね)

 

 

わかりやすく以下の画像で説明しますと、移動平均線というのは、黄色で示されている線ですね。

 

 

 

移動平均線は基本的に、期間を60として設定するわけですが、そうすると上記の画像のように、2つの赤の縦線で示されている区間の中にあるローソク足の平均値を線で結んだように表示されます。

 

 

1つ注意したいのは、期間を60として設定した時に、多くの人は、60日間のローソク足の平均値を計算して、導き出された平均値を線で結んでいると思われているようですが、期間を60に設定したからといって、60日間とは限りません。

 

例えばですが、MT4のチャート画面を、M1(1分足)の状態にして見て、移動平均線の期間を60として設定した場合、M1は1分間あたりのローソク足の状態を表しているので、そうすると60分間のローソク足の平均値を線で結んだ移動平均線が表示されるわけです。

 

※1H(1時間足)の状態にしてみた場合は、60時間ということになるわけですね。

 

 

移動平均線の正体は点の集まりなのか?

 

 

先ほど移動平均線は、ある一定期間のローソク足の平均値から成り立っている線であるということを説明しましたが・・・

 

実は移動平均線というのは、「線」ではなく「点」の集まりであることを、あなたはご存知だったでしょうか?

 

 

「え?それってどういうこと?」っと思っているかもしれませんが、安心して下さい。少しずつ紐解いて説明します。

 

 

例えばですが、1分足でチャート画面を開いて、移動平均線を表示させる設定を行った際に、移動平均線は以下の画像でいうと黄色で表されます。

 

 

 

しかし、実際に移動平均線というのは、上記の画像のように、ローソク足1本ごとに点が打たれて隣同士のローソク足の点が結ばれていってできているわけですね。

(ピンク色の点で結んだ線がそうですね)

 

 

ではなぜ、ローソク足1本ごとに点が打たれるようになっているのか?というと、それは・・・

 

移動平均線はプログラムを使って、自分で表示させることができるのですが、表示させることができるのは1本分のローソク足の平均値のみだからです。

 

 

リアルタイムで表示されているチャートを見るとわかると思いますが、1分足のチャートを見ていた場合、1分ごとに1つのローソク足が新しく出現されるかと思います。

 

そして、1つのローソク足が出現されると、同じように移動平均線も点として表示され、隣のローソク足の点と結ばれていくわけです。

 

そうやって、ローソク足が新しく出現される度に、移動平均線の点は、どんどん隣の点と結ばれて連なっていくようになり、大きな線として成り立っていくのです。

 

因みに、画像で表示されている移動平均線に関しては、ローソク足が下に下がっているので、移動平均線も下がっていますが、仮に、ローソク足が上昇していた場合は、移動平均線も上昇して上がって表示されるようになります。

 

 

これが、移動平均線の原理になるわけですね。

 

 

移動平均線だけではインジケーターとして不十分なのか?

 

 

バイナリーオプションで取引を行っている人の中には、移動平均線をインジケーターとして利用している人も多いですが、移動平均線だけをインジケーターとして利用すれば、果たして勝率を上げることができるのでしょうか?

 

 

移動平均線を利用するメリットとして挙げられることは、まずローソク足の方向性を把握することができるということだと思います。

 

 

どんなこともそうですが、全ての統計やデータは平均値によっていくようになります。

 

ですので、例えばですが、以下のような場面では、ローソク足が移動平均線よりも下に向かっているわけですが、このままずっと下に向かうということはあり得ず、必ずどこかのタイミングで移動平均線に近づいていくということです。

 

 

 

 

上記の画像のように、ローソク足が移動平均線から遠ざかっていくと、赤丸で囲ったように、ローソク足が移動平均線の近くによっていこうとするわけですね。

 

 

このように、移動平均線を利用することで、ローソク足の方向性を把握することができるので、上手く利用すれば、勝率をかなり上げることができそうであると、考える人は多いです。

 

 

ただですね・・・・

 

FXならまだしも、バイナリーオプションで取引を行う場合は、かなりの確率で移動平均線は役に立たないと言えます。

 

 

その理由は、バイナリーオプションが短期的に取引をする、または判定時刻が決まっている中で取引をするものだからです。

 

確かに移動平均線を確認すれば、ローソク足が向かう方向性を把握することはできますが、方向性が確認できたとしても、どのタイミングでローソク足が移動平均線の方に近づいていくのかを見極めることはできません。

 

つまり、ローソク足が向かう方向性がわかったとしても、どのタイミングで移動平均線に近づいてくるかがわからないため、移動平均線に近づく前に、取引が強制的に終了してしまうケースがほとんどだということです。

 

 

ローソク足の方向性がわかったとしても、タイミングを見極めることができなければ、バイナリーオプションで勝率を上げることは難しいと言えます。

 

 

では、FXの場合であれば、移動平均線をインジケーターとして利用して、勝率を上げることができるのか?と言われると、何とも言えないですね。

 

 

例えばですが、以下の画像を見て頂きたいのですが。

 

 

 

ローソク足が移動平均線から大きく離れたので、この後は徐々に移動平均線に近づいていくだろうと予想して、エントリーをした場合、確かに時間が経つにつれて、ローソク足が移動平均線に近づいていき、やがてローソク足が移動平均線の上にいくようになっていますが・・・

 

含み益を見てみると、赤矢印で表した長さ分しか、含み益が発生していないわけなんですよね。

 

 

そのため、利益として得られる金額はかなり少なく、むしろFXの場合、スプレッドの関係で損失してしまっている可能性もあるわけですね。

 

 

因みに、なぜこのようなことが起こってしまうのかというと・・・

60本のローソク足が全体として下向きに下がっていることにより、移動平均線そのものの数値も下がってしまうからですね。

 

仮に、最初の赤い丸の時点で、ローソク足が一気に上昇していけば、移動平均線も大きく下がることはないです。

 

しかし、上記の画像のように、ローソク足が下層で動き続けていることによって、移動平均線はどうしても下がってしまうわけです。

 

 

このように、バイナリーオプションとFX、どちらに関しても、移動平均線を頼りにエントリーを行い、勝率を上げようとすることは、極めて困難であると言えます。

 

 

バイナリーオプションで勝つためには?

 

 

正直なところ、移動平均線だけを頼りにインジケーターとして利用して勝つことは非常に難しいです。

 

そもそも移動平均線は、ボリンジャーバンドのようなインジケーターを作成するために用いられることが多いので、インジケーターとしての機能はあまりないと言えます。

 

バイナリーオプションで勝つためにはやはり、いかにして勝率が高くなるインジケーターの組み合わせを見つけられるかが鍵であると言えます。

 

 

もし、インジケーターを用いて、バイナリーオプションに取り組んでいても勝てないという人は、当サイトで紹介しているインジケーターを利用することをお勧めします。

 

詳しくは、サイトの概要欄をご覧ください。

 

 

「移動平均線」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

 

「移動平均線」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でも移動平均線はとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際に移動平均線だけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、移動平均線だけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、移動平均線だけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、移動平均線だけではなく、様々なインジケーターを移動平均線と組み合わせて利用するようにしたんですよね。

 

 

特に、①移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーター「Mixsign」を利用し出してからは、勝率がどんどん上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

①サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

この時に私は、「移動平均線を利用する際は、移動平均線だけではなく、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができる「Mixsign」を利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、移動平均線を利用していく際には、Mixsign」インジケーターを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「Mixsign」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

サインインジケーター①「Mixsign」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事