HLバンドとCCIでバイナリー取引を攻略!逆張りで勝率を上げる手法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションをやっている人は、人それぞれで手法が違うと思います。

投資の世界に正解はないので、たくさんの手法が存在します。

 

バイナリーでは、逆張りの手法が主流ですので、今回は「HLバンドとCCIという2つのインジケーターを組み合わせた手法」を紹介していきます。

 

非常に簡単な手法であり、バイナリー初心者の方でも使いこなせる手法ですので、ぜひ一度試してみてください。

 

HLバンドとCCIを組み合わせるメリットとは?

 

 

オシレーター系のインジケーターであるCCIを単体で使っても勝率が高くありません。

なぜなら、エントリーポジションが多く、無駄な負けが非常に多いからです。

 

そこで、無駄な負けを減らすために使うのがHLバンドです。

 

逆張り取引をする上でHLバンドが使える理由とは?

バイナリーで、CCIを使うということは、逆張りトレードが基本だと思います。

逆張りトレードで、勝率を上げるには、いかに頂点でエントリーできるかが大切になってきます。

HLバンドは、過去〇〇本の高値、安値を表すことができるので、逆張りトレードには、便利なインジケーターです。

無駄な負けが多かったCCIに加えて、過去〇〇本の高値、安値が表現できるHLバンドを組み合わせることで、より頂点で取れる可能性が高くなるというメリットがあります。

バイナリーの逆張りというのは、頂点はどこなのかを予想するものなので、HLバンドは非常に便利なインジケーターです。

 

CCIの設定について

 

それでは、今回使うCCIの設定について紹介していきます。

 

CCIの設定手順

CCIのパラメーター設定については、デフォルト値で大丈夫です。

デフォルト値は、FXトレーダーも注目している地点です。

そのため、非常に意識されやすいので、反発する可能性が高いという理由からデフォルト値で設定します。

CCIをMT4に設置する方法は、まず、MT4を開いて、左上の「挿入」→「インジケーター」→「オシレーター」→「Commodity Channel Index」の順にクリックしていくと、設置することができます。

 

 

HLバンドのダウンロード方法

HLバンドは、MT4にデフォルトでは入っていません。

そのため、ネットでダウンロードする必要があります。

HLバンドダウンロード」と検索すると出てくるので、ダウンロードしてから設置するようにしてください。

 

ダウンロードしてからはCCIと基本的には設置の仕方は同じなので、上の手順で進んでいけば設置できます。

 

HLバンドとCCIで逆張り取引を攻略する手法とは?

 

 

HLバンドとCCIを使った逆張り手法は、非常に簡単です。

CCIの条件満たした時に、同時にHLバンドにタッチしていたらエントリーするだけです。

 

HLバンドの設定は過去30本分で良いと思います。

 

 

具体的なエントリーポイントは?

具体的な手法としては・・・

CCIが+100のラインを超えていて、かつ、HLバンドの上のバンドにタッチしているときに「Lowエントリー」をします。

CCIが-100のラインを超えていて、かつ、HLバンドの下のバンドにタッチしているときに「Highエントリー」をします。

エントリーポイントが明確なので、初心者の方でも簡単に使いこなせる手法だと思います。

 

エントリーのタイミングとしては、すべて確定足になります。

そのため、必ず00秒でのエントリーになるので、注意しましょう。

 

組み合わせた際に勝率はどれぐらい上がるのか?

 

おそらく、HLバンド、CCI、それぞれを単体で使っていると、どちらも損益分岐点を下回る結果になると思います

どちらもエントリー回数が非常に多いので、なかなか勝率を上げることはできません。

 

組み合わせた際の勝率は?

しかし、HLバンドとCCIを組み合わせることで、ものすごく勝率が上がります。

具体的にいうと、5〜6%ほど上がります。

バイナリーにおいての5~6%は非常に大きな数字です。

 

ロジックとしては未完成なの?

ただですね、5~6%勝率が上がっても、ロジックとしては、まだ未完成かなと思います。

この組み合わせでは、57%前後の勝率かなと思います。

損益分岐点は超えていますが、勝率が高いとは言えません。

 

時間がなくて取引を多くしたい人は、このまま使っても良いと思います。

ですが、時間があって取引回数よりも勝率を重視したいという人は、ほかの条件で制御する必要があります。

 

ほかにインジケーターを加えたり、ローソク足を使った制御をして、さらに勝率を上げることをオススメします。

 

HLバンドとCCIを組み合わせた手法に関するまとめ

 

これまで「HLバンドとCCIを組み合わせた手法」について、紹介してきました。

 

この組み合わせは、ある程度の勝率を出すことができますが、決して高いとは言えません。

 

新たなロジックを作成してみよう!

エントリー回数が非常に多いロジックになるので、この組み合わせが完成ではなく、ほかの条件も組み合わせていく必要があると思います。

そのため、勝率よりもエントリー回数で稼いでいくという人は、HLバンドとCCIを組み合わせたこのロジックでも良いのかなと思いますが、エントリー回数はもっと少なくてもいいから、勝率にこだわりたいという人は、HLバンドとCCIという組み合わせの他に条件を加えて新たにロジックを作成していく必要があるのかなと思います。

 

ぜひ、自分の用途に合わせて使用してみてください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事