どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションは短期取引が魅力の投資です。

中には、超短期の30秒や60秒で勝敗が決まる取引もあります

 

ただ、超短期取引の場合、すぐに勝敗が決まるというメリットもありますが、短すぎて予想がしずらいという意見も良く聞きます。

 

そこで!

今回は「超短期取引ではなく5分取引で攻略、エントリーを行うときの手法」について解説していきます。

 

バイナリーで5分取引を行うメリットとは?

 

バイナリーオプションで5分取引を行うメリットは、ギャンブル要素が低くなる点です。

 

超短期取引だとチャート分析からの予想も難しく、丁半博打になりがちです。

しかも値動きが弱い時間帯では、同値で終了なんてことを経験しあこともあるのではないでしょうか。

 

5分取引であれば、同値で終了する可能性は低くなりますので、負ける要素少なくなるのです。

 

転売機能が利用できる
さらに、取引終了1分前までならば、「転売機能」を利用することができます。
(※転売機能とは、途中で取引を中断し、その時のペイアウト率により払い戻しされるという機能のことです。)
この機能によりエントリー後、自分の予想と違った場合、負けて掛け金が0円になるよりは、途中で止め僅かでもお金が戻ってくるようにできるのです
また、予想通りの方向であっても、取引終了時には値が戻り、負けてしまう恐れがある場合は、ペイアウト率がある程度高いうちに転売機能を利用するという方法もあります。

 

以上の内容から、より勝ちやすい取引なっているのが5分取引を行うメリットとなっています。

 

ハイローオーストラリアは5分取引で攻略すべきか?

 

ハイローオーストラリアの5分取引は、勝てる可能性が高くなる取引です。それはハイローオーストラリア側も認めています。

 

ではなぜ、そのようなことが言えるのかというと、それは・・・

5分取引が、一番低いペイアウト率となっているからです。

 

 

30秒取引と5分取引を比べた場合
スプレッドを抜かして考えてみた場合、一番高いペイアウト率は30秒取引の1.95倍であり、その中でも5分取引のペイアウト率は1.85倍となっています。
例えば、10,000円で勝利したときの金額は、30秒で19,500円ですが、5分の場合は18,500円と、1,000円の差額が発生するのです
それだけ勝ちやすいのが5分取引であるのだと、ハイローオーストラリア側も認めているというわけです。

 

 

超短期取引は勝率が安定しない

超短期取引は、勝率が定まらないことも特徴としてあります。

これは先ほども話た通り、ギャンブル要素が強くなってしまうからです。

 

バイナリーオプションで利益を得たいのならば、投資として行う必要があります。

それを可能としているのが、5分以上の取引からと考えることが出来るのです。

 

5分取引でバイナリー(ハイロー)を攻略する手法とは?

 

 

それでは、5分取引で攻略する手法を説明します。

 

5分取引の攻略手順
まずは、MT4のチャートに「ボリンジャーバンド2σと3σ」、「移動平均線の短期、中期、長期ライン」を表示させます。
やはり投資の基本は順張りでの手法になるため、今回はトレンドに乗る方法になりますね。
まず、移動平均線がデットクロスを起こし、下降のパーフェクトオーダーを形成したとします。
その時のボリンジャーバンドは、±σ共に右下がりの状況であり、しかも角度が良い事が望ましいです。
この時に、ローソク足が陽線で終了した次の瞬間にエントリーを行います。
もちろんその逆の状態、つまりは、上昇のパーフェクトオーダーが形成された時に「ハイエントリー」で勝負することも可能です。

 

ただですね、この手法は1日に何回も形成される状態ではありません

もし、片手間にバイナリーオプションを行っている方であれば、向かない方法となってしまう可能性が高いです。

 

 

 

もしそのような場合であれば、トレンド相場でなく、「レンジ相場」を利用する逆張りの方がお勧めです。

 

レンジ相場を利用した攻略手法
ボリンジャーバンドの中央ライン、±σが平行になっている状態がレンジ相場と判断できます。
このとき、ローソク足が2σにタッチした時に、「逆張りでエントリーする」という手法になります。
また、+2σにタッチしローエントリーを行った場合は、陰線が2本続いたら転売機能を利用することが大切です
勝率を上げるというよりは、利益を上げるためのエントリー手法となります。

 

5分取引でエントリーする際の注意点とは?

 

バイナリーオプションを行うときは、必ず為替相場の注目ニュース発表がある時間帯を確認しておきましょう。

 

ファンダメンタルズ分析は5分取引に向かない?
検索サイトで調べれば、当日の為替相場の注目材料を時間ごとに教えてくれ、その内容がどれだけ相場に影響するかも数値として表してくれています。
この発表される時間帯に、先ほどのテクニカル分析を行った手法でエントリーすると、ありえない方向にローソク足が動くことがあるのです。
もちろん、それを利用したファンダメンタル分析という投資方法もありますが、バイナリーオプションに向いている手法とは言えません。
よって、この時間帯は事前に把握し、取引を行わないようにすることをお勧めします。

 

 

また、「転売機能」については、何でもかんでも利用すれば良いというわけでもありません。

 

転売機能を利用する際の注意点
今回の取引時間は5分間、エントリーすると5分間という時間はあっという間に過ぎていきます。
転売機能を利用し続けると、転売機能に慣れてしまい、せっかく勝てる状態であったとしても、転売してしまう恐れがありえるのです。
転売すればペイアウト率が1.5、取引終了まで待てば1.85と0.35も違う状態、10,000円でエントリーしていたら3,500円も利益が変わってきます。

 

さらに長い時間でエントリーを行っていれば、転売機能の多様も視野にいれることができますが、5分取引ではあまり利用しないことをお勧めします

 

バイナリーの5分取引に関するまとめ

 

5分取引は、「最も勝ちやすい取引時間です。

だからこそ、ハイローオーストラリアもペイアウト率を低くしています。

 

とにかく、バイナリーオプションでギャンブルをしてはいけません

取引時間が短ので、早ければ30分ほどで口座の金額を無くすことも考えられるのです。

 

だから日本の金融庁は、超短期取引の許可を出していないのです。

 

バイナリーオプションをしっかりとした投資と考えて取り組むのが、一番大切なことなのです。

 

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、様々なインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事