異国のRSIパーフェクトオーダーインジケーターの使い方や評判から検証結果について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションで逆張りトレードをしている人は、一度は「RSI」を使ったことがあると思います。

 

RSIは、一番人気といっても過言ではないほど人気のインジケーターです。

他のインジケーターと組み合わせて使う人もいるでしょう。

 

その一つとして、今、噂になっているのですが、「異国のRSIパーフェクトオーダー」です。

 

ネットで噂になっていますが、今回は「異国のRSIパーフェクトオーダーの詳しい使い方」などを紹介していきます。

 

異国のRSIパーフェクトオーダーとはインジケーターなのか?

 

 

異国のRSIパーフェクトオーダーの概要とメリットについて

まず、「異国のRSIパーフェクトオーダー」とは、みなさんが思っているインジケーターとは少し違い、複数のインジケーターを組み合わせたもので、複雑な計算式によって作られたインジケーターになっています。

主に、RSIの計算式を元にしたRSI移動平均線を6本表示させています。

これは、普通のRSIパーフェクトオーダーよりも検知が早いというメリットがあります。

ダイバージェンスを自動検知して、一目でわかるように矢印を表示してくれます。

また、複数のRSIを使用することによって、騙しを回避することができます。

 

バイナリーオプションでは、RSIというインジケーターが一番使われていると言われています。

RSIでよく使われているのが、期間7、期間14、期間21あたりでしょうか。

 

特に、期間7、期間14あたりは、エントリー回数が多いというメリットもありますが、その分、騙しが多いというデメリットもあります

そのデメリットを補うために、6本のRSI移動平均線を使用しています。

 

異国のRSIパーフェクトオーダーの使い方について

 

 

異国のRSIパーフェクトオーダーの使い方は難しいの?

 

と思う人も少なくないでしょう。

 

しかし結論から言うと、異国のRSIパーフェクトオーダーの使い方は非常に簡単です。

 

異国のRSIパーフェクトオーダー使用手順

異国のRSIパーフェクトオーダーをチャート上に設定すると、多くのインジケーターが設置されるので、複雑だと思いがちです。

ですが、異国のRSIパーフェクトオーダーの設置しておくと、チャンスが来たところで「アロー(矢印)」が出ます。

そのアロー(矢印)通りにエントリーしていけばいいということです。

パラメーターも自分で設定できるようになっていますので、RSIの6本の期間などを自分で設定することで、自分だけのインジケーターを作成することができるので、ぜひ試してみましょう。

 

異国のRSIパーフェクトオーダーの評判はどうか?

 

では、異国のRSIパーフェクトオーダーの評判はどうでしょうか?

 

異国のRSIパーフェクトオーダーの開発者は、異国のRSIパーフェクトオーダーなどの解説や使い方などをYoutubeの動画でアップしています。

顔出しもしていますので、その面では、安心できるかなと思います。

 

勝てるインジケーターなのか判断するには?

ですが、開発者が顔出しをしている、名前も公表しているからといって、勝てるインジケーターということにはなりません。

大切なのは、開発者の顔ではなく、勝てるインジケーターなのかということなのです。

ネットに書いてある「異国のRSIパーフェクトインジケーター」の評価は、良い意見が多いです。

ですが、ネットの評価の数が多いわけではありません。

ネットの評価全てを信じるのは良くないかもしれません。

 

異国のRSIパーフェクトオーダーを検証してみると?

 

異国のRSIパーフェクトオーダーは、上記でも述べたように、6本のRSI移動平均線をメインとして使っているインジケーターです。

そんな複雑なもので勝てるの?

 

という疑問を持っていることでしょう。

 

そこで、実際に異国のRSIパーフェクトオーダーを検証してみました。

 

6本のRSI移動平均線を使っているので、エントリーチャンスがわかりづらいんじゃないの?

 

と、思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

異国のパーフェクトRSIのデメリットとは?

しかし、一つ、デメリットとしては、エントリーチャンスが少ないことです。

当たり前ですが、1つのRSIよりも2つのRSIを使う方が、制御されエントリー回数が少なくなります。

より、多くのインジケーターで制御すると、その分エントリー回数が少なくあってしまいます。

この条件でのエントリーは、1日に1回エントリーチャンスがあるかないかです

 

エントリー回数の割にそこまで、勝率がいいわけではないので、使い方も工夫しなくてはいけません。

 

異国のRSIパーフェクトオーダーに関するまとめ

 

これまで、異国のRSIパーフェクトオーダーについて、紹介してきました。

 

バイナリーオプションにおいて、RSIは非常に人気のインジケーターです。

ほとんどのバイナリートレーダーが、一度は使ったことがあると思います。

 

ですが、RSI単体で使ったとしても、

・ダマシが多い

・連敗することが多い

・トレンド相場だと弱い

などと、弱点が多いのです。

 

その弱点を理解した上で、使うと、安定した勝率を残すことができると思います。

 

 

ですが、ほとんどの人が、RSIの弱点を理解していませんし、分析の仕方も理解していません。

その時に便利になるのが、「異国のRSIパーフェクトオーダー」です。

 

複数期間のRSIを使うことで、ダマシを回避したり、MTF(マルチタイムフレーム分析)をすることで、連敗やトレンド相場というRSIの弱点を補うこ音ができるようになる

 

 

このように、異国のRSIパーフェクトオーダーには、様々なメリットがあります。

ネットでの評価は少なく、本当に勝てるのかという疑問を持っている人が多いと思いますが、使い方をしっかり理解して、一つのトレードの根拠として使うなら、非常に便利かなと思います。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事