ココモ法とは?バイナリーオプション取引で使えるのか?稼げる手法か調べて(検証して)みた!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

カジノが好きな人ならば誰でも知っているココモ法ですが、この手法はバイナリーオプション取引で利用することができるのでしょうか?

 

今回の記事では、「ココモ法の概要やバイナリーオプションで利用できるのかを検証し、実際に稼げるのか?」を考えていきます。

 

ココモ法の概要と特徴について

 

 

「ココモ法」は、マーチンゲール法の変形として数学的にも証明されている手法であり、カジノでは多くの方が利用されています。

 

もしギャンブルで負け続ける投資状況が起きたとき、今までの損益をチャラにしながら利益を出していく手法となっています。

(例えばですが、3連敗をして損失が増えたとしても、たった1度の勝利で損益から利益にかえる投資額を使用するというわけです。)

 

 

ただですね、ココモ法は3倍配当の勝負において最も力を発揮する手法とされており、カジノでは主にルーレットで利用されることが多くなっています。

 

 

それではまず、3倍配当を例にして賭け方を説明していきましょう

 

3倍配当で賭けた場合どうなるか?
ココモ法は連敗をしたときに利用が開始されます。
100円の投資額により初戦で勝利したら、もちろん利益が出ます。
もし負けたとしても、次戦で100円を賭け勝利すれば、300円の払い戻しになり100円の利益がでるので、ココモ法を利用する必要が無いというわけです。
つまり、2連敗を喫した次の勝負、3戦目で利益を出すために投資額を変更していきます。
3回目以降の投資額は、「前回の投資額+前々回」の掛け金となります。
今回でいうと、「100円+100円」なので、200円の投資額になります。
もし勝利すれば、600円の払い戻しですので、300円の利益が出るというわけです。

もしここでも負けた場合、次戦の投資額は「200円+100円」の300円となります。

 

このように、必ず利益が出る投資額で行うというわけです。

 

ココモ法をバイナリー取引で適用する際の使い方

 

 

ハイアンドローで勝負するバイナリーオプションでは、マーチンゲール法が利用しやすくなっています。

 

ココモ法は3倍のペイアウト率で力を発揮する手法ですので、2倍のペイアウト率では連敗を喫したとき利益を出すことができないです。

 

 

ココモ法の鉄則

ココモ法の利用方法の鉄則は、「前回投資額」+「前々回投資額」の合計を投資額とするということです。

この考えたを変えてしまっては、ココモ法ではありません。

 

 

よってバイナリーオプションでココモ法を利用するのならば、ファイブスターズマーケッツの「Above/Below取引」か、「WowFX取引」のペイアウト率300%で、勝負すると分かりやすいかもしれません。

 

ココモ法でバイナリー取引すると?【検証してみた】

 

それでも試しにハイローオーストラリアのスプレッド取引にて、ココモ法を用いたらどうなるか実践してみました。

 

今回は20戦して、「〇〇××〇〇〇×〇〇××〇〇〇×〇×〇〇」で、13勝7敗という結果でした。

本当に調子が良かったです。

 

20戦した時の投資額について
最初の投資額は1,000円で開始、5戦目と13戦目だけ2連敗したので2,000円の投資額です。
その結果、20回の投資で8,000円の利益となりました。

 

それでは、もし毎回1,000円でエントリーしていたらどうなっていたでしょうか

計算をすると、6,000円の利益になるので、ココモ法を利用した方が利益が高いと負うことになります。

 

 

ココモ法を利用した方がいい理由
今回の結果に3連敗がなかったため、ココモ法が威力を発揮したということではないでしょうか。
こんな偏った戦歴は無いかもしれませんが、もし「×××××××〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇」という内容の13勝7敗ならば利益はどうなっていたでしょう。
計算をしてみると利益は0円となり、負けはしないものの意味がないということになります。
今の例は極端すぎましたが、連敗を重ねてしまうと利益が出ずらくなるというわけです。
もし自分の手法が長い連敗をしないという自信があるのならば、ココモ法を利用するのも良いかもしれません。

 

 

ただですね、その場合は十分な資金を用意しておく必要があります。

 

また、今回はたまたま勝率が高かったので利益を上げることができましたが、ペイアウト率が200%ですと、スプレッド幅が広くなり、勝率をあげるのが大変になります。

 

ですので、しっかりと勝率を見極めてから利用するのがお勧めです。

 

ペイアウト率が1.85%の場合は?
念のため、今回の取引がペイアウト率1.85%だったとして計算してみましょう
利益は5,750円と下がってきます。
ココモ法を利用しなかった場合の利益は、4,050円とこちらも下がります。
もしスプレッド幅が広がることで連敗する可能性が高くなるのならば、利益が低くなりますが、損益にはならないのでこちらを利用しても良いかもしれません。

 

ココモ法はバイナリー取引で使えるの?稼げる手法なのか?

 

先ほどの結果から、ココモ法は連敗をしなければ稼げる手法だということが分かりました。

 

毎回同じ金額でエントリーしていくより、利益が出ているので稼げると考えられます。

 

ただ、これには十分なテクニカル分析が必要になります

 

連敗を喫しないテクニカル分析を取得し、それからココモ法を利用するのが一番良いかもしれません。

 

ココモ法に関するまとめ

 

マーチンゲール法よりはリスクが低いので、ココモ法の資金管理は有効なのではないでしょうか?

 

もちろんテクニカル分析をしっかりと行った上での投資額なので、その勉強を怠ってはいけません。

 

十分な勝率が出せるのならば、ココモ法でエントリーしていきましょう。

 

もし2連敗をしたときは、時間を空けてエントリーするなど、自分なりに工夫すると良いかもしれません。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事