どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションをするには、ローソク足の分析が必要不可欠です。

 

 

・この形のローソク足がでたら上昇する

・この形のローソク足が出たら下降する

・この並び方はこのあと下降する

 

など相場のある程度の動きをローソク足だけで予測することもできます。

 

 

ローソク足の性質をわかれば、それだけでも取引する上で立派な判断材料となるのです。

 

 

ですので今回は、「ローソク足のトンカチやカラカサが出現したときの価格の動きは予測できるのか?」という点について解説していきたいと思います。

 

トンカチとは何か?概要について

 

トンカチとは、トンカチに似ていることから名前がついたローソク足の形のことで、下ヒゲがなく、上ヒゲが長くて実態がヒゲよりも短い形のことを言います。

 

 

始値より大きく上昇したがそのあと下降し、始値付近で終わるローソク足のことを指します。

 

つまり、一度に大量の買いが出たため、その後売り注文が殺到している状況のことを表しています。

 

カラカサとは何か?概要について

 

カラカサとは、傘に似ていることから名前がついたローソク足の形のことで、上ヒゲがなく、下ヒゲが長い実体のことです。

 

 

価格が大きく下降したあと、始値付近まで価格が戻ったローソク足です。

 

つまり、一度に大量の売りが出たため、その後買い注文が殺到している状況のことを表しています。

 

トンカチが出現すると価格はどうなる?

 

 

トンカチには陽のトンカチと、隠のトンカチが存在し、現れる場所によりその意味はかわってきます。

 

陽のトンカチ
陽のトンカチは陽線であり、始値より大きく値段が上昇したが、そのあと下降し、終値が始値よりは高い値をつけたところで終わる形のことです。

 

 

陰のトンカチ
隠のトンカチは、陰線であり始値から大きく値段が上昇したあとに終値が始値より安い値段をつけたところで終わる形になります。

 

 

天井を打ったということで、高値圏でトンカチが出現したあとは下降トレンドになる場合が多いのです。

 

 

隠のトンカチも陽のトンカチ同様に、高値圏で出た場合天井打ちのサインなので、このあとの相場は下降トレンドになることが多いですが、陰線より陽線が弱くなる傾向があるので注意が必要です。

 

カラカサが出現すると価格はどうなる?

 

カラカサにも陽のカラカサと、陰のカラカサが存在します。

 

陽線のカラカサ
陽線のカラカサは、始値から値が下降し、終値が始値より高いところで終わったものになります。
底値圏で出現すると、そのあと上昇トレンドとなることが予測できます。

 

陰線のカラカサ
そして陰線のカラカサは、始値から下降し、終値が始値より安いところで終わったものです。
陽線のカラカサ同様、底値圏出現でそのあと上昇トレンドになることも多いですが、こちらは陰線だと弱い傾向にあります。

 

トンカチ・カラカサを利用した攻略法とは?

 

 

 

トンカチ、カラカサは高値圏か底値圏で出た時に有効なローソク足です。

 

高値圏でも、底値圏でもない場所で出現したものに関しては、いくらトンカチやカラカサでもトレンド転換しない可能性が高いので注意してください。

 

トンカチのエントリー方法に関して
エントリー方法としては、トンカチの場合上昇トレンド時に高値圏で出現したらローソク足の途中で下降トレンドに反転した可能性が高いのでlowでエントリーします。
チャートを見返すと、同じような値段で何度かトレンド転換していることも多いです。

 

 

カラカサのエントリー方法に関して
カラカサのエントリー方法としては、底値圏で出現したときにだけ有効ですが、下降トレンド時に底値圏でのカラカサの出現はトレンドの途中でトレンド転換した可能性が高いのでhighでエントリーします。

 

 

基本的にトンカチ、カラカサ共に高値圏、底値圏で出ると相場は転換することが多いので、単品でも充分エントリーはできますが、

 

「確実なところを狙いたい」と思ったら、やはり判断材料が少なすぎます。

 

 

ポイント

プライスアクション、というローソク足の形や並び方を根拠にエントリーポイントを特定する手法も存在しますが、ダマシも出てくるので無理にローソク足だけを見てエントリーする必要はありません。

トンカチやカラカサ以外のインジケーターを組み合わせて勝率を上げていきましょう。

 

 

インジケーター組み合わせの例①
例えば、RSIと組み合わせた場合だと、高値圏でのトンカチの出現を確認し、RSIで70%を超えているようなら買われすぎと判断しそこから下降トレンドになる可能性が高いのがわかります。
反対に底値圏で30パーセントを切っていて、カラカサが出たとしたらそこから上昇トレンドに転換するというのが多いです。

 

 

あともう一つ、ボリンジャーバンドと組み合わせた場合だと、上昇トレンド中にボリンジャーバンドの+2σにトンカチのローソク足の実体が被ったら、そこから下降トレンドに転換することが多いです。

 

そして、下降トレンド中にボリンジャーバンドの−2σにカラカサの実体が被れば、上昇トレンドへの転換になる可能性が高いです。

 

 

もちろん、RSIやボリンジャーバンドにもダマシはありますが、ただの上ヒゲもあり、下ヒゲもあるなんの変哲も無いローソク足よりは、トンカチやカラカサと言った特徴のあるローソク足のほうがトレンド転換になる可能性が高いのです

 

 

ですので、ローソク足だけではなく2つ以上の判断材料を持ってエントリーすることで勝率はぐんとあがります。

 

 

「トンカチやカラカサ」を活用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

トンカチというのは、上ヒゲが下ヒゲよりも長く、実体が下よりにあるローソク足であり、ローソク足は基本的に下がる傾向にあります。一方カラカサというのは、下ヒゲが上ヒゲよりも長く、実体が上よりにあるローソク足であり、ローソク足は基本的に上がる傾向にありますので、トンカチとカラカサ、この2つの特徴からエントリーポイントを見極めながら利用していくのが、効果的な使い方ではあります。が・・・・

 

 

 

ただですね、実際にトンカチ・カラカサを活用してエントリーしようとしたとしても、多くの人が失敗してしまうというのが現実です。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃に、トンカチとカラカサを利用してエントリーを行っていた時期がありましたが・・・

やはり、トンカチとカラカサだけで、エントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし!

 

ある時期から、カラカサ、トンカチを相場から自動的に見つけ出して、その足での反発率を自動的に計算して表示してくれるサインインジケーター「TenZokoSys」を利用し始めたのですが・・・・

 

勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

①サインインジケーター「TenZokoSys」
「TenZokoSys」というインジケーターは、カラカサ、トンカチを相場から自動的に見つけ出して、その足での反発率を自動的に計算して表示してくれるインジケーターであり、ボリンジャーバンドの設定で出現箇所を制限し、相場の天井と底で出して反転率を調べることもできるという、非常に優れたインジケーターです。

 

この時に私は、「トンカチ・カラカサを活用していく際に、トンカチを相場から自動的に見つけ出して、その足での反発率を自動的に計算して表示してくれる「TenZokoSys」を利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、トンカチ・カラカサを活用していく際には、TenZokoSys」インジケーターを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

 

因みに、サインインジケーター「TenZokoSys」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

サインインジケーター①「TenZokoSys」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

<引用URL:https://binary-inception.com/price-action-2-634>

 

【無料登録でC Force会員専用コンテンツが閲覧できる】

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
おすすめの記事