どうもインベスターS.Tです。

 

 

バイナリーオプションから初めて為替相場を学び始めた方の中には、インジケーターにばかり気をとられている方も多くいるのではないでしょうか。

 

 

インジケーターを学ぶ前に必要なことは「ローソク足を知ること」です。

 

インジケーターは確かめぐらいにしか使用していないという方が、本当に強い相場観の持ち主かもしれません。

 

 

今回は「ローソク足の状態、包み線とはらみ線」について解説していきます。

 

包み線の概要と傾向について

 

包み線とは、2本の連続するローソク足が示すシグナルであり、「抱き線」と呼ぶ方もいます。

 

包み線の特徴
例えば、前のローソク足が陰線の時に、そのローソクを足をすべて包み込むような大きさの大陽線が確定した状態を「包み線」と呼び、トレンドの変換に伴う強い買いシグナルと判断します。
また逆に陽線のローソク足の次に、全てを包み込みような大陰線が確定した場合は、トレンドの変換に伴う強い売りシグナルとなるのです。

 

 

前のローソク足の状態をすべて打ち消すほどの力が加わり始めているという相場の状況判断ができるのです。

 

はらみ線の概要と傾向について

 

はらみ線とは、「2本の連続するローソク足の状態が、お腹の中に赤ちゃんがいる妊婦さんのように見えること」から付けられたとも言われているローソク足のシグナルです。

 

はらみ線の特徴
例えば、1本目のローソク足が大きな大陰線の時に、次のローソク足がそれに含まれてしまうような短い陽線で確定した場合、トレンドの変換に伴う買いシグナルと判断します。
また逆に1本目のローソク足が大きな大陽線の時、次のローソク足がそれに含まれてしまうような短い陰線で確定した場合、トレンドの変換に伴う売りシグナルだと判断します。

 

 

大きなローソク足に逆らうように出現した小さなローソン足になるわけですが、これには大きな力が伴っているようにも見えるという相場の状況判断ができるのです。

 

包み線とはらみ線から相場がわかるパターンとは?

 

 

どちらともトレンドの変換を表すシグナルだと考えてください。

 

トレンドの変換に伴う心理
例えば包み線の場合、ずっと下降トレンドで短い陰線が連続した後の大陽線の出現に対して、投資家はこれをどう考えるでしょうか?
投資家は売りの力が弱まり、一気に買い注文が出始めたと判断するでしょう。
これがトレンドの変換に伴う投資家の心理なのです。

 

 

もしダマシでなく上昇トレンドに転換した場合は、出便した大陽線の最安値がサポートラインとなり、今後の判断にも役に立ってくるのです。

 

 

そして、もちろん逆の考えもできます。

 

小さい連続する陽線の後の大陰線が出た場合、この時の最高値はレジスタンスラインとして、今後の取引の材料として使用できるのです。

 

はらみ線の場合は?
はらみ線では、大陽線の次に小さい陰線の出現した際に、投資家にとってもうこれ以上買われないのではという心理になるのです。
よってそのまま下降トレンドとして相場が動く可能性が高く、大陽線の最高値がレジスタンスラインとなり、今後の予想に利用できるというわけなのです。

 

 

もちろん、はらみ線でも逆の考えができ、サポートラインを引くことができるのです。

 

今までラインを引くことを苦手と思っていたか方は、このローソク足の状態から引けるようになる方もいますので、練習してみてはいかがでしょうか。

 

ダマしにあう確率は高いのか?注意点はどこか?

 

2本のローソク足だけで、100%転換するという考えにならないことは誰でもわかるはずです。

 

相場に必ずは無く、もしあれば誰もが大金持ちになれ、働く人など一人もいなくなります。

 

ダマしと判断するには?
では、ダマしと判断するポイントはどこでしょうか?
それは先ほど説明した、サポートライン、レジスタンスラインを抜かれた時になります。
このラインが抜かれた場合は、変換していなかったという判断になり、「ダマし」という結果となるわけです。

 

 

そして、このダマしの確率は表示しているチャートの時間によって比例し確率が高くなります。

 

短い分数でのチャートではダマしの確率が高くなり、時間が長くなればなるほど確率は低くなるという事もしっかりと覚えておきましょう

 

 

現在発生しているトレンドの強さが、包み線やふくみ線よりも強ければ、結果はダマしとなり反転しなくなります。

そして、それを見抜くための注意点は「インジケーター」にあります。

 

インジケーターダマしを見抜くためには?
もし、大陽線の包み線が出現し、上昇トレンドとなると判断しても、オシレーター系のインジケーターが違う表示をしていた場合は、ダマしの可能性が非常に高くなります。
移動平均線の近くにローソク足があるときに包み線が出現しても、信頼性が低くなるというわけです。

 

包み線とはらみ線に関するまとめ

 

今までインジケーターを利用してバイナリーオプションを挑戦し、勝率が上がらなかった方は、ローソク足に注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

全てをローソク足に委ねることはできませんが、インジケーターで分析するよりも「包み線、はらみ線」の判断はしやすくなるはずです。

 

その時に「インジケーターが何を示しているか?」を補助的に確認すると分かりやすくなるのではないでしょうか?

 

ですので、まずバイナリーオプションを始める前に、MT4で日足チャートを確認してみましょう。

 

 

相場の方向性を見極めよう!

もし包み線やはらみ線が出現していた場合は、その日の方向性が見えてくるはずです。

例えば、日足に包み線が出現していたので、今日は上昇の傾向が強いと判断しハイエントリーのみで勝負してみると決めるのも良いかもしれません。

 

 

もちろん日足を確認する時も、インジケーターを利用していることが大事です。

 

ローソク足からテクニカル分析を行い、常に勝率を高められる手法を手に入れましょう。

【無料登録でC Force会員専用コンテンツが閲覧できる】

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
おすすめの記事