どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「水平線(レジスタンスライン、サポートライン)の概要や水平線を利用した手法や注意点」に関してご紹介します。

 

 

バイナリーオプションを始めたばかりで不安

まだ始めてないけどどうやってやればいいか分からない

新たな手法を知りたいというバイナリーオプション経験者

といった方にぜひ見ていただきたいです。

 

この水平線は初心者の方や、まだ始めてもいない方でもすぐに実践できるので、難しい作業は一切ありません。

 

水平線(水平ライン)とは何か?

 

 

この水平線(水平ライン)とは、チャート上に引かれた水平の線のことをいいます。

 

一般的には高値と安値、この2つの点を結んで水平に線を引くことが出来るポイントを探します。

 

 

水平線の引き方

MT4のメニューウィンドウにある「―」を選択し、引きたい場所に線を引くのみです。

線を引くだけに関してはとても簡単ですので、初心者の方でも安心ですね。

 

レジスタンスラインの概要

 

 

レジスタンスライン」とは、高値で引いた水平線のことをいいます。

 

基本的にこの水平線でトレンドが反発します。

 

 

反発する理由とは?

反発する理由はいたって簡単で、直近のレジスタンスライン付近になると「売り」が多くなるからです。

つまり、トレンドが転換するということです。

 

 

わかりやすくまとめると、上昇トレンドの状態でレジスタンスライン(直近の高値)付近になった際は、「逆向きのLOWでエントリー」するということです。

 

サポートラインの概要

 

 

一方、「サポートライン」はレジスタンスラインは真逆の存在です。つまり、安値で引いた水平線のことをいいます。

 

 

エントリー方法について

エントリー方法もレジスタンスラインとは逆に、下降トレンドの状態でサポートライン付近になったら、「HIGHでエントリー」します。

 

 

線を引くことやエントリーポイントを見つけるのは難易度的にも簡単で、始めたての初心者でも楽にかつ簡単に出来るかと思われます。

 

レジスタンスラインとサポートラインの内容と、エントリー方法がごちゃごちゃにならないよう気をつけてください

 

水平線(水平ライン)のみを使った攻略法とは?

 

これらの2つの「レジスタンスライン」と「サポートライン」のエントリー方法をさらに詳しくまとめます。

 

 

先程は、水平線付近になったら流れてきた方向とは逆向きにかける「逆張り」のお話をしてきました。

 

 

しかし、相場はそんな素直ではありません。トレンドが強いと水平線を抜けてしまう場合があります。抜けてしまった場合、転換するどころか、逆にトレンドが進んでいってしまうのです。

 

 

トレンドが進んでしまう理由とは?
ではなぜトレンドが進むのかというと・・・・
水平線を抜けた時に、投資家はトレンドが強いと判断しますので、それに合わせて「順張り」をします。
よって、水平線を抜けたあともトレンドが続いていってしまう傾向があるのです。

 

 

ここで1つポイントをご紹介します。

より勝率を上げるためには、「水平線を引きまくること」が必要です。

 

 

水平線を引きまくるとは?
だいたい1日足で表示してください。そこで水平に引けるポイントを引けるだけ引いてください。おそらく10本以上は引けるはずです。
そして、最も高値もしくは安値の部分において、過去のチャートを見て有能な部分の線を太くして見やすくします。
これが終わったら4時間、1時間足で同様の作業をしてください。全て終われば20本以上は確実に引けます。

 

この線こそが、バイナリーオプションにおいて勝率を上げるためには欠かせない目印なのです。

 

実際、この水平線を使った手法のみでも十分に稼ぐことが可能です。

 

水平線(水平ライン)を利用する際の注意点とは?

 

ここで水平線を利用する上で、注意しなければならないことを説明します。

 

水平線はとても有能かつ便利で、初心者でも簡単に判断できる材料です。

 

 

しかし、一歩間違えたら損失を生む材料ともなってしまいます。

 

 

水平線が抜けた時のエントリーには注意をしよう!
水平線を抜けたあとのマーチンや、抜けた時のエントリーの仕方注意です。
基本抜けたら逆向きの力より、トレンドの流れに沿った力の方が強くなる傾向があるわけですが、「少し抜けたけど大丈夫だろう」と安易に判断してはいけません。
焦らずに危険だと思うポイントでは、「エントリーを避ける」などの工夫が必要となってきます。
抜けた時はエントリーしない、または順張りでエントリーするなど自分なりのルールを作ってから水平線を利用した手法を実践してみて下さい。

 

 

また、いきなりリアルトレードで行うのではなく、ある程度デモトレードで慣れてからリアルトレードを行うと、余計な損失を出すことも無く、抜けた時の対応もしっかりとできます。

 

水平線(水平ライン)に関するまとめ

 

本記事では、水平線(レジスタンスライン、サポートライン)の概要や水平線を利用した手法、注意点に関してご紹介しました。

 

水平線のまとめ

水平線とは、チャート上に引いたラインのことをいいます。

 

 

レジスタンスラインとサポートラインのまとめ

「レジスタンスライン」とは水平線のひとつで、高値で引いた水平線のことを意味し、「サポートライン」とは安値で引いた水平線のことをいいます。

レジスタンスライン付近に達した場合は「LOWでエントリー」、サポートライン付近に達した場合は「HIGHでエントリー」してください。

もし、サポートラインもしくは、レジスタンスラインを抜けた場合は、トレンドの流れに沿った「順張り」でエントリーするか、エントリーを避けるかなどの対応をしてください。

 

 

水平線は初心者でも使いこなすことは可能です。

 

しかし、線の引き方や抜けた際のエントリー方法を理解していなければ、損失を生む結果となってしまいます。

 

 

予測外の損失を出さないためにも、適切な線の引き方や水平線を利用した手法を十分に理解し、実際にデモトレードでその手法を試し、十分に慣れていかなる場合にも対処できるようになってから、リアルトレードにて取引してください

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事