酒田五法とボリンジャーバンドを組み合わせた攻略法とは?ダマしに注意してエントリーする方法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

本記事では、「酒田五法についてとボリンジャーバンド、この2つを組み合わせた手法についてや、酒田五法のダマし」に関して説明します。

 

 

初心者でも簡単に使いこなすことが出来るので、注意点をよく読んで実際に取引に活用してみてください。

 

また、1つの手法として知っておきたい方でも知っておいて損は無い手法なので、是非試してみてください。

 

酒田五法とは何か?

 

まず、酒田五法について説明します。

 

酒田五法」とは、本間宗久という江戸時代に、米相場で多大な活躍を見せた人によって生み出された相場を見極めるための手法の1つです。

 

酒田五法には、その名の通り5つの手法があります。

 

 

1つ目は「三山」です。

この名の通り、3つの山を描くようにチャートが動きます。

その山のてっぺんが、だいたい一定の線に沿って3回ともその線を越さなければ、この線(高値)以上を更新することはないだろうという推測のことをいいます。

 

 

2つ目は三川」です。

これは三山とは逆に、3つの逆三山が安値を3回とも更新せずにいると、その安値が底値だと推測できます

つまり、三山の場合は「LOW」でかけ、三川の場合は「HIGH」でかけます。

 

 

3つ目は「三空」です。

これは、「」に注目することを特徴としています。

空とは上空のことではなく、前後のローソク足の境目に空欄があるということを指します。

この空が3買い続くと、今まで流れてきた方向とは逆向きに動こうとします。そこで「逆張り」を使います。

 

4つ目は「三兵」です。

これは、陽線及び陰線が3回連続出た時のことを言います。

この3回続いたチャートの中でも、2.3本目のチャートに注目してください。

長いヒゲがついている場合は、今まで流れていた方向とは逆に動くことを表します。つまり、ここでも「逆張り」を使うということです。

 

そして最後には「三法」です。

これは、値動きがあまりない相場であるレンジ相場では取引はせず、値動きが大いに見られる相場であるトレンドが発生した場合のみ取引するという手法です。

レンジ相場での底値や高値などを見ておき、それを抜けた場合は抜けた方向にかける「順張り」を適応させます。

 

以上が、酒田五法の説明となります。

 

ボリンジャーバンドの概要と使い方

 

ボリンジャーバンドとは、レートの勢いや流れ方などを見分けるために必要となる指標のことを言います。

 

ボリンジャーバンドの設定

ボリンジャーバンドの設定はいたって簡単で、チャート上で右クリックし、定型チャートからボリンジャーバンドを開きます。

 

レンジ相場とトレンド相場の見分け方
ボリンジャーバンドは、「レンジ相場」と「トレンド相場」を簡単に見分けることが可能です。
ボリンジャーバンドにある線が、外向きに開いていればレートの変動が大きいことを表すので、つまりは「トレンド相場」ということを表しています。
一方、ボリンジャーバンドが横に平行に引かさっている場合は、「レンジ相場」を表します。

 

 

また、線が内向きに狭まっている場合は、これからトレンドに入っていくことを意味します。

 

酒田五法とボリンジャーバンドを組み合わせた攻略法を解説!

 

 

酒田五法とボリンジャーバンドを組み合わせてエントリーを行う場合に、最もオススメする手法は「三山」および「三川」と「ボリンジャーバンド」を組み合わせた手法です。

 

エントリー方法について
まず確認すべき点は、
①ボリンジャーバンドの最も上、もしくは下の線にローソク足が到達しそうか?、もしくは到達していることを確認してください。
②次に、今までのチャートで「三山」、もしくは「三川」ができていることを確認してください。
どちらも条件に当てはまる場合は、次の足でエントリーです。

 

 

ボリンジャーバンドの最も上、もしくは下の線に到達したローソク足は、跳ね返る可能性がぐんと上がります。

そこで酒田五法の「三山」および「三川」を使用するとさらに確率が上がり、より良い勝率を見込める取引をすることが出来ます

 

初心者でもチャートをしっかりと見て取引すれば、しっかりと勝てるようになります。

 

ダマしに注意してエントリーするためのポイントとは?

 

酒田五法は万能とはあまり言えませんが、他の手法と組み合わせることで、より勝率を上げることを可能とします。

 

しかし、酒田五法でもダマしがあります。

(ダマしとは、シグナル通り、手法通りの取引を行って出した予測とは違った方向へ相場が動いてしまうことをいいます。)

 

このダマしがあることをしっかりと認識してください。

 

エントリーする際の注意点
ダマしに注意してエントリーをするためには、やはり相場選びが肝となるのです。
特に、経済指標付近は相場が荒れてしまい、予測が困難となります。
どんなに強いツールや手法でも、予測が多く外れてしまいます。

 

他にも、月末や月初、月曜日、金曜日など相場が荒れる要因は多くあります。

 

これをしっかりと確認しておかないと、ダマしによって余計な損失を生む結果となってしまいます。

 

特に初心者はここに注意です。

以上がダマしに注意してエントリーするためのポイントでした。

 

酒田五法とボリンジャーバンドに関するまとめ

 

本記事では、「酒田五法についてとボリンジャーバンド、この2つを組み合わせた手法から、酒田五法のダマし」に関して説明しました。

 

三川」と「三山」、「ボリンジャーバンド」を組み合わせた手法は、勝率をより上げることができます。

 

 

初めにボリンジャーバンドの1番上と下の線を確認し、次に三川と三山ができていることをしっかりと確認してください

 

それを確認できたら、次の足でエントリーです。

この手法自体は難しい判断等は一切ありません。初心者でも簡単に使えます。

 

 

しかし、その手法に反した取引や不適応な相場で取引を行うと、損失を出してしまいます

 

自分をコントロールしつつ、この手法に慣れてから実際に取引してみて下さい。

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、自作のインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

 

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

 

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事