リーブル(Libre)とは?松岡沙耶のバイナリーツールの評判や口コミ、勝率について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションの商材は、怪しい物が多いですが、松岡沙耶さんが考案した「リーブル(Libre)」は、バイナリーツールとしてどうなのでしょうか?

 

ご本人の動画と口コミなどもを調べて、検証をして行きたいと思います。

 

リーブル(Libre)とはどんなツールなのか?

 

 

松岡沙耶さんが独自で開発したツール?

 

リーブル(Libre)は、松岡沙耶が独自で開発したツールであり、バイナリーオプションで自動売買サインを出しながら、勝率75〜85%のツールです。

 

月に800万円ほどの利益を出していた松岡沙耶さん自身が使っていたロジックを、システム化をし視聴者からの要望で販売する事にしたそうです。

動画で解説されているシステムを分かり易く書いてみます。

 

リーブルのシステムについて

 

リーブルは、MT4に8個ウインドウを表示し7つのチャートと1個の経済指標を表示させ、インジケーターで売買サインを出し、EAにして動作させているシステムです。

では、システムを順にみて行きます。

 

 

システムの流れについて

①左側にLibreのプログラムを表示させ、右側に証券会社の注文用プログラム表示させます。

②暫くしますと、7つの通貨ペアチャートに売買サインの矢印が表示されます。

③次に、カウントダウンが始まりカウントが0になった瞬間に、サインに従い右側に表示している証券会社のプログラムに注文を入れます。

④後は、1分間待つだけです。

⑤勝敗は〇×で表示し、当日のHigh/lowの勝率を表示し、負けた場合は勝つまでマーチンゲールで倍賭けします。

 

※マーチンゲールとは勝負事で負けますと、次は倍で賭けて行くやり方で、理論としては、連敗しても一度の勝ちで取り戻せる方法です。勝てたら次は、最初の基本金額に戻して、勝負を続けます。連敗も9回続く確率は低いと思いますが、大負けして先に資金が尽きたら終わりです。

 

取引のルールを3つ決めているそうです。

①経済指標発表の前後30分間は取引をしない
②主要国マーケットオープン前後30分間は取引をしない
日本9:00・欧州夏16:00(冬17:00)・米国夏21:00(冬22:00)
③カウントダウンの00秒でエントリーする

 

 

 

「Libre」と「Libre+」が用意されてます。

 

<Libre>について

通常版…15万円(分割払い有り)
・平均チャンス回数…毎日70回〜150回
・平均チャンス頻度…5分〜20分に1回
・マーチンゲール…あり
・Libreブースター…なし
・システム数…1つ

 

<Libre+>について

特別版…30万円(分割払い有り)
・平均チャンス回数…毎日250回〜350回
・平均チャンス頻度…2分〜3分に1回
・マーチンゲール…なし
・Libreブースター…あり
・システム数…2つ

 

<特定商取引法に基づく表示1>

販売社 合同会社Assist
所在地 東京都中央区銀座七丁目15番8号
タウンハイツ銀座406
運営統括責任者名 岩渕 庸介
メールアドレス info@saya-tube.com
電話番号 03-6403-3826
※住所・法人名・電話番号も表に出してます。

 

松岡沙耶は実在する?本物なのか?

 

松岡沙耶が本名かビジネスネームかは分かりませんが、前面に出ている女性自体は実在します。

経歴…20歳〜24歳までは歯科衛生士だったそうです。

 

お金が無く沢山の商材に手を出し、300万円ほどの借金を抱える様になり、バイナリーオプションのプログラムに、たどり着いたと本人が言っております。

現在は、「会社経営社」、「投資家」、「各種ツール開発者」、「インタビュアー」とのことです。

 

リーブル(Libre)の評判や口コミについて

 

LINE BANK(ラインバンク)の評判は悪い?

松岡さんは以前、LINE BANK(ラインバンク)という高額商材を販売してたそうですが、此方の商品は評判が相当悪いです。

ネット上では集団訴訟の準備をしている記事も見られます。

LINEに売買サインが送られて来るので、指示通りにすれば勝率85%との触れ込みでしたが、ほとんどの購入者は勝てなかった様です。

システムとしてはバイナリーオプションですので、サインを出す仕組みはリーブルも同じなのだと思います。

 

 

高額商材を売りつける手口とは?

この手の商材は、当初は「無料で稼げる方法をお教えしますよ」とフロントエンドで無料を打ち出し、バックエンドで高額商品を売りつけるという手口が多いのです。

ランディングページ(セールスページ)には購入者から「指示通りで勝てた」、お礼のLINEを沢山載せてますが、「サクラ」感が満載です。

 

 

バイナリーオプションですので、上がるか下がるかの二者択一です。

ロジックなど無くても、毎回50%は勝てるし50%は負ける確率になります。

そして、購入者が勝とうが負けようが関係無く、販売会社には一定額のリベートが振り込まれる仕組みだそうです

 

アフィリエイトみたいなものでしょうか?

一人紹介で4万円だとか言われてますし、紹介された者が賭ければ賭けるほど、販売元にバックマージンが入るシステムだそうです。

 

リーブル(Libre)の実際の勝率は?

 

セールスページに出てくる、この購入者からのLINE情報が本当であれば、勝率85%は真実になります

 

売買サインが曖昧?

売買サインを出すロジックを表に出してませんので、買わないと実際の検証は出来ませんが、動画を見ていますと、チャートに表示される売買サインは曖昧に感じます。

カウントダウン途中でサインが消える事も多いですし、売買サインの乱立表示も見えます。

売買サインを出すインジケーターは、リーブルに限らず沢山あります。

 

しかし、全て過去チャートから計算して出しますので、リライトも有りますし、例え1分先でも未来を正確に当てることが出来るプログラム等は存在しません。

 

松岡さんの動画では「ここも勝ってます」「ここも勝ってます」を連発してますが、1分のバイナリーオプションでこのサインの出方で勝てるとは思えません。

過去チャートの動画では何とでも言えますから。

 

リーブル(Libre)に関するまとめ

 

視聴者から

YouTubeで使っているシステムは何?

どうやって稼いでいるの?

私もシステム使ってみたい

 

などと、問い合わせが殺到し販売することになり、「変に高い値段で売るのも嫌だなって思い」から価格が15万円と30万円に設定したそうです。

 

しかし、気軽に買って、駄目でも良いや、と試す訳にはいかない金額ですよね。

 

過去の、松岡沙耶さんの動画を見てましたら、「佐藤みきひろ氏」と「前川優太氏」にインタビューを受けてまして、この二人はこの手の商材の世界で色々と問題を起こされてる人達で、

本当は彼らがバックで動かしているのでは?

 

と、邪推をしてしまいます。

 

最後に、<特定商取法に基づく表示2>を書いて終わります。

 

<特定商取法に基づく表示2>

「返品・不良品について」
原則として返金には応じられませんのご了承ください。
「表現、及び商品に関する注意書き」
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
※上記のように、ちゃんと逃げ道も用意してます。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事