リパトリエーションとは?意味は?バイナリー取引で使えるの?為替専門用語を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

バイナリーオプションを利用する方であれば、為替の用語もいくらか耳にすると思います。

 

リパトリエーション」という言葉を皆さんは聞いたことがあるでしょうか?

 

最近でいうと、去年はトランプ大統領の影響で大きくニュースにもなりましたし、毎年2-3月あたりになると多く聞く言葉かと思います。

 

 

リパトリエーションについて、わからない人もいると思いますので、今回は「リパトリエーションの意味とは?バイナリー取引で使えるのか?為替専門用語」について解説していきたいと思います。

 

リパトリエーションとは?どんな意味?

 

 

リパトリエーションとは、「本国送還」という意味ですが、金融関係などでは企業などが、海外に保有している資産を本国に環流させることを言います。

 

外貨資産を引き揚げて、自国内での資産にしたり、自国通貨に換金したりすることです。

 

リパトリエーションの特徴
リパトリエーションでは、環流先の通貨が買われるので、リパトリエーションが一斉に起こると、その国の通貨の為替レートを押し上げる要因となることもあります。
日本だとすれば、円買いが生じるので、円高になる一つの要因にもなるのです。
特に日本の企業においては、3月に決算されることが多いので、3月末の決算締めにリパトリエーションが行われるのが多いといわれています

 

リパトリエーション減税とは?どんな現象?

 

「リパトリエーション減税」とは、海外にある資金を本国に還流させるリパトリエーションを行う際にかかる税金を減税することをいいます。

 

 

リパトリエーション減税を行うと?

リパトリエーション減税を行うことにより、資金還流が増えるので、外国から本国への資金還流が促進され、国の税収は拡大するのです。

 

なお、リパトリエーション減税は噂だけでも、外国為替市場にも大きな影響を及ぼすことがあります。

 

リパトリエーションは東日本大震災で注目された?

 

震災で日本経済にダメージがかかると、円安になるのでは?」と思う人も多いと思います。

 

しかし、2011年3月11日の東日本大震災の影響を受けて、3月17日の早朝には、ドル円の為替レートは、史上最高値の76円25銭を記録したのです。

 

 

なぜ円高になるのか?
なぜ円高になるか?というと、大震災が起こると日本の企業や保険会社は、復興や保険の支払いなどで多額のお金を必要になり、少しでも資金を作ろうと「リパトリエーション」が起こるからです。
そして、日本企業は3月決算が多いので、なおさら東日本大震災の起きた時期は、リパトリエーションが通常よりも多く起きていたため、なおのこと大きく報道され、注目されたというわけです。

 

 

しかし、ドル円相場を円高に動かしたのは、保険会社や金融機関のリパトリエーションだけではありません。

 

1995年阪神淡路大震災のとき、相場が大きな円高となったことから、「今回の東日本大震災も円高になるのでは?」と予想した、投資家たちの円買いが多発したからでもあります

 

阪神淡路大震災のときは、地震発生から数ヶ月後に円高になりましたが、これを知っている人たちは地震後、すぐに円買いしたことから、東日本大震災のときは早い段階で円高になりました。

 

リパトリエーションをバイナリーオプション取引で使う際のポイントとは?

 

結論から言うと、リパトリエーションの噂だけでも相場は動きます。

 

相場が動く事例と時期
例えば、日本の経済への悪材料となる事件、または災害が起こったり、指標が発表されたりした場合は、買いを検討するといいでしょう。
それから、リパトリエーションが起こる時期としては、8月から9月の中間決算や2月から3月の決算締めにかけて、リパトリエーションが起きることが多いので、この時期は円が高騰する可能性が高いと考えていいと思います。

 

 

ただ、指標があるからといって、必ずしも高騰するとは限らないので、鵜呑みにはしないようにしてください。

 

2〜3月は、海外の投資家たちが円売りする傾向もあるので、円安になる要因もあります。

そのため、一年の中ではドル円が大きく動く月でもあるので、注意も必要になってきます。

 

 

そして、「円高になるか?」、それとも「円安になるか?」、どちらに動くかはわかりませんが、値動きが普段よりも大きいので、その差を狙って勝負することもできます。

 

 

バイナリーオプションで利用する場合のポイント
バイナリーオプションといえば、差額がなければ勝敗のつかない、普段であれば少しリスクの高い取引方法もありますので、そちらも使いやすいと思います。
リパトリエーションを一つのポイントとして、チャート分析でもきちんとした判断材料を見つけることによって、確率は上がることでしょう。

 

リパトリエーションに関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、「リパトリエーションの意味とは?バイナリー取引で使えるのか?為替専門用語」について解説させていただきました。

 

バイナリーオプションではあまり利用しない方も多いと思いますが、「リパトリエーションを知っているか?」、「リパトリエーションを知らないか?」によって、時には勝敗をわけることもあると思います。

 

最近では、トランプ大統領の改革で注目されているので、投資家たちの動きも以前よりもわかりやすくなってきています

 

 

リパトリエーションが起こりやすい時期は、意識してドル円の相場を見て、取引に使える判断材料にできればいいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事