マイナス金利とは何か?メリットデメリットや為替相場に与える影響についてわかりやすく解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

2016年から始まったのが「マイナス金利政策」ですが、よくニュースで聞いているが気にしていないと思っている人も多いかもしれません。

 

マイナス金利なのだから、また消費者が損をする政策なのかも

 

と、良いイメージを持たれていない人もいるようです。

 

 

そこで!

 

今回の記事では、「マイナス金利とはいったい何なのか?メリットやデメリットを踏まえ為替相場への影響」について解説していきます。

 

マイナス金利とは何か?意味は?

 

 

マイナス金利政策とは、民間の銀行が日本銀行に預金をしている場合の当座預金の一部に設けられる金利のことです。

 

日本銀行について
日本銀行は、「銀行の銀行」と呼ばれており、各金融機関の預金を預かる銀行になりますね。
ここに、民間の銀行が預金をしていると金利がマイナスなので、民間銀行が預金をしているのに支払いを行うということになります。

 

そうなれば、金融機関は「日本銀行に預けておきたくない」という判断になり、そのことによって、預金を減らそうと企業への貸付や投資に資金を回すようになるのです

 

 

マイナス金利政策の影響について

このように、マイナス金利政策は、お金が世の中に出回るようになり、経済の活性化を図るという政策になるわけですね。

長く続いているデフレ脱却のために、2016年から続いている政策となります。

 

マイナス金利のメリットとは?

 

 

マイナス金利のメリットは、住宅ローンの金利低下により借りやすくなることです。

また、企業も融資が受けやすくなり、低い金利で借入れできるので利益の向上にもつなっがています。

 

これがマイナス金利の目的であり、これらの融資を行うことで、お金を使うようになるというわけです。

 

 

マイナス金利政策を具体的なメリット事例
企業が融資を受ければ、そこから品物を購入し別な企業が潤います。
結果利益が出た企業が忙しくなり人手不足から雇用を行い、給料を上げ消費者にお金がまわり始めます。
消費者にお金がまわれば、品物を購入しさらに生活が豊かになり、これにより物価が上昇し、政府は2%の物価目標を掲げるようになるという、そのための政策だったのです。
銀行の貸し渋りを脱却させようとしたわけですね。

 

 

つまり、マイナス金利政策のメリットは、消費者にお金がまわってくるという点です。

 

お金を貸す金融機関に余剰な資金を置かず、積極的に借りやすくするという仕組みとなっていました。

 

マイナス金利のデメリットとは?

 

 

マイナス金利のデメリットは、銀行に預金をしていても利息が減少した点になります。

 

マイナス金利から、多くの銀行で預金金利を下げるという対策をされてきました。

そしてその結果、銀行に預金される人が減ったということになります

 

 

また、マイナス金利のデメリットは、メリットの考え通りに経済が進まなかった場合です

 

 

メリット通りに進まないとは?
先ほどのメリットでは、「給料が上がる」といったイメージでした。
実際、大手企業でも給料が上昇してるというニュースを見ることがあります。
ただ、それによる2%の物価目標は達成されていません。
つまり、考えと違う事態が発生しているのです。

 

 

考えられるのは、中小企業へお金を借りやすくしていたのですが、一部の企業が大きくなり、競争激化に耐えられない企業が製品を開発しなくなったとも言われています。

一部の大手企業に、お金が集まりだしているというわけです。

 

また、住宅ローンに関しても低金利になったことで、新規の人が増えたのではなく、借り換えを行う人が増えたという話もあります。

 

 

マイナス金利により格差社会に?

つまり、マイナス金利によって、「さらに格差社会になったのでは?」ということが言えるわけです。

これは、マイナス金利の大変大きなデメリットと言えるのではないでしょうか。

 

実際、マイナス金利をやめるべきという声も多く上がっています。

 

マイナス金利が為替相場に与える影響とは?

 

マイナス金利によって、経済が活発になるということは、円安に動くという予想もたてられますが、当時の結果は違いました。

 

2016年のマイナス金利は予想外の結果に?
2016年にマイナス金利を打ち出した時は、一旦円安方向へと為替は動きだしたのですが、すぐに円高へと方向転換したのです。
これは、マイナス金利によるリスクが、投資家に良いイメージを持たせなかったということにつながります。
マイナス金利は銀行の収益を減少させるわけですが、もしかすると、銀行のパワーダウンを疑われたのかもしれません。

金融機関で問題が発生すれば、心配な面が大きいです。これが「リスクを回避する」という行動に、当時は現れたと言われる人もいます。

 

さらに投資をするのならば、高金利のほうがスワップ取引で稼ぐことができます。

金利の安い通貨で投資を行うよりも、高い通貨を選ぶのは当然の行動かもしれません。

 

つまりマイナス金利は、「円安に貢献していない」という意見を持つ人も多くいるのです。

 

マイナス金利とバイナリーオプションとの関係性とは?

 

要人発言により、マイナス金利の継続を発表すれば、もちろん為替は反応を示します

つまり、反応を示すということは、バイナリーオプションに関係してくるというわけです。

 

 

バイナリーオプション取引は控えるべき?
金融緩和は今後も継続と言われていますが、先行きは分かりません。
日本銀行総裁の発表次第では、為替が大きく変動する可能性が十分に考えられます。
よって、このような発言がされる予定があるときは、バイナリーオプションによる取引を控えることをおすすめします。

 

 

勝率が一番上がるエントリー手法とは?

強いて挙げるのであれば、政策の発表から為替の方向性を確認したあと、テクニカル分析によりエントリーを行うのが、一番勝率をあげられる方法です。

 

 

要人発言により、大きな金額を投資すれば大勝利することもありますが、その逆もあり得、リスクが高すぎると考えられるためです。

できるだけ、大きなリスクは回避して取引を行うようにしましょう

 

マイナス金利に関するまとめ

 

マイナス金利のような政策は、私たちの生活に直接関係してきます。

バイナリーオプションを行うのならば、当然注意しないといけない内容です。

 

経済の流れに逆らって投資を行っても、勝てるわけではありません。

 

利益を得るのであれば、波に乗る必要があります

そのために多くの情報を仕入れ、それを役立てる知識を持つようにしましょう。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事