どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「原油安の概要や世界経済などに与える影響、原油安はデメリットであるのか否か、バイナリーオプションとの関係性はあるのかどうか?」について説明していきます。

 

経済の知識を身につけておきたい

バイナリーオプションを始めて間もない

相場に影響を及ぼす要因について知っておきたい

 

などといった方に、ぜひ読んでいただきたいです。

 

原油安とは?意味を解説!

 

原油安とは、その名の通り、原油の価格か安くなることを言います。

 

原油安が起こる要因とは?
原油安になる第一要因は、「需要」と「供給」の関係にあります。
その物を欲しいと思う人の数(需要)」が、「物を売る量(供給)」を上回れば、ものの値段は上がります
しかし、物を売る量が物を欲しいという人の数を上回ってしまうと、ものの価格は下がってしまいます。
これが、原油安の最も大きな要因となるのです。

 

 

原油の需要が低まった要因について

原油の需要が低まった要因は、主に中国にあります。

中国では、景気減速懸念により、株式市場の落ち込みが見られました。

これにより、中国人による需要が大きく減ってしまったのです。

さらに、その中国の影響も受けて、ほかのアジアの国々でも需要が低くなり、「原油安」となってしまうのです。

 

 

原油の供給に大きく関係しているのは?
またその一方で、原油の供給は増してきています。
供給に大きく関係しているのが、「アメリカのシェール革命」です。
これは、アメリカのシェールというものから、原油を入手できるようになった革命のことをいいます。
つまり、アメリカは原油の産出国となったのです。

 

さらに、サウジアラビアなどでも過去最大水準に達したことにより、より多くの供給が行われました

これによって、原油の供給は増えていっているのです。

 

世界経済や株価、為替に与える影響とは?

 

 

石油消費国にとっては、石油安はプラスの影響となります。

 

日本などの消費国は、石油を独自に産出して売りに出しているわけではありませんので、石油安となったとしても、これといってダメージはありません。

 

 

石油が安くなれば、当然のことながら石油をつかったものも安くなります

つまり、物価が安くなることを意味します。

 

 

原油安が起こることによって為替に影響はあるのか?
一方、為替に関しては、それぞれの通貨ペアによって与えられる影響が異なってきます。
ユーロドル」であれば、原油価格と相関性が高いと言われています。
つまり、原油安となれば「ユーロドル」は下がり、原油高になれ「ユーロドル」は上がります。
また、「豪ドル」や「NZドル」に関しても、原油に連動した動きとなりやすいと言われています。

 

このように、同じ要因でも影響の受け方はそれぞれ異なるため、取引する際は十分に注意する必要があります。

 

原油安はデメリットなのか?

 

原油安は、一概にメリットともデメリットとも言えません。

先述した通り、石油消費国では石油自体が安くなるため、消費国にとっては大きなメリットとも言えます

 

石油産出国にとって原油安は?
しかし、石油産出国にとっては「デメリット」でしかありません。
売りに出している石油が売れなくなることで、これまで頼りにしていた収入が減ってしまいます。
すると、市場だけでなく、職や物価にも影響を与えてしまいます。

 

 

石油にどれだけ頼っているか?がポイント

サウジアラビアなどの国も影響を受けていますが、石油だけを頼りにしているわけではないので、石油だけに頼っているロシアやベネズエラと比較すると被害はそこまでありません。

その国々によって、メリットかデメリットかが決まってきてしまいます。

 

このようなことから、石油安はデメリットである、メリットであるとは言えないのです。

 

原油安とバイナリーオプションとの関係性はあるのか?

 

 

結論から言うと、「原油安」と「バイナリーオプション」は関係性が大きくあります。

 

原油安と為替の関係性について
先述した通り、「為替」と「原油安」は大きく関係しているのです。
最も、ユーロドルが原油安に関係しており、原油安になればユーロドルも下がります
原油の価格が上がれば、ユーロドルもそれに連れて上がります。
一見関係性がないようにも思えますが、実際に相場に影響を及ぼしているのです。

 

また、その影響の効果も通貨によって異なってくるので、それぞれの通貨に及ぼす影響をチェックしておくと良いです。

 

原油安に関するまとめ

 

本記事では、「原油安の概要や世界経済などに与える影響、原油安はデメリットであるのか否か、バイナリーオプションとの関係性はあるのかどうか?」について説明しました。

 

原油安のまとめ

原油安とは、その名の通り原油の価格が安くなる事を言います。

原油安になる大きな要因は、「需要」と「供給」にあります。

中国の景気減速懸念やアメリカのシェール革命などによって、需要が供給を下回り、需要が増え続けていってしまっているのです。

 

 

原油安と為替の関係

この原油安は、為替に大きな影響をもたらします。

通貨によってその影響の効果は異なり、その度合いも異なります。

 

 

原油安のメリットとデメリットのまとめ

原油安がデメリットか?、それともメリットか?を決めることはできません。

日本のような石油消費国であれば物価が安くなるため、メリットと言えます。

しかし、サウジアラビアやロシア、ベネズエラのように石油産出国にとっては収入が減るだけなので、デメリットでしかありません。

 

 

バイナリーオプションにて石油安を応用したいのであれば、それぞれの通貨に及ぼす影響をチェックし、その度合いがどれほどのものかなどを確認しておく必要があります。

 

ただ、これだけをエントリーポイントの判定に使わないよう、十分注意して取引するよう心がけてください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事