Force Index(勢力指数)インジケーターとは?MT4での使い方や設定方法を解説!オススメの組み合わせとは?

 

 

どうもインベスターS.Tです。

 

チャートを動かしているのは、投資家の買いと売りという行動によって変動しているということは誰もが知ってることです。

 

 

毎日チャートを見て分析しながら投資家は、今日は買い手が多くなりそうや、売り手が多くなりそうなど、おおよその方向性を考えているのです。

 

 

では、この買いの勢力と売りの勢力が分かるインジケーターがあれば、便利だと思いませんか?

 

見ただけで今の勢力判断ができるインジケーターがあれば、相場の分析でとても助かるのではないでしょうか。

 

 

今回は、そんな便利なインジケーターである「Force Index」について解説していきます。

 

Force Index(勢力指数)の概要と特徴

 

Force Indexは「アレキサンダー・エルダー氏」が開発したオシレーター系のインジケーターで、買いの勢力と売りの勢力の強さを図ることができます。

 

 

オシレーター系と聞くと、ダマしが多いというイメージを持たれる方もいると思いますが、このインジケーターはダマしが少ないという特徴を持つ有名なインジケーターです

 

 

では、どうして他のインジケーターと比べてダマしが少ないと言われているのでしょうか?

 

 

その理由は、Force Indexを表示するために、当日出来高を利用しているおかげと言われています。

 

出来高とは、取引量のことですので、そう考えれば確かにダマしが少なくなるイメージが持てます。

 

 

他のインジケーターと違い、%で表示されていないのも特徴の一つといえるでしょう。

 

Force Index(勢力指数)の設定方法について

 

Force Indexは、MT4に元から導入されているインジケーターなので、簡単に表示することができます。

 

 

設定方法について

①チャートを表示した後に「挿入」をクリックします。

②次に「インジケーター」→「オシレーター」→Force Index」と順番にクリックをしていきます。

③すると設定画面が表示されますので、色や太さなど好きな物を選ぶようにしましょう。

④期間はデフォルト通り「13」にすることをお勧めします。

 

※「13」を選ぶ理由は、多くの投資家が選んでいる日数だからです。

 

 

MT4を使用する時は、できれば多くの投資家と同じインジケーターを見て判断をするのが望ましいと考えます。

 

ただ、FXとバイナリーオプションではエントリーのタイミングは異なってきます。

 

 

期間を短くすると、ダマしが多くなりますがForce Indexの反応は鋭くなってきますので、自分の好みに合わせて利用するのも一つの手です。

 

Force Index(勢力指数)の使い方を解説!

 

 

使い方は非常に簡単で、「数値が0ラインより上にあれば買いの勢力が強く」、「数値が0ラインより下にあれば売りの勢力が強い」と判断ができます。

 

 

つまり、0ラインを下から上に抜けると買いの勢力が高くなり、上から下に抜けると売りの勢力が高くなると判断することができるわけですね。

 

 

Force Indexはシグナル発生が非常に速いインジケーターとも言われておりますが、短期決戦のバイナリーオプションで考えると、そこまで早いとも言えないインジケーターです。

 

 

もちろん長期のFXで考えれば、シグナル発生が早いという判断もできます。

 

 

つまり、バイナリーオプションでエントリーをする時、0ラインを越えたから1分取引でエントリーをするという手法を使用した場合、値動きせずに負けてしまうという結果もあり得るのです。

 

これではバイナリーオプションで負けを重ねてしまう恐れがあります。

 

 

有効的な使い方とは?
Force Indexの一番良い使い方は、現在の状況を把握するという判断材料に使うことがポイントです。
エントリーのタイミングを計るために使用するのは、バイナリーオプションでは正しい使い方とは言えません。

 

Force Index(勢力指数)の使う際のベストな組み合わせとは?

 

 

Force Indexと組み合わせるのならば、「ボリンジャーバンド」と「移動平均線」がお勧めです。

 

 

Force Indexは、0ラインを越えた時がエントリーのタイミングと先ほど説明しました。

 

つまり、順張りを行うのがベストなインジケーターとなっているのが分かります

 

 

順張りに適した相場と言えばトレンド相場になりますよね。

値幅が少ないレンジ相場では、取引量も低下するため、0ラインから張り付いて離れなくなってしまうということもあります。

 

 

具体的な使用例
Force Indexが0ラインを下から上に超え、ボリンジャーバンドがエクスパンションを起こしたとき、移動平均線がゴールデンクロスからのパーフェクトオーダーを形成していたら、上昇トレンドが発生したと判断できます。
もちろん、その逆を形成するれば下降トレンドが発生したと判断できるのです。

 

 

ただ、あくまでこれは私のベストな組み合わせです。

 

もし利用してみて違うと感じれば、色々試してみることをお勧めします。

 

 

Force Indexは、どのインジケーターでも相性が良いという話を聞いたことがあります。

 

似たようなインジケーターも多くなっていますので、これがベストという組み合わせを決めることはできません。

 

 

一番良いのは、自分が見やすくエントリーがしやすいことによって、勝率が上がるような組み合わせです。

 

ですので、デモ取引をどんどん利用していき、色々ためしてみることをお勧めいたします。

 

 

いきなり大事なお金を使用して挑戦するのも良いですが、ある程度の回数はデモ取引を利用することが大切です。

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、様々なインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事