ハイローオーストラリアの取引で勝率が上がる?ゴトー日の仲値トレードを利用すべきか?

 

どうもインベスターS.Tです。

 

みなさんはご存知でしょうか?

バイナリーオプションに限らず、FXなどでも「仲値トレード」という有名な手法があります。

 

自分でチャートを見てエントリーできれば一番いいのですが、仲値は決まった時間に、決まったエントリー方法があるので深く考えずとも利益を出すことが可能なエントリー方法になります。

 

その中でもゴトー日の仲値トレードは勝率があがるのか?利用したほうがいいのか?について解説していきたいと思います。

 

ゴトー日の仲値トレードに関する概要!どんなトレード?

 

まず仲値について説明したいと思います。

 

仲値とは?
仲値とは、レートは1秒ごとに変わっていくため、その日一日の為替レートを一々取引のたびに変えるのは大変なので、大きな価格変動がない限りは(1円以上)、銀行のその日一日の為替レートを決めてしまおうという制度です。

 

ドル高であれば銀行は利益を得ることが出来るので、銀行側はより安い価格で米ドルを調達しておきたいのです。

 

ですから、銀行は9時55分になる前の安いときに大量に米ドルを仕入れます。

そうすれば、銀行の大量のドル買いによってレートが上がった状態になり、その価格で1日の取引ができるのです。

 

 

銀行は買ったレートよりも高い値段で仲値を決定すれば、買った値段と仲値の価格差分が銀行の儲けが増えるという仕組みなのです。

その時間は日本時間の9時55分に決定され、10時に窓口に公表されます。

 

銀行はドルを安く仕入れておいて、高い値段で売りたいということから、9時55分までドルを大量に買っておくのです。

そうすると、仲値の値段はあがっていきます。

 

55分のあとは銀行もドル買いをやめ、仲値を知っている投資家たちもみんな売りにでるので値段は下落していきます。

 

その仕組みを利用したものが仲値トレードになります。

 

 

主にJPY関連の通貨で「USD/JPY」、「GPB/JPY」、「EUR/JPY」、「AUD/JPY」などが円安になりやすいです。

 

補足説明
ちなみに補足として為替予約という制度があり、銀行にて円安になったので、いまのうちに為替差損の拡大を防ぎたい、という場合にはこれを活用することで、為替レートを予約して、受け取る通貨額を確定することができます。

 

たとえば、輸出する企業が1年後に受け取る代金を外貨から円に換える場合に、1年後に今より円高になるようにする制度になります。

 

為替予約を行った場合、満期時のレートがいくらになっても為替予約したレートで円になります。

なので、予約以降は満期日までの為替変動リスクを回避することができるのです。

 

 

仲値は午前9時30分頃からドル円があがっていき、55分には最高値に達し、そのあと値段は下降していくのでバイナリーオプションでは、短期間取引だと、逆張りでだいたい9時54分頃に10時判定のものを選び、lowでエントリーします。

 

あとは、9時20分頃から54分頃にかけて順張りのhighでエントリー、10時から5分にかけてlowでエントリーする三つの方法があります。

 

仲値は毎日のことなのでエントリーは毎日できますがその中でもゴトー日の仲値トレードがアツいと言われています。

 

ゴトー日とは、5.10.15.20.25.月末の6日のことを指します。

ちなみに、土日や祝日の日がゴトー日の場合は前倒しとなります。

 

ゴトー日には企業の取引や入金の締日に設定されていることが多いので米ドルがいつもよりも多く買われます。

 

そのため、ゴトー日の仲値トレードでは9時55分からの下落が普段より大きいことが多いので、勝率はあがるといわれています。

 

ゴトー日の仲値トレードを利用する人は多いのか?

 

仲値トレードは毎日できるので、行なっている人は多いです。

そして毎日決まった時間なのでエントリーするのが楽ということもあります。

 

仲値の時間になったら、パソコンの前にいればいいだけですので相場の動きをずっと見てなくてもいい、と活用する人も多数います。

 

その中でも、ゴトー日になればわかりやすく価格が変動するので、なおのことエントリーする人は増えます。

 

私の知人でも、ゴトー日の仲値エントリーだけやっている人がいましたが、私が聞いた月は勝率60パーセント以上はいっていると言っていたのでゴトー日仲値だけでプラスにすることもできるのです。

 

ゴトー日にハイローオーストラリアで取引すると勝率は上がるのか?

 

先述した通り、ゴトー日になると企業の取引が盛んになるので急騰、下落が増えます。

ですので、ハイローオーストラリアでエントリーする際はゴトー日の仲値トレードに関しては普段の仲値より勝率は上がると言えるでしょう。

 

ただ、ほかのエントリーポイントに関してはゴトー日だからといって勝率が上がるか?と言われたらあまり関係ないような気がします。

 

かと言って、仲値が100パーセント下がるのか?と言われれば、もちろん100パーセントではありません。

 

ただ、銀行の仕組みを利用したトレードにはなるのでなぜ仲値がそういった動きをするのか、理由もしっかりしていますし、決めてもなく下手なところでエントリーするよりは、ゴトー日の仲値トレードは勝率は高いと思います。

 

ゴトー日とハイローオーストラリアに関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回はゴトー日の仲値でハイローオーストラリアでの勝率はあがるのか?について解説させていただきました。

 

ゴトー日の仲値だけでも十分信用性はあるかとは思いますが、やはりゴトー日の仲値にも怪しい動きのときはやめておいたほうがいいでしょう。

 

チャートを見ているとあまり上がりもしないときはそのあと下がらないこともあるのでその様子を見極めることも大事です。

 

ゴトー日だから!と何も考えずエントリーするよりは、勝率アップのためにエントリーを控え、リスクヘッジも欠かさないことです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事