ボリンジャーバンドインジケーターと平均足を利用したスキャルピングトレード手法とは?

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

チャート分析する上では、「自分の得意なトレードによって、組み込むインジケーターをどれにするか?」が、重要になってきます。

 

そして、どのような組み合わせにするかによって、勝率が大きく変わってくるのです。

 

 

そこで!

 

今回は、「ボリンジャーバンドインジケーターと平均足を利用したスキャルピングトレード手法」について、解説させていただきたいと思います。

 

ボリンジャーバンドの基本的な概要

 

 

ボリンジャーバンドとは、価格を一定期間のデータから測定し、標準偏差を算出したインジケーターです。

それを移動平均線を中心として、その上に1〜3σ、下に−1〜3σのバンドを表示させたものです。

 

ボリンジャーバンドの概要について
ボリンジャーバンドは、統計学的な観点から価格の大半がバンド内に納まると考えられているので、ローソク足の位置によって買われすぎ、売られすぎを判断することができます。
基本的な考え方としては、移動平均線から
・一番近い上下線±1σにローソク足が収まる確率、約68.3%
・二番目の上下線±2σにローソク足が収まる確率、約95.5%
・三番目の上下線±3σにローソク足が収まる確率、約99.7%
となっています。

 

1〜3σに収まるということから、±3σにローソク足が触れたりした場合は、反発する可能性が高いことが考えられます。

 

 

そのため、バイナリーオプションでは、

ローソク足が+3σに触れたら買われすぎなので、これから下降する可能性が高いことから「lowでエントリー

ローソク足が−3σに触れたら売られすぎなので、これから上昇する可能性が高いことから「highでエントリー

といった取引方法が、ボリンジャーバンドの鉄板の方法です。

 

平均足とは何か?

 

 

平均足とは、ローソク足の始値、終値、高値、安値の平均値を算出しローソク足にしたものになります。

 

始値と終値の算出について
平均値を算出したものなので、ローソク足とは少し表示が変わり、高値と安値は同じものの、始値と終値は違う値になります。
始値→一本前の足の(始値+終値)÷2
終値→現在の足の(始値+高値+安値+終値)÷4
で計算することができます。

 

平均足は、ローソク足と比較すると上昇トレンドでは陽線が、下降トレンドでは陰線が連続して発生することが多いので、トレンドでのダマシは少なくなります。

 

 

平均足のメリットについて

平均足での利点は、

トレンド把握しやすいこと

ダマシを避けやすいので、トレンド終了が視覚的にわかりやすいこと

があげられます。

 

 

平均足のデメリットについて

反対に欠点としては、

・現在値と始値・終値が分からないので、短時間取引の際はローソク足と見合わせる必要があること

・平均値で算出しているので、現在の細かい値や、急激な相場状況は把握しにくいこと

があげられます。

 

ボリンジャーバンドと平均足を利用するメリットとは?

 

ボリンジャーバンドと平均足の組み合わせは、お互いの欠点を補ってくれるので、組み合わせると有効に力を発揮することができます。

 

具体的なメリットや活用事例について
ボリンジャーバンドは、トレンドの転換や強さを教えてくれますが、ダマシが多くあるのが欠点です。
そのため、平均足との組み合わせの場合、順張りにすることでダマシを回避することができます。
また、平均足はトレンドの継続や転換を教えてくれますが、細かいポイントがわかりません。
そのため、平均足の得意なトレンドに入ったら、順張りでその波に乗りましょう。
トレンドの終わりがわかりずらいのが平均足ですので、ボリンジャーバンドでトレンドが終わるポイントを見つけていきます。

 

このように、ボリンジャーバンドと平均足は、お互いの欠点を補えるいい組み合わせであるといえるでしょう

 

スキャルピングトレード手法で勝率は上がるのか?

 

平均足とボリンジャーバンドの組み合わせは、スキャルピングでも使えるインジケーターになります。

 

まず、「平均足とボリンジャーバンドの組み合わせてであれば、順張りを狙うのがいい」とお話ししましたが、トレンドも長ければ、何回かエントリーすることが可能です。

 

スキャルピングトレードで取引をした場合
ボリンジャーバンドと平均足で、トレンドの開始を見つけたら「エントリー」をし、そして利益が少しでもでれば「転売」を行い、利確します。
まだトレンドが続くようであれば、またエントリーを行い、利益が出れば利確する」というように、繰り返していくことで、トレンドの終わりが突然きて負けてしまったとしても、少ないながらも利益がでているので、一本で賭けて負けてしまったときよりは、利益が出るでしょう。

 

こうしたことから、スキャルピングを使うことで勝率が上がると言えます。

 

ボリンジャーバンドと平均足に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は「ボリンジャーバンドインジケーターと平均足を利用したスキャルピングトレード手法」について解説させていただきました。

 

ボリンジャーバンドと平均足を使うことで、大きなトレンドの波にのれるポイントをつかむことができます

 

条件としては、「スキャルピングトレード」、「5-15分取引推奨」、「順張り」の3つを使うことで、なおのこと「平均足×ボリンジャーバンド」の性能を発揮することができるでしょう。

 

 

平均足はローソク足に似ているから、だったらローソク足でいいや

 

と使用しない方も多いですが、使い方がわかると、相場分析するのになくてはならない存在になりますよ。

 

ぜひ一度、平均足とボリンジャーバンドを使用してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、自作のインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事