マタフの使い方やチャートの見方からスキャルピング手法で攻略する方法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

皆さんは、トレードをする際に通貨の強弱は意識していますか

 

意識していない人が多いと思いますが、実は非常に大切なのです。

 

基本的に通貨ペアなので、2つの通貨の動きを注目する必要があります。

その2つの通過のどちらが主導で動いているかに注目するだけで、勝率が上がったりします。

 

そのため・・・

今回は、「その通貨の強弱を知るためのインジケーター」を紹介していきます。

 

マタフとは何か?

 

 

「マタフ」とは、通貨の強弱を知るためのインジケーターです。

 

上記でも述べましたが、バイナリーオプションをやっていき上で、通貨の強弱を意識してトレードすることが非常に大切になってきます。

なぜなら、通貨の強弱を意識してトレードするようにすると、無駄な負けを減らすことができ、勝率が上がるからです。

 

通過の強弱を意識してトレードができると?

例えば、USD/JPY(ドル円)が下落している時、USD(米ドル)が売られている、もしくは、JPYが買われているということが考えられえます。

その時、どちらの通貨が主導で動いているかを判断することができれば、USD/JPY以外の通貨を見て、判断することができます。

もし、USDが主導で動いているのであれば、USD/CADやUSD/CHFなどのドルストレートの通貨を見て判断できますし、逆に、JPYが主導で動いているのであれば、GBP/JPYやEUR/JPYなどのクロス円の通貨を見て、より根拠の強いエントリーができると思います

 

このように、トレードをする際、通貨の強弱を把握することは非常に大切なのです。

 

ですが、あまり経験のない方は、「どちらが主導で動いているのか?」を一瞬で判断することは非常に難しいと思います。

 

ある程度経験者でも、一瞬で判断することは難しいです。

そんな時に使うのが、「マタフ」なのです。

 

マフタを使うことにメリット

マタフを使えば、一つ一つの通貨の強さが折れ線グラフになっているので、すぐに判断することができますし、エントリーの際には、焦らず、瞬時に判断することができ、なおかつ無駄な負けを減らすことができます。

 

マタフの設定方法について

 

マタフを使用する方法は、

マタフの投資サイトを見る

マタフのインジケーターを設置する

の2つあります。

 

マタフの投資サイトは、検索すれば簡単に使用することができます。

今回は、マタフのインジケーターの設置方法について紹介していきます。

 

まずは、マタフをダウンロードする必要があります。ネットで「マタフ インジケーター」と検索すれば出てきます。

インジケーターをダウンロードできたら、次のような手順でMT4に設置していきましょう。

 

マフタの設定手順について
①MT4を開き、「ファイル」→「データフォルダを開く」の順に進む。
②データフォルダの「MQL4」→「Indicators」の順に進んでいく。
③「Indicators」の中に、先ほどダウンロードした「マタフ」を入れれば完了です。
④MT4を再起動すればマタフを使うことができるようになります。(再起動しないと反映されないので気をつけてください。)
⑤「挿入」→インジケーター→カスタムの順に進んでいけば先ほど入れた「マタフ」の設定が完了です。

 

マタフの使い方やチャートの見方について

 

 

それでは次に、マタフの使い方を見ていきましょう。

 

マフタの使い方

使い方は非常に簡単です。

マタフを設置すると、折れ線グラフが出てきます。

主に、8つの通貨の強弱が一目で見れるようになっています。

USD、JPY、EUR、GBP、CHF、CAD、AUD、NZDそれぞれの強弱が、1つのグラフになっています。

 

 

マフタを使ったチャートの見方

見方は非常にシンプルで、グラフの線が上にあればあるほど、その通貨は強い」、逆にグラフの線が下にあればあるほどその通貨は弱い」ということを示しています。

例えば、USD/JPY(ドル円)でエントリーする際には、まずどちらの通貨が強いのか?、弱いのか?を確かめて、特に強い通貨のクロス通貨まで見るようになると、勝率が上がります。

JPYが強く、USDが弱い場合、JPYが主導で動いているということを表しています。

そこで、JPY関連の通貨を見ます。

JPYの関連通貨が同じような動きをしていれば、より根拠の強いエントリーになります。

マタフのグラフで、弱い通貨はあまり気にする必要はないと思います。

その通貨はあまり影響しないので、通貨ペアでよりマタフのグラフの線が上にある通貨を中心に見ていきましょう。

 

マタフを利用してスキャルピング手法で取引攻略するには?

 

マタフを利用して、スキャルピングで稼いでいくには、「テクニカル分析」ではく、「ファンダメンタルズ分析」の方がいいと思います。

「スキャルピング」は一瞬の動きに注目していきますので、「テクニカル分析」で判断するのは難しいかなと思います。

 

 

マフタを利用した攻略法

軽味指標や、要人発言などで、どの通貨が強いのかというのを見極めて、その通貨を短期的に狙います。

そのため手法としては、逆張りではなく、順張りで狙う方が勝率が高くなります。

 

トレンドが発生した時に短期で狙うので、エントリーするタイミングを自分なりに分析していけば、勝率が高くなるので、ぜひ試してみてください。

 

マタフに関するまとめ

 

これまで、通貨の強弱を表す「マタフ」について紹介してきました。

 

マタフは、エントリーするためのものというより、相場を分析する際の便利なインジケーターという認識の方がいいかなと思います。

 

そのため、マタフだけを使ってトレードするというよりも、「自分のロジック+相場分析」の効率を上げるために、マタフを利用するようにすると、効率よくトレードできると思いますので、ぜひ、使ってみてください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事