織り込み済みとは何か?為替の動き方からFXやバイナリーとの関係性について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

本記事では、「織り込み済みの概要や織り込み済みが及ぼす為替への影響、具体的な例、FXやバイナリーとの関係性」についてて説明していきます。

 

投資や経済の知識を身につけたい

エントリーする際の注意点を抑えておきたい

指標発表前後の動き方について知りたい

投資を始めたばかりである

などといった方に、ぜひ読んでいただきたいです。

 

また、経済指標発表前後を狙ってエントリーしている方や、株式投資を行っている方に関しても、取引する上での参考として抑えていただきたいです。

 

織り込み済みとは?

 

「織り込み済み」とは、簡単に言うと経済指標発表前に結果を予想できているという意味です。

 

 

織り込み済みの概要について

発表前にすでに予測され、トレーダーはその方向へとエントリーします。

トレーダーの多くがエントリーするため、その方向に大きく為替が動きます。

すると、経済指標が発表されたとしても、これといって大きな変動は出ずに為替が進んでいきます。

 

 

つまり、

経済指標発表時に為替が上昇しそうだから、今のうちに取引しておこう

 

と多くのトレーダーが考え、その結果として、通貨ペアなどの価値が上昇していき、為替に反映されるのです。

これを「織り込み済み」と呼びます。

 

あまり深く考えずに、「あ、そうなんだ」程度に抑えておくと良いです。

 

織り込み済みから為替はどう動くのか?

 

通常、経済指標が発表された場合は、その内容に伴って相場が変動します。

内容が良いものであれば為替は上昇し、マイナスの内容であれば為替は下落します。

 

 

織り込み済みが介入すると?

しかし、必ずしもこのように為替が動くというわけではありません。

経済指標発表前には、「織り込み済み」という要因が介入されます。

先述したとおり、経済指標の結果を世界中のトレーダーが予測し、結果が発表前にすでに為替に反映されてしまうことが多々あります。

 

 

すでに為替に反映されてしまうと、経済指標が発表されても為替は変動しません。

織り込み済みを確認出来ないまま、発表後に予測して取引をしてしまうと、予想が外れてしまいます。

 

 

織り込み済みを確認するためには?

この織り込み済みは、為替に大きな変動があった時に確認ができますが、「ただ荒れているだけで、強いトレンドが発生しているだけである」と、勘違いしてしまう場合があります。

そのため、そんな方には、織り込み済みを確認することが出来るサイトやニュースを見ることをオススメします。

「ユーロ/円織り込み済み」と書かれている場合があるので、それを確認できた場合は、発表後のエントリーは極力控えた方が良さそうです。

 

織り込み済みの例を紹介!

 

 

 

米雇用統計を例にした場合

織り込み済みが最も発生する経済指標である「米雇用統計」を例として挙げます。

一昔前は、USDJPYの変動が大きいため、稼ぎやすいと話題となりました。

しかし、今となっては織り込み済みによって、全く為替が変動しない経済指標となってしまいました

このように、経済指標の内容によっては、織り込み済みの生じやすさが異なるので、経済指標発表の1時間前から発表30分後までは、エントリーは極力控えると良いです。

 

また、それぞれの経済指標と織り込み済み関係性を抑えておくと、取引する際に便利な知識となりえるので、知識として抑えておくことをオススメします。

 

 

これらを意識することによって、余計な損失をあまり出さずに、利益を着実に狙ってエントリーすることが出来るようになります。

特に投資を始めて間もない初心者の方は、これらの注意点などを意識して取引してみると良いです。

 

FXやバイナリーとの関係性はあるのか?

 

 

結論から言うと、FXやバイナリーオプションとの関係性は十分あります。

 

経済指標発表後の結果を予測して取引する方もいるため、関係性がないとは言えません。

実際に、織り込み済みは、発表後の動き方に変化をもたらします。

 

 

織り込み済みと投資との関係性について

繰り返しとなりますが、織り込み済みが生じると、経済指標が発表されても為替に大きな変動は起こりません

これは、FXやバイナリーオプションでも同じことが言えます。

 

このことから織り込み済みは、為替相場を持つFXと、バイナリーオプションに関係があると言えるのです。

また、株の決済でも織り込み済み現象が起こり得るので、株式投資にも関係性があると言えます

 

織り込み済みに関するまとめ

 

本記事では、「織り込み済みの概要や織り込み済みが及ぼす為替への影響、具体的な例、FXやバイナリーとの関係性」について説明しました。

 

織り込み済みのまとめ

織り込み済みとは、経済指標発表前に結果を予測して取引しているため、経済指標が発表されても為替に反映されないことをいいます。

織り込み済みは、為替を実際に見て確認することも出来ますが、勘違い防止のため、為替ニュースやサイトを見て確認することをオススメします

 

 

米雇用統計との関係性まとめ

織り込み済みが最も発生する経済指標として有名なのが「米雇用統計」です。

一昔前は、USDJPYが大きく動くということから、稼ぎやすいと話題となりました。

しかし、今では織り込み済みが毎回起こり、経済指標が発表されても為替が変動しなくなってしまいました

経済指標の内容によって、織り込み済みの生じやすさは異なるので、経済指標発表1時間前や発表後の30分は極力エントリーを控えるよう心がけてください。

 

 

投資との関係性まとめ

織り込み済みは、バイナリーオプションやFXにとても関係してきます。

織り込み済みが生じてしまうと、為替は経済指標が発表されても変動しません。

これは、バイナリーオプションやFXにも言えます。

 

また、株の決済でも織り込み済みが生じることがあるので、株式投資にも関係性があると言えます

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事