どうもインベスターS.Tです。

 

 

バイナリーオプションではテクニカル分析が大事になってくるわけですが、実践をしようと調べてみると「ウィリアムズ%R」という言葉をよく見かけるのではないでしょうか?

 

 

相場の世界には色々と難しい言葉があり理解をするのが大変ですが、それを飛ばして勝負しようとすれば大切なお金が無くなってしまいます。

 

 

 

そのため今回は、「ウィリアムズ%R」について解説していきたいと思います。

 

 

難しそうな言葉だからと敬遠せず、しっかりと学び勝負に取り込んでいきましょう。

 

ウィリアムズ%Rの概要と特徴

 

 

ウィリアムズ%Rは、アメリカのコンテストで今も破られていない記録を保持している、自己資金を100倍以上にしたあの有名なトレーダー、「ラリー・ウィリアムズ」が考えた指標です。

 

 

買われ過ぎや売られ過ぎを判断できるオシレーター系のインジケーターで、50年以上前の1966年に考案されたにもかかわらず、現在でも利用されている指標となっています。

 

 

ウィリアムズ%Rの特徴
自分が決めた期間中の最高値と最安値に注目し、現在値が値幅のどれぐらいの%にあるかを表示してくれ、相場の値動きに対し敏感に反応し、エントリーするポイントが短い時間に何回も表示されるのが特徴です。

 

 

ストキャスティクスと同時に表示すれば分かりますが、同じ計算式を使用していることから、よく似たインジケーターとなっています。

 

MT4での期間設定について

 

MT4で設定するときは、「Williams Percent Range(ウィリアムズパーセントレンジ)」と表示されています。

 

 

期間設定は基本的に、「14日間」を使用するのがベストです。

 

投資家の中には20日間や10日間を利用している方もいますが、デフォルト通りが一番好ましいでしょう

 

 

ウィリアムズ%Rの計算とダマしについて
ウィリアムズ%Rの計算は、期間設定内の最高値最安値で表示されます。
期間を短くすれば値幅が少なくなり、何回も上下を繰り返す表示になるためダマしが多くなります。

逆に期間設定を長くすれば、値幅が大きくなりすぎ平行なラインになるため、エントリーポイントが全く出現しなくなるのです。

 

 

よってバイナリーオプションでは、「14日間」の設定がベストになるのです。

 

ウィリアムズ%Rの使い方や見方を解説!

 

 

ウィリアムズ%Rは、0から-100%の表に1本のラインで構成されています。

 

 

見方について

-20%以上になると買われ過ぎ、-80%以下になると売られ過ぎを判断できる非常に分かりやすいインジケーターとなっています。

 

 

ウィリアムズ%Rを状態別にし、何が分かるかを解説します。

 

 

-20%を超した状態

買われ過ぎと判断でき、これから売られ始めるのではないかと予測できます。

 

 

-20%から0%に張り付いた状態「ガーベージトップ」

上昇トレンドが続いていると考え、-20%を割った時に売られ始め転換するのではないかと予測できます。

 

 

-80%を超した状態

売られ過ぎと判断でき、これから買われ始めるのではないかと予測できます。

 

 

-80%から-100%に張り付いた状態「ガーベージボトム」

下降トレンドが続いていると考え、-80%を超した時に買われ始め転換するのではないかと予測できます。

 

 

ダイバージェンス

ローソン足とウィリアムズ%Rが逆の推移を起こしたとき、相場が転換すると予測できます。

 

 

ガーベージトップやガーベージボトムの状態で起きると信頼性も高まります。

 

 

ウィリアムズ%Rはトレンド相場になると特徴が活かせなくなるため、できるだけレンジ相場に使用するのが好ましいインジケーターです。

 

 

お勧めできる手法
レンジ相場でより良い手法は逆張りです。
つまりウィリアムズ%Rを利用するのであれば、転換する逆張り手法がお勧めとなります。

 

 

ウィリアムズ%Rを利用した攻略可能な組み合わせとは?

 

 

ウィリアムズ%Rは先ほども話たとおり、非常にダマしが多いインジケーターとなっており、それを回避するために他のインジケーターと組合わせる必要があるのです

 

 

今回お勧めするインジケーターは、「移動平均線」と「ボリンジャーバンド」になります。

 

 

注意点したいこと
例えウィリアムズ%Rが-20%を超えたとしても、ボリンジャーバンドが広がりながら+2σ付近にローソク足、移動平均線も交わりながらゴールデンクロスを発生させる雰囲気があるときに逆張りをしては、負ける確率が非常に高くなります。

 

 

このような時の予想は、+2σにローソク足がバンドウォークをはじめ、ウィリアムズ%Rはガーベージトップを表示、ゴールデンクロスが形成されることが予想されます。

 

 

ウィリアムズ%Rはレンジ相場でこそ力を発揮します。

 

エントリーする条件
ボリンジャーバンドが平行
移動平均線も平行
-20%か-80%を超えた
こうした条件が揃った時にエントリーすることで、かなりの勝率が上がるはずです。
デモ取引で確認をしながら挑戦してみましょう。

 

ウィリアムズ%Rに関するまとめ

 

ウィリアムズ%Rは、期間設定を間違えると全く使用できなくなります。

 

 

そのため、「10日間から20日間」の設定にすることをお勧めします。

 

 

バイナリーオプションで大切なことは相場の未来を読むことであり、そのためにローソク足やインジケーターを利用する必要があります。

 

 

情報は一つでも多い方がより正確になりますが、瞬時に判断できない情報は素早い行動の邪魔になる事も考えられます

 

 

攻略ポイント
自分がどれだけウィリアムズ%Rに詳しく、示してくれた情報を瞬時に判断できるかが攻略のポイントです。
ウィリアムズ%Rや移動平均線、ボリンジャーバンドとローソク足の位置や動きなどを、転んだ時に手がつくがごとく、瞬時に正確に分かるようになれば、勝率は必ず上がっていきます。

 

 

チャートの情報を得るためにインジケーターを使用し、その情報を有効に活用するための知識を学んでいきましょう。

 

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険と言えます。

 

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、様々なインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしたんですよね。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、多額の利益が得られるようになったんですよね。

 

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、バイナリーオプション初心者だった私でも、会社を辞めて脱サラすることができました。

 

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、有料のインジケーターになりますので、通常であれば、購入しなければ手に入れることのできないインジケーターとなっています。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができるようです!

 

 

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事