バイナリーでフォワードテストをするやり方とは?手順からバックテストとの違いを解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「フォワードテストの概要やバックテストとの違い、バイナリーでフォワードテストを行うやり方」について説明していきます。

 

今使っている、もしくは新たに購入したツールの有能性を知りたい

ツールのパラメータを最適化させたい

より未来の相場に対して、対応出来るツールに仕上げたい

バックテストよりも信頼性のあるツール検証法を知りたい

 

などといった方に、ぜひ読んでいただきたいです。

 

資金的に余裕がない方でも実際に行うことが出来るものですので、資金がない方もぜひ参考にしていただけると幸いです。

 

フォワードテストとは何か?

 

「フォワードテスト」とは、自動売買ツールの実用性を測定するバックテストを行った後、勝率を今よりも良いものにするためにツールのパラメータを一番適したものにするもののことを言います。

 

新しく作成したもしくは購入したツールが実用的なものかどうかを測る時、このテストを用いることで、より良いツールに仕上げることができ、勝率を向上させることが出来ます。

 

因みに、フォワードテストには2種類あります。

 

リアルフォワードテスト

1つ目は、「リアルフォワードテスト」です。

これは、先の未来に対しても有効であるかどうかを測るために売買のシグナル等を確認するものです。

 

 

ウォークフォワードテスト

2つ目は、「ウォークフォワードテスト」です。

これは、過去のデータを用いて、そのデータの一部分のみ先のデータとして用いて測るものです。

このテストは、繰り返し行われ、より適したパラメータで設定してくれるのでとても便利です。

 

バックテストとの違いとは?

 

それでは次に、「バックテスト」と「フォワードテスト」の違いについて説明します。

 

フォワードテストとバックテストの違いについて

「フォワードテスト」は、今の売買ツールのデータを用いて検証を行いますが「バックテスト」では、過去のデータを用いて検証を行います。

「バックテスト」で最適化されたツールは、過去のデータを用いているため今の相場だけでなく、未来の相場に対しても対応することが出来なくなってしまいます。

しかし、「フォワードテスト」では、今のデータを用いているため、常に変化する相場や未来の相場に対しても対応することが出来ます。

 

このことから、バックテストだけでツールを検証し、最適化させることはとても危険ですので、検証を行う際は「バックテスト」だけでなく、未来の相場に対しても有効化させることのできる「フォワードテスト」を用いる必要があります。

 

フォワードテストを行うメリットとは?

 

それでは次に、フォワードテストを行うメリットについて説明します。

 

フォワードテストのメリット

フォワードテストを行うメリットは先述した通り、未来の相場に対しても現在の相場に対しても有効なツールに仕上げられるという点です。

常に変化する相場に適応できるツールを用いることによって、変化による損失を出すことなく安定して勝つことができるようになります。

 

因みに「バックテスト」は、このような未来の相場に対して対応することは出来ません。

さらに、過去のデータを用いて検証を行うにも関わらず、過去のデータを正確に再現させることが出来ません。

そのため、ツールの最適化を行ったとしても、それが実際に使えるツールになるという期待値は低くなってしまいます。

 

フォワードテストは、バックテストをさらに検証したものと言っても過言ではありません。

 

バイナリーでフォワードテストを行うやり方(手順)を解説!

 

 

 

それでは最後に、バイナリーオプションでフォワードテストを行うやり方について説明します。

 

バイナリーオプションでフォワードテストを行うやり方は大きくわけて2つあります。

 

1つ目のやり方

1つ目は、期限が無制限であるデモトレードで行う方法です。

この際、無料で起動させることが出来るEAを用いる必要があります。

これを用いることによってフォワードテストを行うことができます。

 

 

2つ目のやり方

2つ目は、最も最低額の金額でリアルトレードを行う方法です。

この方法は、実際にお金がかかってしまうので、資金に余裕のない方にはあまりおすすめは出来ません。

 

どちらも、1ヶ月ほどの期間をかけてフォワードテストを行うと、より正確なツールに仕上げることが出来ます。

 

バイナリーとフォワードテストに関するまとめ

 

本記事では、「フォワードテストの概要やバックテストとの違い、フォワードテストを行うメリット、バイナリーオプションでフォワードテストを行う方法」について説明しました。

 

フォワードテスト概要まとめ

「フォワードテスト」とは、自動売買ツールのデータを用いて実用的なものかどうかを検証するバックテストを行った後に、勝率をより良いものにするために、ツールのパラメータを最適なものとすることを言います。

フォワードテストは、バックテストとは異なり、現在の相場や未来の相場に対して対応させることを可能とし、バックテストよりも信頼性のある検証方法です。

 

 

フォワードテストのやり方まとめ

バイナリーオプションてフォワードテストを行うためには、無料で起動させることが出来るEAを用いる必要があります

具体的な方法は2つあり、1つは、期限が無制限である「デモトレード」を行う方法です。

もう1つは、最も最低額の金額で「リアルトレード」を行う方法があります。

 

これら2つは、どちらも1ヶ月ほどかけてフォワードテストを行う必要があります。

 

また後者の方法は、お金がかかってしまうので、資金的に余裕のない方にはあまりオススメできません

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事