ピボットポイント(PP)とは?バイナリーでの使い方や計算式から攻略手法について解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

ピボットポイント」というテクニカル指標をご存知でしょうか?

 

FXをから投資を始めたトレーダーならば、ご存知かもしれません。

 

ピボットポイントは、あの「RSI」や「パラボリック」を開発した「J・W・ワイルダー氏」が開発したテクニカル指標です。

 

今回の記事では、「ピボットポイントのバイナリーオプションでの使い方や、攻略手法」について解説していきます。

 

ピボットポイント(PP)とはどんな意味?

 

 

それでは「ピボットポイント」とはどのような意味なのでしょうか?

 

ピボットの意味について

まずは軸となるピポットの意味です。

ピポットには「回転軸」という意味があります。

 

 

ピボットラインの概要

先日の高値、安値、終値から基本となる軸のピポットのラインを算出し、それを中心に上下3本のラインを設定します。

このピポットを中心に形成された7本のラインがピボットポイントとなるのです。

表示されるラインを上から順番に説明します。

 

 

表示されるラインについて

1)R3(レジスタンス3
2)R2(レジスタンス2
3)R1(レジスタンス1
4)PP(ピボットポイント
5)S1(サポート1
6)S2(サポート2
7)S3(サポート3

表示されたラインが、レジスタンスラインやサポートラインとして活用できます。

 

ピボットポイント(PP)の計算式について

 

ピボットポイントの計算式は、次の通りです。

 

ピボットの計算式一覧
1)R3=R1+(前日高値-前日安値)
2)R2=PP+(前日高値-前日安値)
3)R1=PP+(PP-前日安値)
4)PP=(前日終値+前日高値+前日安値)÷3
5)S1=PP-(前日高値-PP)
6)S2=PP-(前日高値-前日安値)
7)S3=S1-(前日高値-前日安値)

 

ピポットを中心に計算されていることが分かります。

表示されたピボットポイントを見ると、PPを中心に上下3本のラインが1日ごと並行に形成されているのです。

 

計算式を見ることで、ピボットポイントの内容がより深く分かります。

 

ピボットポイント(PP)の使い方について(バイナリー編)

 

 

ピボットポイントの使い方

ピボットポイントのバイナリーオプションにおける使い方は、PPを基準として考えます。

PPよりローソク足が上にあれば上昇傾向が強く、下にあれば下降傾向が強いという判断ができるのです。

PPよりも上にローソク足があるときは、R3~R1がレジスタンスラインとなり、タッチすれば逆張りとして利用することができます。

さらに、R1よりもR2、R2よりもR3とレジスタンスラインとして、反発する可能性が高くなることも知っておきましょう。

PPよりも下にローソク足があるときは、S3~S1がサポートラインとして同じように示唆をします。

サポートラインやレジスタンスラインが上手く引けない、初心者のトレーダー向けテクニカル指標ともいえるのです。

 

ただ、FXで利用するピボットポイントは、バイナリーオプションで利用するに適しているとは少々言い難い部分もあります。

 

「短期取引」が魅力なバイナリーオプションです。

 

ピボットポイントが意識しているのは前日の価格になるので、エントリーポイントの機会が少なくなります。

短いチャート時間で表示すると、PPの近くにローソク足があるだけで、まったくラインに触れないこともあるのです。

 

 

バイナリーオプションで利用する場合

もし、バイナリーオプションでピボットポイントを利用するのならば、計算式を変更できるインジケーターをおすすめします。

前日の価格でなく1時間の価格を利用した計算式の方が、より短期取引に向いていると考えることができるのです。

 

チャート表示を見れば一目瞭然ですので、ぜひそちらを試してください。

 

ピボットポイント(PP)でバイナリー取引を攻略する手法とは?

 

 

 

ピボットポイントを利用してバイナリー取引をする攻略するには、先ほど言った、計算式を変えられるインジケーターを利用するようにしてください。

 

1時間の計算式に変えることで、エントリーポイントが増えます。

また、会わせてRSIも表示させ、70と30にラインを引くレベル表示を行ってください。

 

 

ピボットポイントを利用したエントリー手法とは?

エントリーポイントは、ピボットポイントのラインがR2、R3に触れたとき、RSIが70を超えていれば逆張りを行う手法です。

両方の条件が揃わなければ、エントリーは行いません。

また、S2、S3にふれたとき、RSIが30より下にあれば逆張りでエントリーを行います。

ただ、R3にローソク足が触れた場合は、RSIが70を超えて無くとも付近にあればエントリーをしても構いません。

この点は、相場の状況で判断するようにしましょう。

 

また、明らかなトレンド相場では、この手法の利用を中止してください。

トレンドに逆らうと連敗をする可能性が高まります。

 

相場の状況をしっかりと把握するようにしましょう。

 

ピボットポイント(PP)に関するまとめ

 

ピボットポイントを利用すれば、簡単にレジスタンスラインやサポートラインを引くことができます。

 

「レジスタンスライン」や「サポートライン」は、何かが起きる可能性を秘めた価格帯です。

この価格帯を意識することで、バイナリーオプションでは引き分けによる掛け金没収の可能性を低くします。

 

バイナリーオプションから投資を始めたので、ピボットポイントを知らなかったという人は、一度利用してみてください。

 

MT4には標準装備されてないインジケーターですが、無料でダウンロードすることができます。

最初はデモ口座で確認をしてから、実際のトレードで理由するようにしましょう。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事