ZigZagTriad mtfインジケーターとは?使い方や設定方法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

よく、バイナリーで「ライントレード」と聞くけど、どこにラインを引いたらいいかわからない

 

そんなことを思ったことはありませんか?

 

 

そこで!

今回はそんな方にオススメできる「ZigZagTriad mtf」というインジケーターについて、紹介していこうと思います。

 

「ZigZagTriad mtf」の設置方法や、具体的な使い方も紹介していますのでぜひ読んでみてください。

 

ZigZagTriad mtfとは何か?

 

 

「ZigZagTriad mtf」とは、一定期間のレジスタンスライン、サポートラインを自動で引いてくれるインジケーターです。

(※MTFとは「マルチタイムフレーム」の略であり、複数の時間足を見て分析することです。)

 

 

複数の時間足を見て分析することが大切?

バイナリーにおいて、一つの時間足だけを見て分析することは非常に危険なことです

一つの時間足だけを見ているとダマシにあいやすいので、複数の時間足を見て、「長期的な目線」と「短期的な目線」のどちらも分析する必要があります。

 

ライントレードをしている方には、

どこにラインを引いたらわからないから、とりあえず頂点のところに引いていたら、ラインでチャートがぐちゃぐちゃになって見づらくなってしまった経験がある

 

という方がいるかと思います。

 

 

そんな方は、この「ZigZagTriad mtfインジケーター」を使うことで、複数の時間足のレジスタンスライン、サポートラインを自動で引いてくれるんで非常に便利です。

 

ZigZagTriad mtfの詳しい設定方法について!

 

 

「ZigZagTriad mtf」のインジケーターは、初期設定で入っているわけではありません。

初期でカスタムに入っている「ZigZag」は違うインジケーターになりますので、気をつけてください。

 

そのため、自分でダウンロードする必要があるわけですが、ダウンロードは無料で簡単に行うことができます

 

 

まずは、「ZigZagTriad mtf」と検索してください。

そこからは、下記の手順に沿って進めていただければ、5分程度でできますのでやってみてください。

 

「ZigZagTriad mtf」のダウンロードから設定手順について
①ネットで「ZigZagTriad mtf」をダウンロードする
②MT4を開き、「ファイル」→「データフォルダを開く」の順に進んでいく。
③データフォルダの「MQL4」→「Indicators」の順に進んでいく。
④その「Indicators」の中に、先ほどダウンロードした「ZigZagTriad mtf」を入れれば完了です。
⑤MT4を再起動すれば、使えるようになります。
⑥あとは「挿入」→「インジケーター」→「カスタム」の順に進んでいけば、先ほど入れた「ZigZagTriad mtf」の設定が完了です。

 

ZigZagTriad mtfの使い方を解説!

 

「ZigZagTriad mtfインジケーター」の使い方は、非常に簡単です。

他のインジケーターのような数値があるわけではないので、細かい知識は必要ありません。

 

特にライントレードをやっている人には、便利なインジケーターだと思います。

 

エントリーの仕方について

まず、直近のレジスタンスライン、サポートラインが明確にわかります。

自分が引いたラインは間違っていないかの確認にもなりますし、ラインを引くのが面倒という人は、「ZigZagTriad mtfインジケーター」の自動で引いてくれるラインだけでトレードするのも良いでしょう。

基本的に逆張りで使われることが多く、直近の「レジスタンス」と、「サポートライン」は意識されるので、そのラインにきたら逆張りでエントリーするというシンプルな使い方です。

 

 

バイナリー初心者にとってはラインを引く練習にもなる?

また、初心者の方はラインを引く練習になるでしょう。

練習の仕方としては、まずはインジケーターを設定せずに、自分が意識されると思うところにラインを引きます。

そして、その答え合わせとして、インジケーターを設定します。

そうすることで、自分の引いたラインとインジケーターのラインで確認することができます。

 

 

MTF分析を行うことも可能?

また、MTF分析もできます。

まずは、長期足でラインを引くといいでしょう。

長期足から、どんどん短期足へと順番に分析していきます。

長期足で引かれたラインと同じところに短期足でもラインが引かれていたら、それだけ意識されているということです。

 

そのため、

ラインが多くてどれが意識されているかわからない

 

という方は、共通して引かれているラインだけ意識すると良いでしょう。

 

ZigZagTriad mtfで勝率を上げるためには?

 

「ZigZagTriad mtf」を使って勝率を上げるにはどうすればいいの?

 

と思う方もいるでしょう。

 

そのためにも、まずは一つのインジケーターに頼りすぎないことです。

大切なことは「一つの根拠として見ること」だと思います。

 

 

勝率が上がらない場合の理由

「ZigZagTriad mtf」のラインだけを根拠にエントリーするのは、少し根拠が弱すぎます。

これはどのインジケーターを使うときでも共通して言えることなんですが、一つのインジケーターの水準を満たしただけでエントリーしていては、エントリー回数だけ増えて勝率は上がりません。

 

 

勝率を上げるために必要なこと

勝率を上げるには、一つのインジケーターに頼らず、複数のインジケーターを組み合わせることです。

「これを組み合わせると強い」というものは正直ありません。

皆さんが日頃使っているインジケーターを組み合わせれば大丈夫です。

 

「ZigZagTriad mtf」はあまりインジケーターと考えないで、「ただのライン」と考えた方がいいです。

皆さんがそれぞれお使いのインジケーターの水準を満たして、ラインにタッチした時に逆張りという2つの根拠でも、十分な勝率を残せると思います。

 

ぜひ、一度お試しください。

 

ZigZagTriad mtfに関するまとめ

 

今回は「ZigZagTriad mtf」について紹介してきました。

 

「ZigZagTriad mtf」インジケーターは、もちろん勉強にも使える便利なインジケーターです。

特にライントレードをやっている方には、ぜひ一度使ってもらいたいインジケーターです。

 

 

また、mtf分析することができ、複数の時間足から分析をすることで、意識されているラインを見つけることができます。

 

ですが、やはり「ラインの到達したから」という根拠一つだけだと少し弱いので、今、皆さんが使っているインジケーターと組み合わせて使うことで、根拠が強くなると思いますので、ぜひ一度試してみてください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事