SHI Channel Fastとは?自動でラインが引けるインジケーターの使い方や設定方法を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

 

本記事では、「SHI Channel Fastインジケーターの概要や使う際の設定方法、使い方、SHI Channel Fastで勝率を上げる方法」について説明していきます。

 

反発するラインを自動で引いてくれるインジケーターを導入したい

エントリーポイントを簡単に判定することができるインジケーターが欲しい

今の手法では勝てず、損失ばかり積み重なってしまう

 

などといった方に、ぜひ読んでいただきたいです。

 

また、このインジケーターは判定が容易ではあるものの、とても固いポイントでエントリーができ、高勝率を出すことが可能です。

 

そのため、投資を長い間やってきている方でも、十分活用する価値があります。

 

SHI Channel Fastとは何か?

 

 

「SHI Channel Fast」とは、自動でチャネルライン(アウトライン)を引いてくれるインジケーターのことをいいます。

(※ここで言う「チャネルライン」とは、チャートが反発しうる上下のラインのことをいいます。)

 

 

このチャネルラインは、一定の範囲で並行に引かさります。

チャネルラインは、上昇トレンドや下降トレンドの場合も、チャートが進む方向に沿って引かされます。

 

フィボナッチ・リトレースメントとは異なり、自動でチャネルラインを引いてくれるため、初心者の方でも簡単にチャート上に反発ラインとなるチャネルラインを表示させることができます。

 

SHI Channel Fastを使う際の設定方法とは?

 

それでは次に、実際にこのインジケーターをチャート上に導入する方法を説明していきます。

 

「SHI Channel Fast」は、残念ながらMT4には常備されていません。

そのため、インターネットからこのインジケーターを検索してファイルにダウンロードする必要があります。

 

SHI Channel Fastの設定手順について

①まず、このインジケーターをインターネットで検索し、対象ファイルへ保存してください。

②保存できましたら、そのファイルをコピーし、MT4を立ち上げます。

③MT4を立ち上げましたら、「フォルダ」から「データフォルダを開く」を選択してください。

④選択後、「MQL4」から「indicators」を開き、先程コピーしたファイルを貼り付けます。

⑤貼り付け完了後MT4を再起動させ、「表示」から「ナビゲーター」を開きます。

⑥そこから先程貼り付けたファイルを探し、チャート上にドラックします。

⑦これで「SHI Channel Fast」はチャート上に表示されます。

 

パラメーターは初期設定のもので構いません。

もし、ズレなどがあれば、自分にあったものとなるよう設定してみると良いです。

 

以上で設定は完了となります。

 

SHI Channel Fastの使い方を解説!

 

 

次に、「SHI Channel Fast」の使い方について説明します。

 

SHI Channel Fastの使い方について

SHI Channel Fastには2つの線がチャート上に引かさります。

基本的にはこのラインでチャートは反発します。

上のチャネルラインにローソク足がタッチした場合は、次の足で「ローエントリー」をします。

また、下のチャネルラインにローソク足がタッチした場合は、次の足で「ハイエントリー」をします。

 

注視するポイントはこの2点のみですので、投資を始めてたばかりの初心者の方でも、簡単にエントリータイミング・ポイントを判定することができます。

 

SHI Channel Fastで勝率を上げるためには?

 

SHI Channel Fastで勝率を上げるためには、相場の動き方を第1に把握する必要があります。

 

相場が荒れている場合、チャネルラインを超えたとしても、反発せずにそのまま進んでいってしまう可能性があります。

そして、相場が荒れる要因は主に2つあります。

 

相場が荒れる要因その1

第1に、「経済指標」によるものです。

経済指標が発表される1時間前後は、基本的に相場が荒れる傾向にあります。

経済指標はインターネットで確認することが出来るので、取引する際は事前に確認しておく必要があります。

 

 

相場が荒れる要因その2

第2に、時間帯によるものです。

月曜日や金曜日の夜は、基本的に相場が荒れてしまう可能性が高いです。

また、月初や月末も同様に荒れてしまうので、この時間帯は極力避けて取引することをオススメします。

 

 

これ以外であっても相場が荒れてしまうことがあるので、チャートを見て荒れているなと感じた場合は、すぐにエントリーを中止してください。

 

あとは、2つのポイントに注視して取引していれば、勝率は着実に上がっていきます。

 

SHI Channel Fastインジケーターに関するまとめ

 

本記事では、「SHI Channel Fastインジケーターの概要や使う際の設定方法、使い方、SHI Channel Fastで勝率を上げる方法」について説明しました。

 

 

「SHI Channel Fast」の概要まとめ

「SHI Channel Fast」とは、自動でチャネルライン(アウトライン)を引いてくれるインジケーターのことをいいます。

このインジケーターは、MT4には常備されていないので、インターネットからダウンロードする必要があります。

 

 

「SHI Channel Fast」の使い方まとめ

実際に取引で使用する際は、上下のチャネルラインに注目します。

このラインにローソク足がタッチしましたら次の足でエントリーします。

上のチャネルラインにタッチした場合は「ローエントリー」をし、下のチャネルラインにタッチした場合は「ハイエントリー」をします。

注視するポイントはこの2点のみですので、投資を始めてたばかりの初心者の方であっても、簡単にエントリーポイントを判定することが出来るようになります。

 

このインジケーターで勝率を上げるには、荒れた相場を避けてエントリーする必要があります。

荒れた相場は、経済指標指標1時間前後や、月末月初などで生じてしまいます。

 

また、これら以外でも相場が荒れてしまう可能性があるので、

 

相場が今荒れているかな?

 

と少しでも感じた場合は、すぐにエントリーを中止してください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事