GMMAとボリンジャーバンドを組み合わせた攻略法とは?使い方や勝てる手法かを解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

本記事では、「GMMAインジケーターの概要やGMMAとボリンジャーバンドを組み合わせた手法の使い方やメリット、この手法の攻略法、勝率がどれだけ上がるか?」について説明していきます。

 

投資の知識を身につけたい

トレンドの方向などを判定できるようになりたい

今の手法では稼げない

新たな手法を取得したい

ボリンジャーバンドを利用した手法を知りたい

 

などといった方に、ぜひ読んでいただきたいです。

 

GMMAインジケーターとは?

 

 

GMMAインジケーターとは、12本のEMA(指数平滑移動平均線)を表示して、トレンドを見られるようにするインジケーターです。

 

 

このインジケーターで出来ることは2つあります。

 

1つ目は、トレンドの方向を知ることが出来るということです。

2つ目は、エントリータイミングを判定できることです。

 

12本の線が比較的1本にまとまって横に進んでいることを「トレンドレス」と呼びます。

(※トレンドレスとは、レンジ相場のことです。)

 

一方、右下向きに線が広がっていっていることを下降トレンドと呼びます。

また、右上に進んでいることを上昇トレンドと呼びます。

 

この12本の線は、6本の短期移動平均線と、6本の長期移動平均線に分かれます。

 

GMMAインジケーターの基本的な設定について

基本的な設定としては、短期移動平均線な「3.5.8.10.12.15」に設定します。

長期移動平均線は、「30.35.40.45.50.60」に設定します。

 

 

ゴールデンクロスとデットクロスについて

この短期移動平均線が、長期移動平均線を下から上へ突き抜ける「ゴールデンクロス」が見られれば、これから上昇トレンドになることを表しています

一方、短期移動平均線が、長期移動平均線を上から下へ突き抜ける「デッドクロス」が見られれば、これから下降トレンドになることを表しています

 

このクロスしたポイントでそれぞれ進む方向にかけます。

 

GMMAとボリンジャーバンドを組み合わせた使い方やメリットは?

 

GMMAとボリンジャーバンドを組み合わせた手法は、ボリンジャーバンドを表示させ、後にGMMAの短期移動平均線と長期移動平均線をそれぞれ表示させます。

 

GMMAの設定は、先程書いた通りに設定してください。

 

ボリンジャーバンドは、既にMT4、もしくはMT5に導入させれているものをそのまま使用するだけで大丈夫です。

 

組み合わせるメリットについて

この手法は、データウィンドウが1つだけでとても見やすく、かつ単純な画面となります。

また、これといって難しい判定等もないので、投資を始めて間もない方でも簡単に取引ができるようになります。

さらに、危険なポイントでのトレードも避けることができ、無駄な損失をあまり出さない手法です

 

GMMAとボリンジャーバンドを組み合わせた攻略法とは?

 

 

 

GMMAとボリンジャーバンドを組み合わせた手法

これらのインジケーター等を組み合わせた手法を使う際にはまず、GMMAに注目してください。

GMMAの長期移動平均線か短期移動平均線がトレンドレス、もしくは角度があまりついていないトレンド相場であることを確認してください。

右下、もしくは右上に勢いよく進んで言っている場合は、エントリーを中止してください。

次に、ボリンジャーバンドの上下の線に注目してください。

この線にローソクの箱がタッチしたことを確認してください。

この線を勢いよく抜けた場合は、強いトレンドが発生しているので、エントリーは控えてください。

これら2つの条件が揃った場合は、次の足でエントリーをします。

トレンドがゆるい、もしくは、レンジ相場でボリンジャーバンドの上の線にローソクの箱がタッチした場合は、次の足でローエントリーをします。

ボリンジャーバンドの下の線にタッチした場合は、次の足でハイエントリーをします。

 

トレンドが強い場合でのエントリーはとても危険です。

少しでもトレンドが強いと判断した場合は、エントリーは控えてください。

 

勝率はどれぐらい上がるのか?

 

これら2つの条件が揃っている場合は、勝率はマーチンなしでも8割は目指せます。

 

注意点について

ただ、条件が揃うことがあまりなく、エントリーの頻度が極端に減少してしまうので、時間に余裕のない方にとっては少々使いづらい手法となってしまいます。

 

時間に余裕がある方は、ぜひこの手法を試してみてください。

 

GMMAとボリンジャーバンドに関するまとめ

 

本記事では、「GMMAインジケーターの概要やGMMAとボリンジャーバンドを組み合わせた手法の使い方やメリット、この手法の攻略法、勝率がどれだけ上がるか?」について説明しました。

 

 

GMMAインジケーターのまとめ

GMMAインジケーターとは、12本のEMA(指数平滑移動平均線)を表示してトレンドの方向や、エントリータイミングを判定することを可能とするインジケーターのことをいいます。

12本の線は、6つの短期移動平均線と、長期移動平均線に分けられます。

短期移動平均線が上から下へ突き抜けるデッドクロスが見られれば、これから下降トレンドになることを表しています。

一方、短期移動平均線が長期移動平均線を突き抜ければこれから上昇トレンドになることを表しています。

 

 

組み合わせた際の手法まとめ

ボリンジャーバンドとGMMAを組み合わせた手法は、画面が見やすいことや危険なエントリーを防止出来ること判定が容易なことが大きな利点となります

エントリーの際には、まずGMMAに注目し、レンジ相場もしくは角度があまりない相場であることを確認してください。

次に、ボリンジャーバンドで上下どちらかの線にローソクの箱がタッチしていることを確認してください。

これら2つの条件が揃うことが確認出来ましたら、次の足でエントリーをします。

ボリンジャーバンドの上の線にタッチした場合はローエントリー、下の線にタッチした場合はハイエントリーをします。

 

判定方法や設定方法、見方などもとても簡単なので、投資を始めて間もない方でも簡単に取引ができます。

ぜひお試しください。

 

 

「ボリンジャーバンド」を利用して本格的に利益を得たいと思ったら?

 

「ボリンジャーバンド」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもボリンジャーバンドはとても便利なインジケーターです。

 

 

ただですね、実際にボリンジャーバンドだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

 

 

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、ボリンジャーバンドだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、ボリンジャーバンドだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

 

 

 

しかし・・・・・

 

ある時期から、ボリンジャーバンドだけでなく、自作のインジケーターをボリンジャーバンドと組み合わせて利用するようにしました。

 

 

例えばですが、

①RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「BS signal」を利用

②ボリンジャーバンド・移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンスを融合させたインジケーター「Mixsign」を利用

③ボリンジャーバンド反発確率判定ができるインジケーター「bolicator」を利用

④ボリンジャーバンドタッチにプライスアクションを合わせてサインを出すインジケーター「Bollitouch」を利用

 

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

 

 

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

 

 

①インジケーター「BS signal」
「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

 

 

②サインインジケーター「Mixsign」
「Mixsign」というインジケーターは、移動平均線・パーフェクトオーダー・ダイバージェンス・ボリンジャーバンドを一気に判断して、好みのタイミングでサインを出すことができるインジケーターなわけですが、ローソク足がボリンジャーバンドにタッチした時に、他に複数の条件を一緒に判断することが可能で、その条件というのが「パーフェクトオーダー」、「ダイバージェンス」、「移動平均線とローソク足乖離率」、「ボリンジャーバンドの傾き」、「ボリンジャーバンドの幅」といった条件になり、これらの要素を一気に確認することができる、非常に優れたインジケーターです。

 

 

③インジケーター「bolicator」
「bolicator」というインジケーターは、バイナリーオプションで逆張りを仕掛ける時に、よく見られるボリンジャーバンドにローソク足が当たった時にサインとアラートを出してくれるインジケーターなのですが、指定本数後判定で反発して勝ったのか?、それとも負けたのか?を、過去勝率を見て簡単に判断できるように作られている優れたインジケーターです。

 

 

④サインインジケーター「Bollitouch」
「Bollitouch」というインジケーターは、ボリンジャーバンドにロウソク足がタッチしたときに、サインが出るというのが基本になるのですが、「ダマし」にあう回数を減らすためにも、通常のボリンジャーバンドタッチの際に、特定のロウソク足の状態であればサインが出るような仕組みに作られているインジケーターになります。

 

この時に私は、「ボリンジャーバンドを利用する際は、ボリンジャーバンドを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ!」っと実感しました。

 

 

それから私は、ボリンジャーバンドを利用していく際には、「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」の4つを上手く活用しながら取引するようになり、初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

 

 

因みに、サインインジケーター「BS signal」、「Mixsign」、「bolicator」、「Bollitouch」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

 

 

 

しかしですね・・・・

 

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

 

 

なぜなら・・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを期間限定で無料配布しているからですね!

 

 

サインインジケーター①「BS signal」、②「Mixsign」、③「bolicator」、④「Bollitouch」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

 

 

 

 

<引用URL:https://binary-inception.com/binary-bollinger-band-162>

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事