Sixty Second Tradesインジケーターの使い方や設定から注意点を解説!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

あなたは、「Sixty Second Trades」というインジケーターを知っていますか?

直訳すると「60秒トレード」と言い、その名の通り超短期取引の海外バイナリーオプション業者を利用しているトレーダーのためのインジケーターです。

 

海外サイトで配布されているので、あまり知られていないかもしれません。

 

そのため!

今回は、「このSixty Second Tradesインジケーターの使い方や、注意点」を解説していきます。

 

Sixty Second Tradesとはどんなインジケーター?

 

「Sixty Second Trades」とは、60秒取引に利用できる無料のインジケーターです。

特にほかの取引で利用できない訳ではありませんが、開発したインジケーターの名付け親が60秒トレードと言っているので、それに倣うべきではないでしょうか。

 

Sixty Second Tradesの特徴

超短期取引は、海外バイナリーオプション業者でしか利用をできません。

そのため、「Sixty Second Trades」は海外で開発されたインジケーターとなっており、海外サイトからのダウンロードが必要です

Sixty Second Tradesの内容は、サインツールとなっており、チャート上にシグナルがでたらエントリーをします。

 

ただですね、何を根拠にサインを出しているかの説明が一切ないインジケーターなので、詳しいことは開発者にしかわかません。

デモ口座などで利用をし、試してみるしか方法がないようです。

 

Sixty Second Tradesのダウンロードと設定方法について

 

 

「Sixty Second Trades」は、無料で利用をできるインジケーターです。

現在は、海外サイトでしかダウンロードできませんので、Google Chromeを利用して検索することをおすすめします。

 

Sixty Second Tradesの設定について

ファイルをダウンロードしMT4に挿入をしたら、設定をしましょう。

パラメーターの入力に関しては、内容のわからないインジケーターのため、特に変更をせずデフォルト通りがおすすめです。

ただですね、色の設定に関しては、サインが小さいのであれば、数値を変えてサイン表示を大きくしておきましょう。

 

Sixty Second Tradesの使い方について

 

 

「Sixty Second Trades」は、サインツールなので、サイン表示されたらエントリーするという使い方です。

 

Sixty Second Tradesでエントリーする方法

表示するチャートは1分チャートで使用をしてください。

ローソク足が確定すると、その上にサインが赤く(デフォルト)表示されるので、それが出現したと同時に「ローエントリー」をします。

逆にローソク足の下に緑(デフォルト)の表示がでたら、「ハイエントリー」をしてください。

利用方法はこれだけですので、いたって簡単なサインツールと言えます。

 

さらに、過去チャートをみると、かなり頻繁にサインが表示されることがわかるはずです。

すべてを信じるかはトレーダー次第ですが、やはりほかのインジケーターとの組み合わせで利用することをおすすめします。

 

Sixty Second Tradesを使う際の注意点とは?

 

「Sixty Second Trades」を使う際は、エントリータイミングに注意をしてください。

 

60秒取引でエントリーする際には特に注意すべし?

60秒取引を行う場合は、エントリータイミングのずれが命取りになることが多々あります。

「Sixty Second Trades」のエントリータイミングは、ローソク足の確定後すぐになるのでタイミングがとりにくく、はじかれる可能性があるのです

ローソク足の変わり目は、取引が多くなる瞬間ですので、サーバーに負荷かがかかり、希望のところでエントリーされない危険があります。

サインが出たからエントリーをしようとクリックしましたが、はじかれたので何度もクリックした瞬間、上がった状態でエントリーを確定させてしまうことが起きるかもしれせん。

60秒という短い時間の取引ですので、ちょっとのずれが負けることにつながりるのです。

 

Sixty Second Tradesを表示した過去のチャートを見ても、エントリーがずれれば微妙な判定になるサインがいくつも見られます。

これが60秒取引の怖い点ではないでしょうか?

 

Sixty Second Tradesはエントリータイミングが難しいので、デモ口座を利用して、何度も練習する方がいいでしょう。

 

また、Sixty Second Tradesはリペイントが起きるインジケーターです。

リペイントとは、一度表示されたサインが後で消えてしまう現象なので、過去チャートから勝率を見ることができません。

 

やはり、実際に利用する前に、デモ口座で勝率を計るなど、いろいろ試してみることをおすすめします。

 

Sixty Second Tradesインジケーターに関するまとめ

 

「Sixty Second Tradesインジケーター」は、海外バイナリーオプション業者を利用しているトレーダーにおすすめです。

 

ただですね、あまりにも頻繁にサイン表示されるため、どこまで信頼してよいかの判断が難しいのではないでしょうか

 

日本の金融庁が超短期取引を禁止し理由を思い返してください。

頻繁にでるサインは、人の心を乱す可能性があります。

 

 

一番注意したいこと

一番心配なのは、頻繁にサインがでることで何度も60秒取引を行い、考え方がマヒし冷静な判断ができなくなる状況です。

裁量なしで60秒取引を頻繁に行うのは、強靭な心が必要とも言えます。

 

Sixty Second Tradesインジケーターを利用するときは、ギャンブルにならないように注意してください。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事