ハーフストップ法とは?バイナリーオプション取引で使える手法なのか?稼げる手法かを調べて(検証して)みた!

 

どうもインベスターS.Tです。

 

ギャンブルを行ったことがある人ならば、ほとんどの方が知っている気持ちに「あの時辞めておけば良かった・・・」という感情があります。

 

調子にのってしまい、得ていた利益以上に負け越してしまうということは、ギャンブルの世界ではよくあることです。

 

このような後悔をしないために利用されるのが「ハーフストップ法」です。

 

 

この手法はどのような手法で、果たしてバイナリーオプションに利用できるのでしょうか?

 

今回の記事では、「ハーフストップ法」について調べてみました。

 

ハーフストップ法の概要と特徴について

 

 

ハーフストップ法とは、投資金額を決めるような手法ではありません

得た利益を必ず残す、負けで終わらせないという手法」と考えてください。

 

 

ハーフストップ法はどんな人に向いてるか?
例えば「いつも途中までは利益が出ているのに、最終的には負けてしまう」という人には、オススメの手法となります。
投資には冷静な判断が必要にるのですが、利益が出てくると冷静な判断ができず、倍以上の金額を求めたくなるものです。
今日は調子がいいから、利益分をすべてこの勝負につぎ込み、勝てば大勝利で終われせられる」このような考えを起こしてしまいます。
もちろん勝てば良いのですが、勝ってしまうとまた次の勝負と欲が膨らみ、最終的に損益を出してしまう可能性が高くなるのです
つまり、利益を持って終了するという「辞め時」が判断できない人に利用してほしい手法というわけです。

 

 

まずは目標金額を決め、その金額に到達したらハーフストップ法を行います。

 

 

ハーフストップ法を利用する例

例えば、10,000円を20,000円にするという目標を定め、20,000円になったらハーフストップ法の発動です。

残金が15,000円になったら投資が終了となる投資額の計算を行うので、5,000円で残りの投資を行っていくということになりますこと。

 

つまり、必ず利益を残して終了するというわけです。

 

ハーフストップ法をバイナリー取引で適用する際の使い方

 

それでは、「ハーフストップ法」をバイナリーオプションで活用すると、どのような使い方になるでしょうか?

 

まずは目標金額の設定から!

例えば、当初の資金が50,000円のだったとしましょう。

その時に、最初に目標となる金額を考えます。

今回の目標金額は70,000円とし、50,000円が70,000円になるまでバイナリーオプションで投資を続けましょう。

 

 

勝てない人はエントリー手法から学ぼう!

そもそも増やせないという人は、投資金額を悩むのではなく、エントリー手法を学ぶことをオススメします。

今回は、「最初は利益が出ているのに、最終的には負けてしまうという人のため」ということを理解してください。

そういった人のためのルールとして、「ハーフストップ法」を利用するのです。

 

 

ハーフストップ法を適用する際のエントリー手法
それでは、資金が70,000円になったとしましょう。
次の投資からは、最大でも10,000円を超える金額でエントリーしてはいけません。
10,000円という金額の中で投資を行っていくのです。
さらに次の目標金額も決めておきましょう。
今回は80,000円という目標金額にします。
ここまで決めたら投資を再開し、資金が60,000円になったら終了ということになります。
また、資金が80,000円まで到達したら、65,000円を残すという考えになるので、15,000円を利用して目標金額をたて投資を行っていくのです。

 

このように、必ず利益の半分を今後の利用できる金額と考え、上限と下限の金額を設定して行うようにしましょう。

 

1回目の目標金額に到達することができたのであれば、その日は必ずプラスの利益で終えることができるというわけです

 

ハーフストップ法でバイナリー取引すると?【検証してみた】

 

ハーフストップ法で検証を行いましたが、必ず利益を出すことができました。

 

もともと私は、無理な投資をする性格では無いので、あまり効果が期待できない手法となってしまうのです。

 

抑えておこう!

ハーフストップ法は、投資で大事な「辞め時」を判断できない人のための手法となっています。

 

もともとこの管理がしっかりできている人には無用なのかもしれません。

 

ハーフストップ法はバイナリー取引で使えるの?稼げる手法なのか?

 

 

ハーフストップ法は、常にバイナリーオプションで熱くならない人であれば、無用の手法となります。

逆に熱くなりやすい人で、最終的に後悔することが多い人ならば、ルールとして用いるのに最適な手法と言えるでしょう。

 

つまり、その人の性格によって、使える使えないが決まってくる投資手法なのです。

 

 

ハーフストップ法をオススメできない人

バイナリーオプションで熱くなることが無い人であれば、逆に利益を抑えてしまう手法になるので、利用するのはオススメできません。

 

ハーフストップ法をオススメする人

十分な勝率を持っているのに、最終的にいつも利益が出せないと悩んでいる人は、熱くなる性格の可能性が高くなります。

その場合はハーフストップ法を必ず守り、投資を行うようにしましょう。

 

 

投資には必ずルールが必要」ということを忘れてはいけません。

 

もちろん、ルールの中には投資金額も含まれてくるのです。

投資金額のルールを設定しておらず、勝率が高いのに利益がでないという人は、ハーフストップ法を利用することで稼ぐことができるようになるはずです。

 

ハーフストップ法に関するまとめ

 

ハーフストップ法を利用するときに「今日は調子がいいからハーフストップ法を無視しよう」と考える人は、そもそも投資に向いていないかもしれません

 

ハーフストップ法を利用しようと考えたのは、その気持ちを抑えるためということを理解しておきましょう。

 

 

1度決めた金額のルールは、必ず守る必要があります

何の根拠もない「今日は調子が良い」という言葉で、何度失敗したかを思い出さなければいけません。

 

せっかく高い勝率を持っているのならば、それを有効に利用するようにしましょう。

 

【期間限定オリジナルインジケーター無料配布企画始動中!】
バイナリーオプションの全てがわかる!【Binary Inception限定無料教科書】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事